Fate/stay night 第12話 「空を裂く」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/06/21

Fate/stay night 第12話 「空を裂く」

fatestaynight_12-01fatestaynight_12-02
(C)TYPE-MOON/Fate Project

セイバーとランサーがお互いに強力な宝具を繰り出して決着をつけます!

fatestaynight_12-03fatestaynight_12-04

凛は、士郎とセイバーからライダーとの戦いについて話を聞いていました。
あの慎二の性格のことですから、自分のプライドを傷つけた相手には何度でも
襲い掛かってくると考えられます。そこで対応策を練っておくわけですね。
「ライダーは本人より所有する宝具の方が優れているタイプなわけか・・・」
慎二との戦いはまず間違いなく勝てるとして、要注意なのはライダーの方です。
特に学校で見せた脱出技は、もの凄い力を秘めていたので気がかりです。
普通に戦う分にはいいのですけど、どうやら宝具を使われるとセイバーでも
勝ち目はなさそうといったところかな。ライダー自身も前回において
自分の宝具に関しては誰にも引けをとらないようなことを言ってたし・・・。
とにかく、ライダーを倒すには宝具を使われる前に倒す必要があるってことかな。

fatestaynight_12-05fatestaynight_12-06

士郎とセイバーは、慎二の居場所を突き止めるために街中を探します。
セイバーが公衆の面前で変に手を広げていてもお構いなし(^ω^)
とにかく、魔術を使ってライダーの気を感じ取ろうとしてるようです。
ただ、士郎の体に魔術の負担がかかって倒れこんじゃってましたけどね(汗)
「一人で休むのが嫌なら私もお付き合いします。」
2人がこうして一緒に行動するのって初めてのような気がします。
ベンチで休んでいる時に士郎がセイバーにドキッとしていました♪
せっかくセイバーが膝枕をしてくれるって言ってるのだから、
堂々ともっと甘えたらいいのになぁって思いました!(^ω^)
もし聖杯戦争がなければ愛が芽生えたかもしれないねw

fatestaynight_12-07fatestaynight_12-08

たびたび挿入される10年前の士郎の回想シーン・・・。
今回は士郎が10年前の聖杯戦争で実の両親が亡くなったことや、
衛宮切嗣に助け出されて養子になったことを話してました。
自分一人だけが助け出されたので、士郎は幼心から他人を助けたいと
強く思うようになったようですね。それが今の行動に繋がってます。
「あなたには自分を助けようとする気はないのですね。あなたは自分より他人を
優先している。それは立派ですが、それではあなたはいつかきっと後悔する。」

ただ、セイバーとしては彼のその気持ちに不安があるといったところです。
たしかに今までの彼の行動には無茶があるような気がするものね(^ω^;)
あれでは命がいくつあっても足りないと思う・・・。

fatestaynight_12-09fatestaynight_12-10

「確実に見られています。これは我らに対する挑戦でしょう。」
ライダーの魔力を感じて向かったところ、不意を突いた攻撃をされました。
このライダーってスパイダーマンみたいなサーヴァントですね~(^ω^)

fatestaynight_12-11fatestaynight_12-12

セイバーもビルの横壁を駆け登って戦っています。凄い運動能力です。
重力はどうなっているのかなぁ?これも魔力を使っているのでしょうか?(^ω^;)
ただ、セイバーは高い所が苦手みたいなので、少々不利といったところです(汗)
ライダーは、初めからそれを知っててこの場所に誘い込んだようですね。
まともに戦っては勝ち目がないので、いろいろと考えて戦ってますわ。

fatestaynight_12-13fatestaynight_12-14

「安心なさい。もうじき楽にしてあげるから。」
ライダーが眩い光と共に天馬に乗って攻撃してきました。
ただでさえ素早いのに、天馬に乗ってさらにスピードアップです。
前回の戦いで学校から脱出できたのもこの宝具のお陰だったのね。
もしセイバーの防御力が低かったら、体当たりでやられてたかも!?(汗)
そこでセイバーは・・・
「(ライダーが無防備になる瞬間を待つ。守りに徹して凌ぎきれば・・・)」
カウンター攻撃のタイミングを計っていました。

fatestaynight_12-15fatestaynight_12-16

ライダーは、「騎兵の手綱(ベルレフォーン)」という宝具を使って
天馬の戦闘意欲を増幅させていました。これが彼女の奥の手です!
セイバーと真正面から戦おうとしているので勝算があるのでしょう!
対する、セイバーの方も剣に魔力を剣に注ぎ込んでいました。
セイバーの周囲からもの凄い光と竜巻のような風が発生してます!
お互いに最強の技を繰り出して決着をつけようとしてます。

fatestaynight_12-17fatestaynight_12-18

「この場所ならば人目につかないと言ったな・・・同感だ。
ここならば地上を焼き払う憂いもなぁいっ!!!」

セイバーは魔力を光に変換することによって、聖剣を生み出していました。
これは、彼女の2つ目の宝具、「約束された勝利の剣(エクスカリバー)」です。
巨大な光の塊のようなビームをランサーにめがけて放っていました!
ランサーはセイバーに近づくさえ出来ずに散っていきました。
この時にランサーの素顔が一瞬だけ見えたのが印象に残ります。
そんなに悪いサーヴァントでもなかったような感じがします。
ただ、あの慎二と組むことになった事が不運だったかな(´・ω・`)

fatestaynight_12-19fatestaynight_12-20

凛が桜の家の前で佇んでいましたけど、何かありそうですね。
2人はセイバー達の戦いの光跡を遠くから眺めていました。
凛はともかく、桜も何か感じるものがあったようです。
これに関しては、今後の話の中で明らかになる事になります。

1クールを終えて、ようやく一組の退場者が出ました。
聖杯戦争での戦いはこれから本格的に激しさを増しそうです。

関連記事