Fate/stay night 第18話 「決戦」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/06/30

Fate/stay night 第18話 「決戦」

fatestaynight_18-01fatestaynight_18-02
(C)TYPE-MOON/Fate Project

キャスターが作り上げた神殿での戦いが始まります。

fatestaynight_18-03fatestaynight_18-04

冒頭では、キャスターの過去の思い出が描かれていました。
自分を召喚したマスターを殺害してしまった事で魔力が尽きて
消え去ろうとしていた時に、葛木先生に助けられていました。
そんなこともあって、キャスターは葛木先生を慕うようになりました。

fatestaynight_18-05fatestaynight_18-06

一方の凛と桜の幼い頃の関係も少しだけ描かれていました。
キャスターが桜を連れ去った理由には大きな理由がありました。
桜も魔術師の血を引いていて、魔術回路を持っていたということ。
どの魔術師の家系の血筋を受け継いでいるのかについては、
この段階ではまだ詳しく明らかにされていないのですけどね。
まぁ、今までを見ているとある程度予想できますが・・・。

fatestaynight_18-07fatestaynight_18-08

キャスターは、桜を生贄にして聖杯を作る儀式を始めます。
そのために人々の精神力を奪って広大な神殿を作り上げてました。
すべては聖杯を独自に作るためなのでしょうけど・・・。
でも、葛木先生は聖杯戦争の事や聖杯について知らないみたい。
・・・というよりも、全く興味がないといった感じでした。
ただキャスターが行う事を手伝ってあげようとしているだけ。
イマイチ何を考えているのか分からない先生ですね(´・ω・`)
とにかく、このままでは桜の命が危険なので早く助けないと!(汗)

fatestaynight_18-09fatestaynight_18-10

凛が神殿を見つけ出していましたけど、そこにアサシンが待ち構えていました。
「ここでお前と討ち合えるのは、まさに僥倖(ぎょうこう)」
アサシンは、サーヴァントを倒すように命令されているだけだったので、
士郎と凛を通してあげて、セイバーだけと戦うつもりでしました。
前回のバトルでもそうでしたけど、正々堂々としているお方ですね(^ω^)
さすがお侍さんのサーヴァントといったところかな。

fatestaynight_18-11fatestaynight_18-12

セイバーとアサシンが再びバトルを始めていました。
前回と同じく、階段上の足場の悪いところで戦っています。
ここで、アサシンが自分の事を架空の佐々木小次郎だと言ってました。
普通なら、暗殺者(アサシン)の英霊のはずなのですけどね。
だから、彼だけは宝具を持たないのかもしれません。
それに、サーヴァントのキャスターに召喚されたわけですしね。
とにかくアサシンは例外的なサーヴァントなのかもしれません。
それにしてもお互いに素早い剣さばきをしてました。見応えがある!

fatestaynight_18-13fatestaynight_18-14

アサシンを通り過ごしても、次は葛木先生が待ち受けていました。
ここは士郎が相手となって、凛を先に行かせることにしました。
でも、やっぱり葛木先生の力はハンパじゃありませんわ・・・。
柱をパンチ一発で粉々にして強い!これでは士郎は勝てなさそう(汗)

fatestaynight_18-15fatestaynight_18-16

凛は桜のもとに辿り着きますが、桜の心が閉ざされたまま・・・。
「魔術師にとって・・・魔術師にとって本当に大切なのは命じゃない。
守らなくちゃいけないのは魂の尊厳!」

そこで、凛が桜の体を少々傷つけてでも助け出そうとしていました。
「あんたも魔術師の家に生まれたんだからわかるわよね?」
ここで、桜と凛が幼い頃に生き別れた姉妹だという事がわかりました。
桜は遠坂家の魔術師の血を受け継いでいたわけです。

fatestaynight_18-17fatestaynight_18-18

「ゴメンね・・・桜・・・ゴメンね・・・一人ぼっちにして・・・」
凛が桜に謝りながら攻撃魔術を使おうとしていました。
過去の回想シーンが何回か挿入されていましたけど、
セリフがないのでこの辺は想像するしかありません。
桜に対して申し訳ない気持ちを抱き続けてきたのかな?
そういえば、凛と桜はお互いによそよそしかったですね・・・。

fatestaynight_18-19fatestaynight_18-20

「桜・・・忘れなさい。もう悪い夢は終わりだから」
凛は手加減をして攻撃したので、桜の意識を取り戻すことに成功しました。
でも、桜の刃物が凛の体に重傷を負わせていたので倒れこみます(汗)
最後はちょっとした姉妹の愛情が垣間見られた感じでした(*´ω`*)
でも、まだセイバーとアサシンの戦いは続いていますし、士郎も
葛木先生に手を焼いている状態ですので安心は出来ません。
それに、今度は凛が聖杯の生贄になりそうですしね・・・(汗)

関連記事