放浪息子 第06話 「文化祭」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/25

放浪息子 第06話 「文化祭」

houroumusuko_06-01houroumusuko_06-02
(C)2011 志村貴子・エンターブレイン/「放浪息子」製作委員会

ロミオとジュリエットの倒錯劇が行われるお話です。

houroumusuko_06-03houroumusuko_06-04

文化祭の当日を迎え、修一達のクラスは倒錯劇の準備をしておりました。
さおりはロミオの衣装を完璧に着こなしてクラスの注目を集めてました。
それに対して、誠はジュリエットの自分に自信が持てていない状態かな。
世界がさおりを中心に回っていない事を証明するためにも頑張らないと!w
それにしても文弥は相手の気持ちを考えずにはっきりと物を言いますね。
その辺のところをさおりからしっかりと注意を受けておりましたわ(^ω^)
まぁさおりはさおりで周りを気にせずに自己中心的な行動を取るので、
私から見れば、どっちもどっちという印象なのですけどね~(^ω^;)

houroumusuko_06-05houroumusuko_06-06

真穂のクラスは喫茶店です。でも真穂自身は不良メイドと称してサボってるw
人気モデルの麻衣子や安那がやって来てくれたのでちょっとした大騒ぎでした。
とにかく賑やかな文化祭になるのは間違いなさそうでした(^ω^;)

houroumusuko_06-07houroumusuko_06-08

誠は、緊張せずに大声を出せるように修一と一緒にお化け屋敷に入ります。
まぁ一理はありそうですけどね。こういう考え方は誠らしいと思います(^ω^)
あと、さおりが千鶴にお化け屋敷に誘われて意外にもあっさりとOKしていました。
クラスメイト達と倒錯劇の練習をしてきて少しは馴染んできたのかもね(^ω^;)
とにかく皆で大声で叫び声をあげていたので、お化け役の人たちが困ってたw

houroumusuko_06-09houroumusuko_06-10

ユキさんとしーちゃんのカップルも文化祭に訪れてくれていました。
ただ、ユキのちょっとした一言が誠の心を傷つけていたかもしれない!?
文弥からも修一の方がジュリエット役に相応しいような事を言われていたので、
その事を気にしないようにしてても、さすがにヘコむのでしょうね(´・ω・`)
ギュッとジュリエットの衣装を握り締めるシーンがとても印象に残ります。

houroumusuko_06-11houroumusuko_06-12

「僕はジュリエット・・・僕はジュリエット・・・僕はジュリエット・・・」
誠は自分に言い聞かせるように演技に集中しようとしていましたけど、
文弥やユキに言われた事を引きずってしまい上手くセリフが出てこない。
「(ダメだ。やっぱり僕はジュリエットなんかじゃ・・・)」
弱気になっていた時に誠はハッとしてさおりの方を向いていました。
これはさおりの「そうして(ジュリエットになりきって)くれなきゃ困るわ・・・」
前回の言葉が少しよぎっていたのかもしれませんね・・・。
それとも、いつも強気なさおりに憧れている部分もあるのかも?
とにかくもう一度気を取り直して頑張って演じようとしていました(^ω^)

houroumusuko_06-13houroumusuko_06-14

クラスの他のみんなも上手く演技をしていたように思います。
何かといろいろ苦労してきた税所先生も安心したかもね~(^ω^)
私としては、修一がナレーション役だったのが少々残念かな。
せっかくなので彼の女装姿も見てみたかったような気がします(^ω^;)

houroumusuko_06-15houroumusuko_06-16

「私のジュリエットという名はあなたにこそ相応しい。」
このセリフを言う時にさおりがわざわざよしの方を向いていました。
修一が書いたセリフの部分だと知っているので気になっているのでしょう。
実際に第4話でよしのが修一に似たような事を話してましたしねぇ。
この辺はちょっとした女の勘の鋭さを描いていますわ(^ω^)

houroumusuko_06-17houroumusuko_06-18

誠はとても緊張しながらも最後まで何とか演技をやり遂げていました。
観客達も最初は笑っていたけど、最後の方は真剣な眼差しで見ていました。
もう倒錯劇だということを忘れるくらいに引き込まれていたのかもしれません。
右往左往して準備してきた倒錯劇でしたが、皆で力を合わせた甲斐がありました。

houroumusuko_06-19houroumusuko_06-20

「・・・僕は笑われたくなかった。・・・ジュリエットという女の子として
皆に僕の事を見てもらいたかった。」

最初の失敗をちょっと悔やんでいた誠でしたけど、そんな彼に
さおりが花束を渡してあげていました。元々は文弥のですけどねw
少なくともさおりは誠を立派な女の子として認めてあげてたみたい。
修一の気持ちをよく知っているさおりだからこそ、誠の気持ちもまた
よくわかってあげられるのかもしれないですね。ホントは優しいです。
でも、素直に伝えてあげないのが彼女らしいところでもありますが(^ω^;)
とにかく彼女の気遣いによって誠がこれから少しでも勇気を持って
行動できるようになれるといいかな。

関連記事

トラックバック

[アニメ]放浪息子 第6話「文化祭 ~Dream of butterfly~」

マコちゃんの葛藤の中での心の成長を描きつつ、さおりんはさおりんらしさを出し、かなり面白い劇となりました。

放浪息子 第6話「文化祭」

ジュリエット役として舞台に立つことになったマコちゃん。 一世一代の舞台にどきどきでしたね。 よく頑張った! ちゃんと主人公してましたよ~。  ▼ 放浪息子 第6話「文化祭 ~Dream of butterfly~...

【放浪息子】6話 お化け屋敷のシーン、トトロかよwww

放浪息子 #06 文化祭 ~Dream of butterfly~ 51 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/02/25(金) 01:56:51.00 ID:c6L6AgrP0 安那ちゃんは意地悪そうだからキラーイ...

放浪息子 【6話】 「文化祭」

放浪息子、6話。 いよいよ何話も先延ばしにされていた文化祭話のようです。 ・・・全体を通して・・・ 毒舌過ぎる、千葉さんの幼なじみさん?。 私も二鳥がジュリエットをやると思っていたので正直予想外でした。 女子トイレに閉じ込められ、掃除道具入れに閉じ込?...

放浪息子 #06『文化祭』 感想

楽しい楽しいおばけ屋敷^^

放浪息子~#6 文化祭

 おしとやかでやさしい中学1年3組の二鳥修一、通称にとりん 女の子の格好にあこがれつつ悩みつつな放浪息子の6話目  文化祭当日。 ロミオとジュリエット倒錯劇を前に、緊張...

放浪息子 #06 『文化祭 ~Dream of butterfly~』

放浪息子 もふもふひざ掛け 二人柄エーシージー 2011-04-01売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools 僕は、ジュリエット

◆ 放浪息子 第6話「文化祭 ~Dream of butterfly~」 感想 【千葉さんマジ給食のオバサン】

全国の千葉さんファンごめんなさい! 4話から始まった文化祭編は今回で終了。 いやー面白かった。 ◆冒頭からまた変人が 高槻さんの相談相手だった女性もまた男になりたい女だった。 自...