Fate/stay night 第13話 「冬の城」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/06/22

Fate/stay night 第13話 「冬の城」

fatestaynight_13-01fatestaynight_13-02
(C)TYPE-MOON/Fate Project

士郎にイリヤの魔の手が伸びる!?

fatestaynight_13-03fatestaynight_13-04

セイバーが宝具の剣でライダーを倒したものの、疲労で倒れこんでしまいました。
普通なら寝ているだけで、じきに魔力は回復されるはずなのですが・・・。
そこで、凛がとても気になるような事を士郎に語り始めていました。
「薄々は気付いているんでしょ?このままじゃセイバーが消えるって事くらい・・・」
セイバーは、エクスカリバーの宝具のために全ての魔力を使い果たしていたようです。
もし、エクスカリバーをいつでも使えたら聖杯戦争は楽勝だったはずなんですけどね。
今まで、使おうとしなかったのもこういうデメリットがあったからなのでしょう。
とにかく、今にセイバーは肉体を保つだけの魔力だけが残っている状態なのかな?
もし今度戦闘が行われた場合は、間違いなく消えてしまいそうです(汗)

fatestaynight_13-05fatestaynight_13-06

ちなみに、傷ついたサーヴァントを回復させるには以下の2つの方法があります。
(1)マスターがサーヴァントに魔力を供給する。
(2)サーヴァント自身に魔力を補給させる。

今寝込んでいるセイバーが魔力を補給する事は困難ですので、
士郎が人を殺してでも魔力を与える必要があるのです(汗)
もちろん、士郎にとっては苦しい決断を迫られる事になります。
このままでは間違いなく、聖杯戦争の継続は不可能ですからね。
「あなたが令呪を使って人を襲わせるしか・・・」
それにしても、淡々とアドバイスをする凛ってちょっと非情だわ。
もし凛が士郎の立場だったら、人を殺すんでしょうかね?(^ω^;)

fatestaynight_13-07fatestaynight_13-08

「私は望んでこの剣を抜きに参りました。」
生前のセイバーの回想シーンが描かれていました。
人間である事を辞めてまで、聖剣を抜いたセイバー・・・。
いったい彼女にはどんな気持ちがあったのかが気になるところです。
それと、ライダーを倒した時の聖剣とは違っている点も謎ですね。
士郎が夢の中で見た聖剣に胸が熱くなっていたようですけど、
これに関しては今後の物語の中で明らかになってきます。

fatestaynight_13-09fatestaynight_13-10

「士郎がそんなだからライダーのマスターにも逃げられちゃうのよ。
負けたやつなんて殺しちゃえばいいだけなのに。」

公園でイリヤと再会するのですけど、今度は様子が変です。
一番最初に会った時のような冷たい感情を表してました。
「どうせセイバーも消えるんだから、早い方が良いでしょ。
おやすみなさい、お兄ちゃん。」

彼女はセイバーとライダーの戦闘を観察していたみたいです。
次の聖杯戦争の相手はイリヤとバーサーカーになりそう(汗)

fatestaynight_13-11fatestaynight_13-12

イリヤの住む家に拉致されてしまった士郎・・・。
セイバーは助けに動けないし、もう敗退は決定的かも!?(^ω^;)
とにかく今のイリヤは完全に士郎の敵となった状態です!(汗)
でも、士郎を地下牢に入れないで、自分の部屋に閉じ込める辺りに
少しだけ優しさを見せてたのかもしれませんね(^ω^;)
それでも士郎にとっては嬉しくも何ともないでしょうけど(^ω^)
しかし、イリヤの家ってデカいなぁ・・・もうお城じゃんw
「ねぇ私のサーヴァントにならない?そしたら殺さなくて済むわ。」
「な!?なんだと!?」
あと、イリヤが意味不明なことを話していました。

fatestaynight_13-13fatestaynight_13-14

「士郎・・・どこにいるのです?」
セイバーがようやく長い眠りから目覚めましたけど、
士郎がどこにも見当たらないので心配しています。
前回、魔力を使い果たしてまで聖剣を使ったのも、
自分を守る事より士郎を守る事を優先したから・・・。
この辺のセイバーを見ていると、士郎と似ています。
本質の部分で士郎とセイバーは似ているなぁって思いました。

fatestaynight_13-15fatestaynight_13-16

「おそらく敵に手中に・・・。何卒力をお借りしたい。」
セイバーは凛に士郎を助けてもらうようにお願いしようとしますが・・・
「放っておけ凛。大方考え事でもしている隙にさらわれたのだろう。
そんなマスターに力を貸す義理はない。・・・元々敵同士だ。
勝手に死んでくれるなら手間が省ける。」

アーチャーが冷たく言っていました。まぁ当然といえば当然かな。
彼の言っている事は、ほぼ完璧に当たっていましたわ(^ω^;)

fatestaynight_13-17fatestaynight_13-18

「士郎はずっとここにいればいいの。私が守ってあげるから♪」
士郎がイリヤからラブラブな申し出を受けておりました(^ω^;)
いったいイリヤは何を考えているのかわかんないわw
聖杯戦争のことよりも士郎に夢中になってる気がするw
「もう一度だけ聞いてあげる。士郎、私のものになりなさい。」
「イリヤ、お前の言う事は聞けない。」
士郎が拒否の意思を示した事で、イリヤの怒りの矛先はセイバーと凛に・・・(汗)
これって、ちょっとした嫉妬みたいなものなのでしょうか?
それにしてもイリヤの非情な言葉を聞いていると子供とは思えない(汗)
そんなに士郎が欲しいのなら、聖杯で願いを叶えてもらった方が
手っ取り早いような気がしますけどね~(^ω^)
次回はイリヤとバーサーカーとのバトルとなりそうです。

関連記事