アイドルマスター XENOGLOSSIA 第13話 「501号室」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/04/06

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第13話 「501号室」

idolmaster_13-01idolmaster_13-02
(C)2007 サンライズ・バンダイビジュアル

iDOLに拒絶されたアイドルマスターの悲しみ・・・

idolmaster_13-03idolmaster_13-04

春香は、あずさから千早が元モンデンキントの人間で、インベルの最初の
アイドルマスターであったことを聞かされました。
「ま、変わるわけないか・・・忘れられないのはお互い様だものね・・・」
千早がインベルに執着しているのはわかるのですが、このセリフだと
あずさもまた何かに執着しているのかもしれません・・・。
前回、真があずさに言っていた事と関係がありそうです。

idolmaster_13-05idolmaster_13-06

真は、ネーブラが動かなくなった事を整備不良の原因にして、
整備士達に怒りをぶちまけていました(´・ω・`)
やはり真の精神状態が乱れてきているのが不安ですね。
「出動前、あなたとネーブラの間には明らかに不協和音があった。
それはあなたにも分かっていたはずです。なのにどうして?」

亜美が真とネーブラの不調和と春香とインベルの信頼について示しましたが・・・
「そんなことはない。これは機械じゃないか。お前達がきちんと
整備してくれればちゃんと動く。僕が動かしてみせるっ!」

それでも真は認めたくないために聞き入れようとしませんでした(´・ω・`)
亜美に対して手をあげようとしてましたし、ちょっとヤバい感じです。
これではネーブラだけじゃなく、整備士達との信頼関係もなくなっちゃうよ(汗)

idolmaster_13-07idolmaster_13-08

あずさは7年前の事故によりネーブラに乗れなくなってしまいました。
そこで真がお姉ちゃんと慕うあずさに代わって乗るようになったらしいです。
真はあずさから褒めてもらいたくて、無理をして頑張っていたのかもしれない。
でも、その後のあずさはiDOLに取り憑かれたように真の事を放ったらかしに・・・。
今回の件で真は、あずさに対して押し殺してきた感情をぶつけていました。
あずさと真はお互いに7年間ずっと心に傷を抱きながら生きてきたようですね。

idolmaster_13-09idolmaster_13-10

「震えているわ・・・不安だったのね。」
「お姉ちゃん・・・。」
「ごめんなさい。あなたはわかっていると思ってた。」
「だって・・・だってお姉ちゃん、僕がいくら操縦しても褒めてくれなくて・・・
iDOLの本ばかり見てて、何も言わないで水瀬や天海を入れるし、双海の言葉を
ただ黙って聞いているし、僕、ちゃんとやってきたのに・・・お姉ちゃんの代わりに。」

あずさと真はお互いに抱き合いながら自分の気持ちを伝えていました。
「大丈夫・・・あなたの気持ちは私が一番良くわかっている。わかっているから・・・」
今まで距離を置いていた2人の関係が良くなってくるといいですね・・・。

idolmaster_13-11idolmaster_13-12

春香があずさに頼まれて真の部屋の501号室を訪ねました。
部屋の中にペアの歯ブラシやマグカップがあったので、
男の人と同棲しているのではないかと勘違いしてたw
真はあずさと同棲しているのだから問題ありませんよね(^ω^)
「主任って何でいっつも真ちゃんの事を気にしているのかなぁって思ってたから・・・」
春香のこの言葉で真の心が落ち着いてきていたように思います。
真自身もあずさが自分の事を心配してくれていた事を気付いていたのですが、
それをちゃんと行動か何かで示して欲しかったのかもしれませんね。

idolmaster_13-13idolmaster_13-14

モンデンキントのスタッフが集まって真とネーブラの今後について話し合います。
ネーブラは人見知りせずに多くのアイドルマスターを乗せてくれるのですけど、
その反対に1回拒絶したアイドルマスターはニ度と乗せようとしないらしい。
この辺はインベルとは違っていますね。iDOLにはそれぞれ個性があるんだ(^ω^)
でもそれだと、もう二度と真はネーブラに乗れないことになるのですがね(汗)
だから、あのあずさもネーブラに乗れなくなっていたのでしょう。

idolmaster_13-15idolmaster_13-16

ジョセフの補佐としてモンデンキントJPに朔響が赴任してきました。
この人はちょっと胡散臭い奴なので注意が必要かもしれません(´・ω・`)
とりあえず本部との中継連絡役といったところなのかな・・・。

idolmaster_13-17idolmaster_13-18

そして真に対する今後の決定がなされました・・・
「プロメテウス2、ネーブラ担当アイドルマスター、菊池真。
以上の者、アイドルマスターの資格を剥奪する。」

待っていたのは非情な通告。これはとてもショックでしょうね(´・ω・`)
せっかくあずさとも心が通じ合えそうになってきた矢先なのに・・・。
もうこの後の真の悔しさがハンパじゃなかったです。
お姉ちゃんと慕うあずさから言われたのも悲しいですよね。
この後、真はモンデンキントを辞めてしまうことになりました(汗)
そして向かった先はというと・・・これはまた大問題かもしれない!(>ω<)

関連記事