アイドルマスター XENOGLOSSIA 第22話 「鍵とバット」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/05/03

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第22話 「鍵とバット」

idolmaster_22-01idolmaster_22-02
(C)2007 サンライズ・バンダイビジュアル

奪われた基地を取り戻そうとして行動開始します!

idolmaster_22-03idolmaster_22-04

モンデンキント本部の強襲部隊が乗り込んでジョセフ達を拘束しました。
朔響が本部の幹部「グランロッジの猫」の一員だったというわけです。
「なるほど、戦力差の均衡が崩れたとたん、iDOLを封印。
すべてはアウリンの開放を阻止するため・・・ですか?」

5体のiDOLが集まると、危機的な状況が生じるらしいのですが、
それがいったい何のことなのか今のところは分かりません。
ただ、本部の連中がアウリンの開放を阻止したいというのは
何となく理解できました。だから、前に破壊衛星を使ってまで
iDOLを破壊しようとしていたのでしょうね。
ジョセフは課長の任を解かれて、自宅待機処分になりました。
この時に心の中であずさの命の事を心配してあげていましたわ。
ジョセフはあずさの様子を見て、何か不安を感じたのでしょう。

idolmaster_22-05idolmaster_22-06

他のスタッフ達は配置転換として通常業務をさせられる事に・・・。
ヤケ酒を飲んだり、コンビニやレストランにたむろったりもしてます。
春香もずっとショックを引きずったままですし、アイドルチームは
このまま本当に解散してしまっちゃうかもしれません(汗)

idolmaster_22-07idolmaster_22-08

落ち込んでいる春香に伊織が檄を飛ばしていましたわ。
「いつまでそんなもん眺めてんの?眺めてりゃ何か変わんの?
・・・バカリボンがリボンをしてなきゃ、ただのバカでしょ!
このバカ!バカ!バカ!バカ!バカ!バカ!バカ!バカ!」

でも、かなり酷い言い方をしてましたけどね~(笑)
さすがの春香も怒ってビンタを食らわしてました(^ω^;)
「何よ、けっこう元気じゃない。そんなに体力が有り余ってんなら、
あんたにはまだやる事があるでしょ。」

なるほど~。これは伊織なりの励ましだったようですね(^ω^)
ここまでしてもらったら、春香は元気を出さなくっちゃ!

idolmaster_22-09idolmaster_22-10

ジョセフは大人しく喫茶店で働いているわけではありませんでした。
「許せませんな。理由はどうであれ、このまま事態を放っておくのは、とても
気分が悪い。今日ここに集まってもらったのは、皆さんに提案をするためです。
仕事としてではなく、あくまでiDOLを愛する個人の意思として伺いたい。
基地の奪還に賛成の方は?」

なんとか奪われた基地を取り戻そうと画策していましたわ。
今まであまり表に立つような人ではかなったのですけど、
こういう時はやっぱりリーダーらしい一面を見せてます。
「はい!」「はい!」「はい!」「はい!」「はい!」「はい!」「はい!」
その場にいたスタッフの全員が基地の奪回に大賛成していました。
基地に対する愛着の大きさがよくわかるようなシーンですね(*´ω`*)

idolmaster_22-11idolmaster_22-12

春香もようやく立ち直ってきてくれました。少しずつ皆の心が
一つになってきそうな雰囲気がありました(*´ω`*)
主役の春香が暗いままでは物語も暗くなっちゃうので、これからは
もっと明るく元気な彼女の姿を見せてもらいたいです。

idolmaster_22-13idolmaster_22-14

亜美たちは基地の内部から、そして春香たちは基地の外部から・・・
それぞれが計画通りの時間に基地奪回作戦を開始していました。
「さぁ皆さん、そろそろパーティの時間です。」
ほぼ女の子だけによる作戦になりますけど、元気さなら負けないはず。
思いっきり暴れまわって作戦が成功して欲しいなぁって思いました。

idolmaster_22-15idolmaster_22-16

朔響はiDOLを人の手が届かない虚数領域に隠そうとしていました。
でも、その考えはカラスにはすでに把握されて困っていました。
今のところはトュリアビータ側が一枚上手なのかもしれません。

idolmaster_22-17idolmaster_22-18

基地奪還作戦は、地理を知り尽くした春香達によって上手く事が運びます。
ほんのごく一部の男性が痛い目に遭っておりましたけどね~(笑)
それに、ジョセフのスピードとパンチ力が凄まじかったのでビックリ!
このおじさんはこんな戦闘能力を隠して持っていたのかぁ・・・(^ω^;)
とりあえず、司令室とiDOLを奪還できたということで大成功です。

idolmaster_22-19idolmaster_22-20

朔響は、素直に司令室を明け渡して撤退していこうとします。
「アウリンとは、全てのiDOLが揃うと現れ、中に詰まった災いで世界を滅ぼす。
5体のiDOLはそのアウリンを開放するためのキーなんですよ。」

何やらパンドラの箱を開いてしまったような事を言ってましたけど、
それがいったい何を意味するのかわかりません。少々心配です(´・ω・`)
それにトュリアビータの動きも本格化しそうなので気を引き締めないとね!

関連記事