機動戦士ガンダム 第21回 「ア・バオア・クーの決戦」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/05/21

機動戦士ガンダム 第21回 「ア・バオア・クーの決戦」

gundam_21-01gundam_21-02
(C)創通・サンライズ

シャアがニュータイプ専用モビルスーツに乗ってアムロに立ち向かいます!

gundam_21-03gundam_21-04

ジオン軍は最終防衛ラインでもある宇宙要塞ア・バオア・クーを死守しようとします。
もちろんその指揮を執るのがギレン・ザビ総帥。今回もご自慢の演説をしてましたわ。
でも、この人は実のお父さんを邪魔者扱いに殺しちゃって冷酷なところがあるよ(汗)
まぁ、その事が彼の退場フラグを立てちゃったようなものなのですけどね・・・。
とにかくジオン軍は最後の戦いなので総力を結集して防衛に当たることになります。

gundam_21-05gundam_21-06

シャアはララァの死を悲しむ暇も無く、最後の作戦に出撃することになります。
そこでキシリアから最終決戦用のモビルスーツ「ジオング」を受け渡されます。
サイコミュシステムを取り入れたジオン軍初のニュータイプ専用モビルスーツです。
しかしながら、完成には間に合わず80%という状態なのが不安なところです。
「脚が付いてない・・・?」
「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです。」
この時、ジオングの整備兵が宇宙戦では脚が不要みたいな事を言ってましたけど、
スピードを活かした格闘戦が得意なシャアにとっては脚は重要なんですよね(^ω^;)
それにサイコミュが扱えるかどうかについても未知数だから、いくらジオングが
高性能のモビルスーツとはいえ不安を感じてしまうのは仕方ないです。

gundam_21-07gundam_21-08

それでもシャアはジオングの強力なメガ粒子砲を駆使して、数々の戦艦や
モビルスーツを撃破していました。この辺はさすがといったところかな。
もうガンダムを相手にせずに、敵の主力艦だけに攻撃目標を定めていたら
良かったのではないかなぁって思ったりもしていました(^ω^)
まぁ彼にとってはジオンの勝利よりも、アムロに勝つ事が重要なのでしょう。
それに他に重要な目的もあるわけだし・・・。

gundam_21-09gundam_21-10

ガンダムの世界では、よく敵内部で反乱や裏切りなどが描かれていますが、
このファーストシリーズでもちゃんと描かれていましたわ(苦笑)
キシリアが、お父さんを殺したギレンお兄ちゃんを抹殺していましたよ(^ω^;)
最近の萌え萌えな妹作品を見慣れた人にとっては衝撃的なシーンかも?w
俺妹の桐乃なんてキシリアに比べると全然可愛いものだわw

gundam_21-11gundam_21-12

「見えるぞ。私にも敵が見えるっ!」
シャアは、ニュータイプの直感力でガンダムの居場所を察知しました。
これは、ジオングのサイコミュシステムがシャアのニュータイプの素質を
引き出しているのかもしれません。シャアの戦闘能力が上がったかな!?
ようやくニュータイプとなったアムロとも対等に戦えることが出来そうです。
それにしてもザクのパイロットが巻き添えになってたのが可哀相~(´・ω・`)
でも、悲しいけど、これって戦争なのよねぇ~(^ω^;)

gundam_21-13gundam_21-14

アムロのガンダムとシャアのジオングの一騎打ちです!
お互いに沢山のメガ粒子砲を撃ちまくっていましたよ。
両者ともニュータイプ的な反射神経で避けてたのが凄い!
さすが、宿命のライバル同士の戦いだと思います!(*´ω`*)
あと、ジオングの両手は遠隔操作でメガ粒子砲を撃てるみたい。
これではジオングの本体だけを注意して戦うのは難しいですね。

gundam_21-15gundam_21-16

でもアムロは、ジオングが接近戦に弱いことをすぐに見破っていました。
「こう近づけば四方からの攻撃は無理だな。シャア!」
「はっ!?な、何だ!?」
「何でララァを巻き込んだのだ!?ララァは戦いをする人ではなかった!」
シャアとアムロがこのように戦いの中で会話するのは初めてかもしれない。
このセリフからも、2人にとってララァの死はまだ引きずったままですね。
・・・というよりも、この作品以降でもずっとトラウマとして残るのですけどね。

gundam_21-17gundam_21-18

やがてアムロとシャアの攻撃が相手の機体をかすり始めてきました。
強いニュータイプ同士の戦いともなると、完全に避けるのは無理っぽい。
そして、アムロのガンダムはシールドと左腕を破壊されてしまいました。
一方のシャアもジオングの両腕を破壊されたので、オールレンジ攻撃が
出来ない状態になってしまいます。そのまま逃げていきましたわ・・・。
キシリアもこの後で言っていたのですけど、赤い彗星も地に落ちた!?(^ω^;)
「ガンダムのパイロットはアムロと言ったな?どうする?あのニュータイプに
打ち勝つ方法は!?・・・ララァ教えてくれ。どうしたらいいんだ?」

ここでシャアがノーマルスーツに着替えていたのが何ともいえないです。
必ず生きて帰ってくる事が信条のシャアでもアムロとの戦いの前には
身の危険を感じているのかもしれません。
とにかくララァに言われた通りにする事は良いことです(^ω^)

gundam_21-19gundam_21-20

ガンダムのビームライフルがジオングの胸部コクピット部分を
貫いた時は、シャアが戦死したと思ってしまいましたよ(^ω^;)
でも、このジオングの頭部は脱出コクピットも兼ねてたんですね。
その反対にガンダムの頭部の方が破壊されちゃった・・・。
アムロは惜しかったです。シャアって悪運が強いのかもしれない(^ω^;)

gundam_21-21gundam_21-22

シャアが待ち伏せしているのを察知してガンダムを自動運転モードにします。
お互いに最後の最後までモビルスーツの全ての性能を使って戦っています。
その結果、ガンダムとジオングは大破してしまうという結果になりました。
シャアも間一髪ジオングから脱出していたので良かったと思います。
ここで退場してしまったらZガンダムや逆襲のシャアも消えちゃうからね(^ω^;)

あとモビルスーツの戦いではアムロの方が一枚上手のような印象を受けました。
シャアの方も強くなったガンダムを相手によく戦い抜いたと思いますけどね。
さすがに最後に相応しくガンダムとジオングの戦いは魅せてくれました。
とにかく、2人とも生き残ったのでこの後どうなるのかが気になるところです。

関連記事