咲-Saki- 第08話 「前夜」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/10/09

咲-Saki- 第08話 「前夜」

saki_08-01saki_08-03
(C)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

決勝戦を前に咲達はもう一度気持ちを高めてラブラブします♪

saki_08-05saki_08-06

麻雀部の皆は、無事に県予選の決勝に駒を進めることが出来ました。
咲は疲れたのか、和の体にもたれかかって寝ていましたよ(^ω^)
お互いに寄り添って眠っていたのでしょうね。気持ち良さそうです。
帰りには、屋台のラーメン屋に寄って夕食を食べていました。
すべて久部長のおごりだったので太っ腹だなぁって思ったよ(^ω^)

saki_08-07saki_08-08

風越女子は旅館に泊まって、決勝に備えていました。
やっぱり福路キャプテンはとても面倒見が良い人ですね。
池田の頭を洗ってあげていましたよ。良い雰囲気です♪
コーチは厳しくても、優しい福路キャプテンがいるから
みんなは麻雀で頑張れるのでしょうね。
とにかく、風越女子はコーチを見返すべく勝利を目指します。
あと、福路キャプテンもスタイルが抜群でしたよ♪(*´ω`*)

saki_08-09saki_08-10

「お陰で夢が叶ったわ。」
久部長は、休部状態だった麻雀部を一人で頑張って復活させてきました。
でも、それはまこや咲たち1年生が入部してくれたお陰でもありますね。
彼女が今まで公式戦に1度も出場しなかったのも、皆で出場してこそ
麻雀部としての価値があると思い続けてきたからなのでしょうね。
久部長の麻雀に対するひたむきな姿勢が感じ取れました!(*´ω`*)
「ずっとずっと一緒に行くのよ。あの子達と一緒にね。」
久部長の目標はあくまで全国大会で優勝する事みたいね。
少しでも麻雀部の皆と一緒にいたい気持ちが伝わってきます!
それにしても、久部長とまこが良い雰囲気です♪カップルに見えるw

saki_08-11saki_08-12

皆が綺麗な夜空を見上げている時、和が星座の説明をしてあげていました。
こういう乙女チックなところは和らしい部分でもありますね~。
で、京太郎君は織姫と彦星の話を聞いて、妄想タイムに入ってた。
もちろん織姫には大好きな和を思い浮かべていましたよ(笑)
京太郎君にとっての織姫は和ではなく、優希ちゃんの方なのにねw
しかし、送り狼になってもいいって言う優希には困ったものです(苦笑)

saki_08-13saki_08-14

咲と和が2人きりになって帰ることになるのですけど、
ここで和が中学時代の自分の事について話し始めます。
和と優希は中学の頃に出会って、麻雀で親しくなりました。
それまでの和はネットで打つ麻雀が全てでした。でも・・・
優希と出会った事によって、みんなで麻雀を打つ楽しさ
新たに知るようになったようですね。
しかし中学の時は団体戦では負けてしまって、自分一人だけが
個人戦で全国大会に出場する事になってしまいました。
「本当は私、あの時の皆と全国に行きたかった。仲間と一緒に・・・」
全国大会では優勝する事は出来たけど、嬉しくはなかったのかもしれない。
この辺の和の気持ちは、久部長と似ている部分でもあるなぁって思いました。

saki_08-15saki_08-16

「原村さん、頑張ろうね。明日も頑張ろう。明日勝って、皆と一緒に全国に行こう。」
もう一度指切りをして約束してましたね。良いカップルです♪w
その後はお互いの手を恋人繋ぎをしてラブラブでしたわ♪w
今回は、たくさんの百合百合なやり取りが見られて嬉しいですw

saki_08-17saki_08-18

龍門渕では、結局天江衣が寝坊したまま来なかったみたいね(笑)
これでは明日の決勝戦も寝坊しちゃいそうな勢いです(^ω^;)
もしもの事があったらメイドが大将として出場するみたいですけど、
これはかなりの戦力ダウンだと思うのでヤバいかもしれません。
・・・てか、他に麻雀が出来るマシな部員がいないのかな?(苦笑)

saki_08-19saki_08-20

残るもう一つの鶴賀学園も優勝を目指して頑張るつもりでいました。
「明日の相手は強い。たぶん我々、鶴賀は苦戦するだろう。
心配するな、あきらめているわけじゃない。」

加治木という人が、独り言を呟いている風に見えたのですけど、
実は一人の部員に語りかけていたんですね~。
その部員が奥の手というわけみたいなのですけど、幽霊っぽく見えるw
とにかく、鶴賀学園はダークホース的な存在になりそうです。

saki_08-21saki_08-22

そして、県大会の決勝戦の当日・・・。
皆は朝早くから駅に集まって、決戦の地に向かいます!
咲は、強い人と麻雀が打てるので嬉しそうですね(^ω^)

関連記事