Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/07/02

Fate/stay night 第21話 「天地乖離す開闢の星」

fatestaynight_21-01fatestaynight_21-02
(C)TYPE-MOON/Fate Project

士郎とセイバーが、ギルガメッシュのサーヴァントと戦うお話です。

fatestaynight_21-03fatestaynight_21-04

黄金のサーヴァントが再び士郎とセイバーの前に現れました。
この時にセイバーが彼の事を「アーチャー」と呼んでましたけど、
これは前回の聖杯戦争においての彼のクラスだったためです。
もちろん、今回は凛のサーヴァントがアーチャーであるために
本当は別のクラスのサーヴァントというわけになるのですけどね。
でも、他の7つのクラスは全て召喚されているので、彼のクラスは
謎のままとなっています。つまり正体不明の8人目のサーヴァント!

セイバーを守るために単独で戦いに挑んだ士郎が瞬殺されちゃった!?(汗)
でも、黄金のサーヴァントは手加減してくれたので助かってました。
もし、士郎を殺しちゃうとセイバーが消えちゃうものね・・・。
それにしても、士郎って相手の強さを忘れちゃってるのかな?(苦笑)
これでは幾ら命があっても全然足りないと思う(^ω^;)
前回、セイバーが怒りたくなる気持ちも分かる気がするよ。
とにかく、士郎がやられたとあってはセイバーが黙ってはいません。
今度はセイバーが黄金のサーヴァントに戦いを挑んでいました。

fatestaynight_21-05fatestaynight_21-06

「あはははははは、相変わらずの魔力よなぁ。それでこそ獅子。
さすがは俺の見込んだ女よ。その剣に免じ、俺の全てを見せてやる。」

セイバーの剣を黄金のサーヴァントは無数の剣で防御してます。
攻撃力も凄いですけど、防御力もほぼ完璧かもしれませんね。
それに、セイバーが一瞬の斬撃によって負傷してしまいます。
さらに彼は、宝具「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)」の空間から
数多くの剣を取り出していました。これはヤバヤバ~(汗)
「我が真名は人類最古、古代ウルクの英雄、ギルガメッシュ。」
ここで、彼が自分の正体を明らかにしていました。
昔、世界が一つだった頃の人類最古の英雄王だったようです。
だから、世界中の全ての宝具を取り扱えるというわけか・・・。
最後の最後に最強の敵が登場してきましたね~(´・ω・`)

fatestaynight_21-07fatestaynight_21-08

「エクスカリバー(約束された勝利の剣)!!!」
セイバーが聖剣技を繰り出しますが・・・
「エヌマエリシュ(天地乖離す開闢の星)!!!」
ギルガメッシュもEX必殺技で対抗!!
その結果はというと・・・セイバーの敗北でした。
大量に出血していたので本当に危険な状態です(汗)
もう目も見えなくなってるし・・・(>ω<)
「人類最強の剣がこの程度か?相殺すら出来んとは・・・。
アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ♪」

それなのに、ギルガメッシュの大笑い振りには怒りを覚えちゃうわ。
自分が結婚を申し込んだ女性に対する態度とは到底思えないです。
こんなヤツとは結婚なんてしない方がいい。絶対にDVの被害に遭うよ!

fatestaynight_21-09fatestaynight_21-10

「俺にはセイバー以上に欲しいものなんてない!!」
士郎が瀕死の重傷を負いながらも立ち上がって投影の魔術を使っていました。
最初はセイバーの剣を創造しますが、ギルガメッシュの剣ですぐに粉砕されます。
ギルガメッシュは全ての武器の原典とも言うべきプロトタイプを所持しているので、
並大抵の武器を作ったとしても性能的には劣ってしまうみたいですね(´・ω・`)
そして、次に最強の武器ではなく、最強の自分というものを考えて投影してました。
そこで生み出されたというものは光り輝く鞘のようなもの・・・。
すると、セイバーがすぐに立ち上がって鞘に自分の剣を収めようとしてました。
ん?あれ?さっきまで目も見えない状態だったのにもう回復したのかな?
士郎もセイバーもあんなに大ケガをしていたのにどうして動けるんだろう?(苦笑)
これも一応、魔術による回復ということでいいのかなぁって思いました(^ω^)

fatestaynight_21-11fatestaynight_21-12

セイバーの剣と士郎の鞘の力は、ギルガメッシュのEX技を圧倒していました。
凄まじい威力です!あのギルガメッシュもかなり動揺していたみたいですね。
そして、その場から姿を消して退散していきましたわ。
あれほど見下していた士郎の力を甘く見た罰でしょう。
ちょっといい気味だなぁって思いながら見ていました。
こういう酷い男にはちょっと痛い目にあわせないとね!(^ω^)

fatestaynight_21-13fatestaynight_21-14

「やっと気付いた。士郎は私の鞘だったのですね・・・。」
これが魔法能力の低い士郎がセイバーを召喚できた大きな理由なのでしょう。
あと、セイバーの夢の中では、彼女が王位を懸けて戦っていました。
正々堂々と戦っていたのに、どうして王の選定をやり直したいのかな?
それにその時に倒した敵の素顔がセイバーに似ていた様にも見えます!?
アーサー王の時のセイバーには何か複雑な事情がありそうです。

fatestaynight_21-15fatestaynight_21-16

「聖杯を手に入れたらここに残って自分のために笑ってほしい。
・・・俺と一緒にいて欲しい。」

士郎が再びセイバーに告白していました。もう抱きついちゃってますわ(*´ω`*)
結構、押しの強い男の子なのかもしれない。セイバーは戸惑ってましたよ。
それでも、王の選定をやり直したいセイバーは彼を拒絶してました(´・ω・`)
でも、彼女の心のどこかに士郎と一緒にいたいという気持ちもあるみたい。
口では拒絶はしてましたけど、体は拒絶していませんでしたよ。←ちょいエロい表現?w
とにかく、セイバーは聖杯を手に入れて、どうしても選定をやり直したいのです。
過去に果たせなかった責務を放棄して自分だけが幸せにはなりたくないのでしょうね。
これではもう、士郎は令呪を使ってでも彼女の自由を奪うしかないのかも?(^ω^;)

fatestaynight_21-17fatestaynight_21-18

士郎がやや強引気味にセイバーにキスをしていました♪(*´ω`*)
「魔力が回復しました。これで私はいつでも戦えます。あなたのサーヴァントとして。」
でも、セイバーが士郎を受け入れたのは、自分の魔力の回復のためだけです。
突き放すような冷たい言い方をしていました。士郎の思いが届かない(´・ω・`)
彼にとってはショックでしょうね・・・。
このまま2人の気持ちが離れたまま聖杯戦争を勝ち抜けるのかが不安です。

関連記事