魔法のアイドル パステルユーミ 第24話 「さよならフラワータウン」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/11/19

魔法のアイドル パステルユーミ 第24話 「さよならフラワータウン」

pastelyumi_24-01pastelyumi_24-02
(C)ぴえろ

ユーミが荒れ果てた花の国を救いに行くお話です。

pastelyumi_24-03pastelyumi_24-04

フラワータウンに季節外れの雪が降り積もって銀世界になっていました。
まだ晩秋や春先とかならそんなに不思議ではないのですけど、
これが真夏の8月というのだから一大事です・・・。

ユーミはさっそく外に出て健太君と雪遊びをしていましたけど、
ちょっとはしゃぎ過ぎて転んでましたわ・・・(苦笑)
恭平さんに恥ずかしいところを見られて笑われてました。だからといって、
憧れの恭平さんに「イー!」って舌を出しちゃうのは良くありません(苦笑)

そしてユーミのお母さんは新しいコートを着込んでお買い物です。
まぁこんな日にお客さんは来ないので暇なのでしょうね。
お父さんは一人で花を片付けをする事になって少し可哀相でした(^ω^)

pastelyumi_24-05pastelyumi_24-06

かき丸とケシ丸だけはこの季節外れの雪を心配そうに見つめていました。
どうやらこれはただの異常気象というわけではなそうな雰囲気です。
つまり、これがクライマックスへの大きな伏線となってました・・・。

珍しい雪でもこうも毎日降り続いていては飽きてくるというものですね。
ユーミはどちらかといえば夏の暑い日に遊ぶイメージがあるので、
雪の中で遊ぶというのはあまり似合わないような感じもしますゎ(^ω^)
あと、おじいちゃんは雪の重みで家が押し潰れちゃったために、
ユーミの家に一時避難してきていました。
雪による停電なんかもあって少々不便な生活を強いられていましたよ(汗)
これは雪が降っているからといってあまり喜んでいられないかも。

pastelyumi_24-07pastelyumi_24-08

ユーミが行方不明になった健太君を探しに町の中に飛び出して行くと、
一瞬だけ花が枯れている寂れた大地の幻覚を見てしまいます。
これは、この異常気象と何か関係があるのは間違いなさそうですね。

pastelyumi_24-09pastelyumi_24-10

そして少しずつユーミにも異変が起きつつありました・・・。
魔法で雪ソリを出そうとしましたが、なぜかすぐに消えてしまったのです(汗)
呪文を間違えたわけではないので、どうやら魔法の力が弱くなっているみたい。
とにかく恭平さんが健太君を見つけ出してくれたので事無きを得ましたけど、
でもこのあと魔法が使えないとあっては少々心配ですよね・・・。
勉強が出来ないユーミにとっては一番の売りでもあるんだし・・・(^ω^;)

pastelyumi_24-11pastelyumi_24-12

そして魔法の事をかき丸とケシ丸に相談するのですけど・・・
「なぁユーミ、俺達花の国へ戻らないといけなくなったんだ・・・。」
突然、かき丸とケシ丸からお別れを告げられてしまいます(汗)
どうやら花の国がピンチに陥っているみたいです・・・。
この時はまだどんな問題が起こっているのかは分からないのですけどね。
ただ、花の国の影響がフラワータウンの異常現象に繋がっている事は確かです。

「嫌よ、そんなの!私も行く!」
もちろんユーミとしてはそんな話を聞かされては放っておけないのでしょう。
何よりもかき丸とケシ丸とこんな形でお別れするなんて出来ませんものね。
花の国に行ったら戻ってこれないかもしれないのに、それでもユーミが
連れて行ってほしいと懇願していました。本当に優しい子だよ・・・。
かき丸達は心配してくれたけど、心の中ではきっと嬉しかったでしょうね。
でも、私は恭平さんと会えなくなってもいいのかなぁ?って思った(^ω^;)
とにかく急にクライマックスの雰囲気になってきました・・・。

pastelyumi_24-13pastelyumi_24-14

「エパポン!パルポル!パッピッポー!」
かき丸とケシ丸が魔法の呪文を唱えて花の国へのゲートを開いてました。
ユーミの描いた花の国のイラストが入り口になるのは面白いです。

pastelyumi_24-15pastelyumi_24-16

ユーミが花の国にやって来たのはいいのですけど、健太君も付いてきてました。
その後、お父さん達や恭平さん・・・おまけに袋小路さんまでやって来てたw
部屋に残したスケッチブックが皆を花の国に呼び寄せる結果になって大変。
特に袋小路さんと国光さんはトラブルメーカーだし要注意だよw
とりあえず、これでユーミが魔法少女だという事は完全にバレたと思う(苦笑)

pastelyumi_24-17pastelyumi_24-18

ユーミが花の国の妖精さん達と出会います。わぁ~、かき丸とケシ丸がいっぱいだ(笑)
妖精の長老さんの話によれば、花の国の女王が眠りについたために雪が降り始めて、
花が全部枯れてしまったようです。それがフラワータウンにも影響してるみたい。
元の美しい花の国に戻すためには女王を眠りから覚ます必要があるのですけど、
そのためには「銀の雫」が必要と言っていました。
とにかく花の国とフラワータウンを元に戻すためにも、長老さん達の願いを聞いて、
一刻も早く女王を目覚めさせなければいけないですね。

pastelyumi_24-19pastelyumi_24-20

「ユーミさん、頑張ってくださぁーい!」
妖精さんたちが力を合わせてユーミ達の乗る飛行機を準備してくれてました。
みんなが「ドンドコ」と掛け声をかけ合っているのが可愛かったです(^ω^)
ここで最終回に続きます。

関連記事