創聖のアクエリオン 第04話 「はだしの戦士」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/07/13

創聖のアクエリオン 第04話 「はだしの戦士」

aquarion_04-01aquarion_04-02
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION

アクエリオンで戦うためには、まず立つことが出来てから!というお話。

aquarion_04-03aquarion_04-04

「羽無し共によって醜く荒らされたこの星を美しき天翅の園に蘇らせるために、太陽の
翼を取り戻し、その力を用いて生命の樹を進化させ新たな世界を生み出す夢を。」

永い眠りから目覚めたトーマは、最長老ヨハネス達に挨拶していました。
これらの天翅がアポロ達の敵となる連中です。なかなか手ごわそうです。
とにかく彼らの目的というのが何となく分かってくるセリフですね。
アポロニアス(アポロ)を味方にする事も目的の一つという点では、
ただ戦っていくだけの展開にはならないような感じにも思えます。

aquarion_04-05aquarion_04-06

不動司令が、エレメントスクールの訓練生に裸足になるように言ってました。
もちろんそんな事を突然言われた皆は、意味もわからず戸惑うばかりです。
でも、この不動さんの凄いところは、皆の足や足跡を見ただけで、心理状態や
弱点を的確に指摘していたことです。ホント、なんで分かっちゃうの?w
シリウスやアポロを簡単にねじ伏せていたから説得力があるよ~。
おまけにシルヴィアは恥ずかしい部分まで指摘されちゃってたしねぇ(笑)

aquarion_04-07aquarion_04-08

不動司令の裸足の訓練を受け、それぞれが考えさせられるようになってました。
特にシルヴィアは、心まで読まれちゃったものだから気になるよね。
で、ピエールも足が気になるということで、女子更衣室で女の子の足を覗いてたw
こやつはダメだ・・・何も分かっちゃいない(^ω^;)
とにかく、更衣室の壁を一刻も早く修理しないといけないと思う!(苦笑)

aquarion_04-09aquarion_04-10

訓練の後、不動司令のカラクリを明かそうとするアポロ達のもとに
リーナが現れて、不動を『天地を貫く光の柱』と例えました。
リーナには今回の裸足の訓練の意味するところを把握している感じです。
「まるで、楽譜ね。足跡は大地に描かれた聖なる楽譜。」
大地につけたみんなの足跡が楽譜のように音を奏でていました。
何だか良くわからないけど、足の動きが重要だということなのかな?
・・・ということは、シルヴィアのドスンドスンという大きな足音を
聞いている限りでは、まだまだといったところかもしれません(^ω^;)
それに比べて、不動司令はバランス良く一本足で立ってましたし・・・。
とりあえず足の動きの重要性を理解しただけでも良しといったところかもね。

aquarion_04-11aquarion_04-12

「ついに俺がヘッドだぁぁーっ♪」
今回はピエールがヘッドになってアクエリオンマーズで戦います。
不動司令が、シリウスを降ろして、シルヴィアとアポロを乗せていました。
シリウスが足の重要性をまだ理解してないと思ったのでしょう。
でもそれはピエールも一緒なのですけどね。女子更衣室を覗いてただけだしw
だから・・・ケルビム兵にバランスを崩されて無様に倒れてましたよ(苦笑)
しかし、敵の重力キャンセルの技はちょっと厄介といったところですね。
このままでは戦うどころか、立ち上がる事さえ出来ませんでした。
この辺で今回の裸足の訓練の意味について誰もが気付くところですね(^ω^)

aquarion_04-13aquarion_04-14

アクエリオンマーズは足が長く、重心も高くなっているので不利な状況でした(汗)
・・・ということで、一番重心が低いソーラーアクエリオンで戦うことにします。
「燃えるぅぅーーー!」
「ちょっといいかもぉ~♪」
「いくぜぇぇーーー!!」
アクエリオンといえばやっぱりこの合体演出ですよね~(^ω^)
とても気持ち良さそうな表情をしてるので、どんな感じなのかなぁ?
私も一回でいいからアクエリオンの合体をしてみたい気分です(*´ω`*)
そして、合体を終えたソーラーアクエリオンが獣スタイルになってた!?
たしかにこの方が一番重心が低くて良いですけど・・・美しくない!(笑)
ちゃんとシリウスが突っ込んでましたね。

aquarion_04-15aquarion_04-16

「ふふふふ、はっはっはっはっ!確かにあの3人は無様だ。
しかーしっ!無様でなければ身につかぬこともある!」

ここで、不動司令がアポロ達3人をベクターマシンに乗せた理由を言ってました。
彼の説明を聞いていると、確かに納得させられちゃうところがありました(^ω^)
「やつらは赤ん坊と同じ。たとえ何度倒れても決してあきらめない!」
そうですよね~。皆はヨチヨチ歩きの赤ちゃんから立ち上がって育ったのだから、
アクエリオンでも同じことが言えるはずです!・・・ということかな?(笑)
あと、アクエリオンが立ち上がろうとする時にシルヴィアが能力を使っていました。
彼女は念動力を扱う事が出来ます。それに怪力の持ち主でもあるので強そうだ(^ω^;)

aquarion_04-17aquarion_04-18

4本足の獣スタイルで戦おうとしたアクエリオンですけど、再び
敵の重力キャンセルによってバランスを崩されてしまいました(汗)
そこで、アポロが不動の教えに気付きます!
「そうだ!?みんな、靴を脱げ!」
『天地を貫く光の柱』のように大地に立ち上がるアクエリオン!
重力キャンセルの範囲よりも根深く立ち上がっていました。
これで重力キャンセルの影響が及びません。

aquarion_04-19aquarion_04-20

最後は足跡の旋律を奏でながら敵に突進して倒していました。
リーナが「良い音色」と褒めていた事からも、不動司令の教えをマスターしてます。
「俺達が立っているのは、薄っぺらい地面の上じゃねぇ。
この星・・・地球の上だぁぁぁぁーーーーーーーっ!!」

最後はアポロの雄たけびで幕を閉じてました。
不動司令がここまでの展開を先読みして訓練させていたのかは不明ですけど、
彼の教えがアクエリオンの戦いにおいて重要な事はわかりましたね。
アポロ達はこれから少しずつ不動司令に信頼を寄せていくのかもしれません。

関連記事