咲-Saki- 第06話 「開幕」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/09/11

咲-Saki- 第06話 「開幕」

saki_06-01saki_06-02
(C)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部

清澄高校麻雀部が県予選大会の試合に出場します!
優希とまこが大活躍をしていました!(^ω^)

saki_06-03saki_06-04

「合宿から6日、やれるだけの事はやった。さぁ、行こうか!」
麻雀部のみんなが朝早く集合して、県予選大会の会場に向かいます。
和が、ちゃんとエトペンを持参していたのが良いですね~(^ω^)
彼女にとっては、とても大切なお守りみたいなものなのでしょう。

saki_06-05saki_06-06

会場では、去年の優勝校と準優勝校がマスコミの注目を浴びていました。
風越女子高校は連続優勝記録を龍門渕高校に阻まれたので雪辱に燃えてます。
これらの高校が、咲や和の全国への大きな障害となりそうな感じでした。
透華は、タカビー系な大金持ちのテンプレお嬢様です~w

saki_06-07saki_06-08

藤田プロにとっては、やはり天江衣の事がとても気になってました。
それに咲のお姉ちゃんの宮永照のことも話に出てきてました!
この事からも、全国大会にはやはり照も登場してきそうです。
お姉ちゃんと会うためにも、咲は何としてでも勝たないとね!
ちなみに藤田プロは、麻雀解説者として会場に来ているみたい。

あと、去年の中学生大会で優勝した和も大注目されていました。
あのルックス(主に胸?)だからアイドル扱いされてますよ。
「目指すのは全国優勝です!」
そんな和が、強く優勝宣言していたのが印象的でした。

saki_06-09saki_06-10

咲が、会場内で迷子になっていたのが面白かったです(^ω^)
涙を浮かべながら彷徨ってましたよ。小さな子供みたいだ(笑)
でも、咲とすれ違った龍門渕高校の皆はプレッシャーを感じてました。
咲が天江衣と同じ雰囲気を持っていると言っていたのが気になります。
透華は、咲を和の違いを胸の大きさで判断してて笑っちゃったw
無駄な脂肪って・・・ちょっと酷い言い方ではないの?w

saki_06-11saki_06-12

咲が何とか皆を見つけることが出来て良かったですわ(^ω^)
もし、咲が試合に間に合わなかったら、京太郎君を女装させてまで
出場させようとしていたみたいですし、ホント良かったと思う(笑)
あと、咲が強い人達と対局出来るので、とても喜んでいました。
もう咲は、昔のような±0のトラウマから完全に払拭出来ていますね!
「全国に向けて、これが最初の試合です。気合を入れていきましょう。」
久部長からの励ましで、みんなの士気が上がっていました!

saki_06-13saki_06-14

和の優勝宣言は、対戦校にも影響を与えていました。
「ちょっと胸が大きいからって、チヤホヤされてるだけっしょ。アハハハ♪」
本当に和は、いろんな学校から注目されているんですね。
それも胸の大きさとセットで・・・(苦笑)
さすがに知らない人からも胸の事を言われちゃうとヘコむよねぇ。

saki_06-15saki_06-16

試合前に、久部長からルールの説明がありました。
各校10万点持ちから、5人が半荘ずつ対戦していきます。
先鋒が優希、次鋒がまこ、中堅が久部長、副将が和です。
そして大将が咲です。
これは予想通りといったところかな。
先発の優希が、自分に期待がかかっていると勘違いしてました。
これはもちろん得点計算が出来ないからの措置なのですけどね(笑)
ちなみに、私も麻雀の細かい得点計算は出来ないです・・・。
だって、昔から数学が苦手だもん(苦笑)

saki_06-17saki_06-18

「ロン!親っぱねで、1万8000だじぇ!」
試合が始まると、優希が連続であがりまくっていました。
この辺は、東場に強い彼女らしい麻雀が出来ていますよね。
他の対戦相手は、誰も優希の流れを止められませんでした。
もう、皆ベタ降り状態です。それでも・・・
「来たじぇ♪一発、ツモ、メンタンピン、三色、ドラ1!8300オール!」
優希を乗せたら、怖いという事がよ~くわかった!(^ω^;)

もうお分かりかと思いますけど、メンタンピンとか三色というのは、
麻雀の役の名称です。初心者の方には少々分かりづらいかもね。
でも、この作品ではキャラの嬉しそうな表情で、良い役だという事を
分かりやすく表現してくれていますのでご安心くださいw
優希の嬉しそうな顔がそれを証明してくれています(^ω^;)

saki_06-19saki_06-20

今までに、まこの麻雀の凄さが描かれていませんでしたけど、
次鋒戦でようやく彼女の本来の実力が発揮されていました。
眼鏡を外したかと思えば、もの凄い勢いであがっていましたよ。
まさか眼鏡を外すとパワーアップでもするのかな?(笑)
ちなみに彼女の役がすべて染め手だったのがポイントです。
清一色や混一色は、彼女の得意手となっているのです。

とりあえず、もう勝負はついたような感じになってました。
ちょっと他校の人達が可哀相に思えてきちゃった(^ω^;)

saki_06-21saki_06-22

さて、中堅戦の久部長はというと・・・あれ?もう終わってた!?(苦笑)
安い役ばかり上がって、一瞬で試合を終わらせていたみたいです。
久部長の麻雀が見てみたかったけど、後のお楽しみということですね。

saki_06-23saki_06-24

次は、副将戦!大注目の和の出番です。
観客も和の麻雀を見るために、大勢集まっていました。
もう、高校麻雀界のアイドルといった感じですね。
そんな和は、咲からエトペンを渡されていましたよ。
エトペンを抱いていれば、リアルな麻雀でも大丈夫そうかな。
集中しながら静かに対局に向かっていくところで次回に続きます。

関連記事