Fate/stay night 第07話 「蠢動」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/06/14

Fate/stay night 第07話 「蠢動」

fatestaynight_07-01fatestaynight_07-02
(C)TYPE-MOON/Fate Project

士郎の周りには女の子がいっぱいいて大変だなぁというお話ですw

fatestaynight_07-03fatestaynight_07-04

今日も士郎は、桜の作ってくれた朝食を食べて学校に行きます。
弓道部の朝練がないとのことで、2人は一緒に登校するのです。
桜は好きな男の子と一緒に登校できるので嬉しかったかもね(*´ω`*)
で、士郎はその前にセイバーから昨日の件について注意を受けていました。
ライダーに襲われていたのに助けを呼ぼうとしなかったからなのですがね。
それに本来敵である凛と手を結んだ事についても軽率だと言われてました。
たしかにセイバーの言っている事はごもっともといったところですわ(^ω^;)

fatestaynight_07-05fatestaynight_07-06

セイバーってイライラすると沢山ご飯を食べる性格なのでしょうか?(笑)
朝からご飯を5杯もおかわりしていました。ものすごい大食漢です!
おまけに大河先生のおかずの分まで食べちゃってました(^ω^;)
大河先生が涙を流して泣いてます。一番の楽しみだったのにね~w

fatestaynight_07-07fatestaynight_07-08

「もちろん同行するのです。士郎を守るのは私の役目ですから。」
士郎を心配してセイバーが護衛をしようとしていました。
さすがに彼女が学校に行ちゃうのはマズいですよね~。
でも、セイバーはこうと決めたら言う事を聞きそうにないっすw
そんなところに助け舟の凛が来てくれましたわ。
「今日から衛宮くんと一緒に学校に行く事にしたの。聞いてなかった?」
さすがは凛ですね。ちゃんとセイバーに言う事を聞かせたみたい。
この辺の扱いについては士郎はまだマスターとして未熟なのかも?w
しかし、今度は桜の方がショックを受けていましたわ(^ω^;)
せっかく士郎と2人で一緒に登校出来ると思ったのにね・・・。
朝から女の子達の複雑な感情が入り混じって大変そうでした。
士郎は聖杯戦争以上に女の子の扱いに苦労しそうですwww

fatestaynight_07-09fatestaynight_07-10

そして、桜に朝の件について弁解しようとする士郎w
桜の様子を見ているとかなり落ち込んでいたようですねぇ。
とりあえず士郎の説明のお陰で落ち着きを取り戻してました。
女の子にはちょっとした人間関係にも気を使ってあげなきゃね。
・・・で、士郎は桜の相手をしていたので、凛の約束をドタキャンw
「昼休みに屋上って言ったはずだよね!?まさか忘れたわけ!?」
士郎の災難はまだまだ続きそうでしたw
Aパートはギャルゲー的な展開になってて笑っちゃった。

fatestaynight_07-11fatestaynight_07-12

Bパートからは本題です。
凛が、士郎に「呪刻」というものを探してほしいとお願いしてました。
結界を弱めるために、それを見つけ出して破壊する作戦です。
でも、その呪刻を見つけるのはとても難しいはずだったのですけど、
士郎がいとも簡単に見つけ出していました。初めて役に立ったかな?w
彼は、自分でも自覚していない魔法の能力を持っているのかもしれません。
放課後には、2人で一緒に呪刻を一つ一つ破壊していってました。
凛が高い場所にある呪刻を破壊する時には、士郎は彼女のスカートの中を
見ないように目を逸らしてくれていました。とても紳士ですね~(*´ω`*)

fatestaynight_07-13fatestaynight_07-14

張り巡らされた呪刻を大体破壊し終えて休憩する2人・・・。
士郎がコーヒーを差し入れしてあげていました。優しいよ。
でも、凛はミルクティーが欲しかったと少しイジワル言ってたw
関係ないけど、私もミルクティーが大好きなんです♪(^ω^)
あと、凛が優等生を演じているのには、遠坂家の魔術師として
恥じない振る舞いをするためらしいです。
彼女はお父さんの時臣に対してとても思い入れがあるようでした。
このようにメインキャラの背景なんかも気になるところですね。

fatestaynight_07-15fatestaynight_07-16

「衛宮君。早めに帰りなさいよ。寄り道なんかしたらダメだからね。」
別れる時に凛がちょっとデレちゃってました(^ω^)
結構良い雰囲気になっちゃう可能性もあるのかも?って思った。
でも、そうなっちゃうと桜がまた変に意識しちゃうしね。
ちなみに今回の桜が嫉妬していたのは、士郎のことだけではなく、
他にも別の意味が含まれています。これは後で描かれることに・・・。

関連記事