咲-Saki- 第15話 「魔物」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/11/17

咲-Saki- 第15話 「魔物」

saki_15-01saki_15-02
(C)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

大将戦に2人の魔物が登場するお話です。

saki_15-03saki_15-04

今回からOPが変更。歌は、Little Nonさんで「bloooomin'」

saki_15-05saki_15-06

副将戦の後半が始まって早々、透華が桃子に振り込んでしまいます。
透華は、無警戒で振り込んでしまったので呆然としてましたよ。
リーチをされていた事すら気付かないのでは振り込むのも当然です。
さらに、桃子の振り込みにも気付けないのではヤバいですわ(汗)
麻雀をする上で、こんなにも便利な能力ってないですよね~(笑)

saki_15-07saki_15-08

でも、そんな桃子の有利な状況を打破したのが和でした。
「ロン、8000点」
「わ、私の捨て牌が見える!?・・・」
「見えるとか見えないとか、そんなオカルトありえません。」
和には、桃子が捨てた全ての牌がはっきりと見えていたようです。
盤上の景色をモニター画面で見るような感覚になっているのかな。
ある意味、これは和のオカルト麻雀なのかもしれませんよね(^ω^;)
「(私のステルスが効かない・・・。じゃあこの人とはガチの麻雀っすか!?)」

saki_15-09saki_15-10

「(ありえませんわ!許されませんわ!この私が、私が全く目立たないまま
終わってしまうなんて、絶対に間違っていますわ!)」

ここからが今までほとんど目立つ事がなかった透華の反撃です!
・・・と、思っていたら、そのまま終了となってました(笑)
今までの描き方からすれば、透華は強いものだと思っていたので、
これはとんだ拍子抜けだよ~。ただのお笑い担当なのかな?(苦笑)

saki_15-11saki_15-12

次は大将戦!和はトップで咲にバトンタッチする事が出来ました。
咲の実力からすれば、優勝ほぼ間違いなしといったところかな。
とにかく、2人とも顔を赤くしてラブラブな雰囲気です♪(*´ω`*)

現在のところ、鶴賀学園は2位と大躍進していますね。
加治木と桃子が抱き合ってバトンタッチしてました♪(^ω^;)
こちらはこちらで愛を育んでいるような感じだよ~w

3位の龍門渕高校は、透華様がご立腹です。自分のせいなのにね(苦笑)
記録よりも記憶に残る麻雀を打ちたいのが彼女の本心らしいよwww
個人戦ではぜひ目立つ麻雀を打って頂きたいものですわ(^ω^;)
あと風越女子の池田は福路キャプテンのために頑張るのでしょうね♪

saki_15-13saki_15-14

天江衣のプレッシャーを感じて、咲が恐怖で震えていました。
やっぱり大将戦では一番の強敵になりそうな予感がします。

saki_15-15saki_15-16

でも、普段の天江衣って、とっても可愛いお子様にしか見えません(笑)
そういえば、この子って高校2年生だったんですね。信じられないw
とにかく、優勝校を決める最後の戦いとなります!
ちなみに、試合開始前に4人が東南西北の牌をめくっていましたけど、
これは席順を決める行為です。東の人が好きな席を座れるのです。
麻雀を知らないとわからないので軽く解説しておきますね(^ω^)

saki_15-17saki_15-18

池田は、天江衣だけをマークしながら打っていました。
去年の彼女の強さを知っているから当然なのでしょうけどね。
でも、福路キャプテンは・・・・
「(華菜、一人じゃない。魔物は2人いるわ!)」
咲の牌譜を見て、強敵がもう一人存在している事に気付きます!
もちろん、その強敵というのは咲!

とりあえず、池田はドラを含んだタンピン、三色をテンパってました。
ここは闇で確実にあがっておきたいところですよね。最下位なんだし(^ω^)

saki_15-19saki_15-20

しかしながら・・・
「ツモ。嶺上開花。1600、3200です。」
咲が、池田の高目のテンパイをあっさりと阻止してました(苦笑)
それも、レアな嶺上開花を連続あがるのだから凄いよ~(^ω^;)
「(何なんだ!?何なんだ、こいつ!?邪魔するなよぉ・・・)」(>ω<)
池田が泣きたくなるのも分かる気がする・・・(苦笑)
とにかく観客を含めて咲の凄さにビックリしていました。

saki_15-21saki_15-22

そして、3回連続の嶺上開花を狙っていた咲でしたが・・・
「槍槓(チャンカン)だ。その槓、成立せず。」
今度は、加治木が咲の嶺上開花を阻止していました!
こちらはこちらで、さらにレアな役であがっていました。
この辺の攻防は、さすが大将戦といったところです!
あと、魔法バトル描写のシーンが役と関連付いてて面白いw

saki_15-23saki_15-24

レアな役の嶺上開花を連続であがってきた咲・・・そして、
咲の嶺上開花に対して、さらにレアな役で対応する加治木。
そんな2人を目の前にして、池田は恐れを感じていました。
「華菜、頑張って・・・」
さすがに福路キャプテンは心配してあげていますよね・・・。
やっぱキャプテンが大将戦に出るべきだったのでは?って思ったよ(^ω^)

saki_15-25saki_15-26

咲の得意技が阻止されたのだからトップの清澄高校といえども
まだまだ安心していられない状況です。
「わーーーい♪先輩、最高っす♪」
・・・で、愛する加治木先輩がカッコ良くきめてくれたので、
桃子が飛び跳ねながら喜んでました。こんなに派手に嬉しがると、
さすがに皆にも自分の存在に気付いてもらえるみたいだね~(笑)

saki_15-27saki_15-28


EDも変更です。女性声優さん達が歌う「四角い宇宙で待ってるよ」です。

関連記事