アイドル伝説えり子 第11話 「雨あがりの二重唱(デュエット)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/28

アイドル伝説えり子 第11話 「雨あがりの二重唱(デュエット)」

eriko_11-e01.jpgeriko_11-e02.jpg
(C)ビックウエスト

歌うために生まれてきた歌姫達

eriko_11-e03.jpgeriko_11-e04.jpg

えり子は項介からの希望で麗のコンサートにゲスト出演する事になりました。
もちろんこれは項介のおっさんの悪巧みでもあるのですけどね(´・ω・`)
とにかくえり子はステージで歌えるという事でドキドキしていますけどね。
ただ、麗との関係は星吾のことで少々険悪なムードになりつつあります。
やはり麗は星吾に思いを寄せているってことなのでしょう(*´ω`*)

eriko_11-e05.jpgeriko_11-e06.jpg

歌手としての心構えみたいな事も言われて、えり子はますます思いを巡らせます。
プロの歌手として、自分がこれからどう歌っていけばいいのかわからないみたい。
まだ歌手になったばかりなので、これから少しずつ勉強していけば良いのですが。
「ママ・・・明日私はステージに立ちます。でも・・・」
えり子はお母さんにステージで歌う事を報告していました。
嬉しいお知らせのはずなのに暗い表情を浮かべているのは、
麗に言われた事が頭の中から離れないからなのでしょうね。
「(えり子・・・ステージに立ったら一生懸命歌いなさい。
それが一番大事なことよ・・・。)」

そんなえり子の心にお母さんが優しく語りかけていました。
えり子の表情を見ていると本当に聞こえていたのかもしれない。
とにかくえり子はお母さんから元気を貰って頑張るみたいね(*´ω`*)

eriko_11-e07.jpgeriko_11-e08.jpg

・・・で、項介のおっさんが考えている次の謀略というのが、
ステージで歌っているえり子に大ケガを負わせることかい!?(汗)
そんな事をしてステージを潰したら麗に怒られると思うんだけどね(苦笑)
とにかくこのおっさんの心の中は完全に腐っているかもしれない。

eriko_11-e09.jpgeriko_11-e10.jpg

麗はステージライブに向けて雨の中を走って特訓をしていました。
とても努力家だったのですね。まさにプロの歌手の鑑だと思う。
えり子も良い子なのですけど、どちらかといえば私は麗の方が好き。
あと、車の中でイチャつくカップルを見て少し寂しそうにしていました。
きっと麗もあんなふうに星吾とラブラブしたいんだと思います。
でも、素直になれない自分に対してもどかしさを感じてるのでしょう。
雨が麗の心に突き刺さるように降っていたのが印象的です。
きっと雨に濡れながら少し涙を流していたのかもしれませんね。

eriko_11-e11.jpgeriko_11-e12.jpg

コンサートでは麗が「Unchained Heart」を歌っていました。
この曲は麗のイメージに合った疾走感のある歌ですね(*´ω`*)
特訓をしているだけあって、とても熱く歌っていましたわ。
これがプロの歌い方ということなのかもしれない!

eriko_11-e13.jpgeriko_11-e14.jpg

そして、えり子がゲストで歌う時間になったのですが、
麗はえり子の事を紹介もせずに退場していきました。
「私は司会じゃないんだよ。歌いに来たんだろ?好きに歌わせてやるさ。」
わゎゎ、これは幾らなんでもえり子に失礼です~(^ω^;)
こういうツンツンしたところが麗の持ち味なのかな?w

eriko_11-e15.jpgeriko_11-e16.jpg

えり子はスタッフに促されて「ロコモーション・ドリーム」を歌い始めました。
どんな形にせよ、プロの歌手になってから観客の前で歌うのは初めてです。
きっと、彼女は緊張でドキドキしながら歌っていたのかもしれません。
でも、その緊張も歌う事が好きな彼女にとっては心地良かったのかもね。

eriko_11-e17.jpgeriko_11-e18.jpg

歌っている途中、車のオブジェがえり子に接近してきました。
次々と向かってくる車にえり子は歌う事もままなりません(汗)
これも項介が考えたワナだったのですね。ホント、酷い奴だわ・・・。
そんな危機的状況の中でも頑張って歌おうとするえり子が素晴らしいよ。

eriko_11-e19.jpgeriko_11-e20.jpg

そして、えり子がとてもヤバくなった時に麗が助けに来てくれました。
「どうだい、みんな?なかなかスリリングなステージだったろ?この子は田村えり子。
知ってる人もいるだろ?あの話題の新人アイドル。そして今夜のスペシャルゲストだ!」

予定とは違って遅くなりましたが、ちゃんと紹介もしてくれてました(^ω^)
冷たい人なのかなぁって思ったのですけど、こういう一面もあるのですね。

eriko_11-e21.jpgeriko_11-e22.jpg

麗は、えり子が困難にもめげずに歌おうとしていたので助けたのでしょうね。
「勘違いするんじゃないよ。ステージの上だから助けてやったんだ。
この歌を歌ったらさっさと帰りな。」

でもこう言うあたりは、やっぱり麗らしいなぁって思います(^ω^;)
とにかく麗はステージや観客を大切にするプロの歌手なのです!
あと、作戦が失敗に終わった項介にしてみれば面白くないといったところかなw

eriko_11-e23.jpgeriko_11-e24.jpg

アクシデントがあったので、えり子と麗が一緒に歌う事になりました。
麗の歌も歌詞を覚えて、しっかりと歌っていたので凄いなぁって思います。
麗は、そんなえり子を見てプロの片鱗を垣間見たのかもしれません。
最初はえり子のことを全然認めていなかったのですけど、これからは
少しずつ認めてあげるのかなぁって思いました。

eriko_11-e25.jpgeriko_11-e26.jpg

えり子と麗はライバル関係でもありますが、同じ歌姫としての
強い絆みたいなものも感じられました。本当に息が合ってます!
「またコンサートに呼ばれるかもしれないよ。それまでせいぜい苦労しとくんだね。」
「はい。」
麗に言われなくても散々苦労はしてるんですけどね~(笑)
とにかく今回の件で、麗はえり子の歌に対する姿勢を認めたのでしょう。
また、えり子も麗に認められたということで嬉しかったに違いありません。

関連記事