Fate/stay night 第10話 「穏やかな幕間」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/06/19

Fate/stay night 第10話 「穏やかな幕間」

fatestaynight_10-01fatestaynight_10-02
(C)TYPE-MOON/Fate Project

士郎がセイバーから剣術の指導を受けるお話です。

fatestaynight_10-03fatestaynight_10-04

士郎は学校を休んでまでセイバーとの剣術稽古に励みます。
もちろん大河先生から注意をされてましたけどね~。
でも、今の士郎にとっては学校の勉強より重要な事なのです。
その剣術稽古ではセイバーは手加減もせずにメッタ打ちしてたw
骨まで折れてると言ってましたので、こりゃ痛いだろうなぁ(^ω^;)
まぁ、死んでも生き返る士郎にとっては全然問題ありませんけどw

fatestaynight_10-05fatestaynight_10-06

「セイバーはさ、何のために聖杯を求めているんだ?」
「聖杯は手に入れれば叶わない願いはない万能の器。
ただそれが欲しいから・・・ではいけませんか?」

士郎は、セイバーの望む願いというものを尋ねていました。
ただ、セイバーの表情から、話す事に少しためらいも感じられます。
「・・・私が聖杯を求めるのは、ある責任を果たすためです。
生前果たせなかった責任を果たすため聖杯の力を欲している。」

はっきりとは言いませんでしたけど、生きていた時に何かあったようです。
願いを叶えるというよりも、人生をやり直したいような気持ちみたい。

とにかくマスターとサーヴァントには、それぞれ叶えたい願いがあるのでしょう。
有無を言わさずに聖杯戦争に参加させられる点とか、最後に生き残った人にしか
願い事が叶えられない点では「まどか☆マギカ」よりも酷いルールですけどね(苦笑)

fatestaynight_10-07fatestaynight_10-08

「ごきげんよう。生きてたんだね。お兄ちゃん。」
士郎は、スーパーからの買い物帰りの時にイリヤと遭遇しました(^ω^;)
今回のイリヤは、いたって普通の可愛い女の子のように振舞ってます。
でも、一度殺された士郎にとっては怖い存在には違いないのでしょう(苦笑)
それにしても、イリヤの雰囲気が前回の時とはぜんぜん違ってる~w

fatestaynight_10-09fatestaynight_10-10

イリヤは、ただ士郎と世間話がしたかっただけみたいです。
こうして見ると、可愛い妹のようにしか見えないんですけどねぇ。
そして、士郎に自分をリードするように言ってましたわ。さすがお嬢様!w
あまり人と話したことがないみたいですから、新鮮な気分なのでしょうね。
イリヤは遠い北の国の貴族の娘として生まれたようです。
雪のような白銀の髪を自慢してましたわ(^ω^)
あと、イリヤは今の生活の事とか、お父さんの事とか話してくれていました。
厳しい家の中で過ごしているので、こうして外で羽を伸ばしてるのかも?
ちなみにイリヤのお父さんについては士郎と深く関係しています。
イリヤが士郎に対して、こうも馴れ馴れしくしている理由にも繋がってます。

fatestaynight_10-11fatestaynight_10-12

凛は、慎二から手を組もうと誘われていました。
けど、あっさりと断っていました。別に殴らなくても・・・(^ω^;)
この辺のバッサリと切るような性格は凛らしさでもあるw
まぁ女だったら、一度振った男と一緒なんてイヤですもんねw

fatestaynight_10-13fatestaynight_10-14

セイバーが入浴しようとしているところに乱入~(笑)
普通のギャルゲー的アニメなら張り倒されるところですけど・・・
「こちらを向いてください。私の素肌を見たところで気にする事はないと言いたい
のです。私は女である前にサーヴァント。そのような気遣いは無用かと・・・」

セイバーは全く何もしないどころか、恥ずかしがっていもいません(^ω^;)
サーヴァントでも、せめて隠すべき部分だけでも隠してほしいな。
もちろん純情な士郎はその場から退散するわけです・・・(笑)
いくら自分の家だからって、女の子と同居しているのだから、
いろいろと気遣うべきだと思うんですけどね~(^ω^;)

fatestaynight_10-15fatestaynight_10-16

凛から赤い宝石を飲み込まされて、魔術回路を開かせてもらっていました。
あとは、魔術回路のスイッチをON、OFFするようにして魔術を使うだけです!
そこで、凛から初歩的な「強化」の魔術の指導を受けることになります。
今の士郎なら、「投影」(物体を作り出す魔術)は出来なくても、それよりも簡単な
「強化」(物体を強化する魔術)なら出来るだろうという考えなのでしょう。

「現実に敵わぬ相手なら、想像の中で勝てる者を幻想しろ。」
あと、アーチャーからもアドバイスしてもらってました。
強化の魔術だけなく、士郎自身の強化にも繋がればいいですね。

関連記事