アイドル伝説えり子 第05話 「光と闇の二重奏(アンサンブル)」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/15

アイドル伝説えり子 第05話 「光と闇の二重奏(アンサンブル)」

eriko_05-e01.jpgeriko_05-e02.jpg
(C)ビックウエスト

えり子の事をとても大切に想っている友達が素晴らしい。

eriko_05-e03.jpgeriko_05-e04.jpg

えり子は項介よって強引にデビューさせられそうになっていたところを、
内田のおじ様の助けのお陰で逃げ出す事に成功していました(>ω<)
虐待まがいの厳しいレッスンをさせられていたので本当に良かったですわ。
でもガラスで手に大きな怪我していたけど大丈夫なのかな~?(´・ω・`)
とにかく、えり子自身はお母さんのように歌を歌いたいと思っているので、
これからは内田のおじ様のところでレッスンに励むことになります。

eriko_05-e05.jpgeriko_05-e06.jpg

「えり子ちゃん、あの時・・・あのマリンステージの時の歌声は
こんなものじゃなかったはずだよ。・・・瞳だ!」

「・・・瞳?」
えり子は内田のおじ様が見守る中で歌のレッスンを続けていましたが、
ダメ出しされてしまいます。歌声に心が篭っていないということなので、
どうやら技術的な問題というわけではなさそうですが・・・。
「そうだ。歌っている時のえり子ちゃんはまだまだプロの目じゃないんだよ。」
「プロの瞳?」
「えり子ちゃんの瞳はもっと輝くはずだ。歌にもっと心がこもれば・・・。」
ただ、今のえり子にとってはこれを理解するのは難しいのかもしれません。
あのマリンライブステージの時は無我夢中で歌っていたはずですから・・・。

eriko_05-e07.jpgeriko_05-e08.jpg

そこで、えり子は仲田先輩に相談してみるのですけど、さすがの先輩も
ケンカとバイクの事以外になると専門外みたいで教えられません(^ω^;)
「(えり子、頑張れ!自分の力で乗り越えるんだ!)」
でも、心の中でえり子の事を応援してあげるのが良い!優しい先輩ですね!
えり子は「プロの瞳」についてお風呂の中で考え続けていました。
そこで、一つ心に思いついたのが麗が歌っている時の瞳でした。
えり子も少しずつ麗の事を歌のライバルとして意識し始めるのかもしれない。

eriko_05-e09.jpgeriko_05-e10.jpg

前から朝霧良子という元女優も何やら不穏な動きを見せていたのが気になる!(汗)
えり子を潰すというのは、いったいどういうことなのでしょうか!?(´・ω・`)
とりあえず、この良子という女はかなり頭がキレているようだわ。
項介のおっさんだけじゃなく、良子のおばさんも要注意かもしれない!(汗)
そして、仲田先輩はえり子の無事を麻美に伝えてあげていました。
麻美の様子からすると相当えり子の事を心配してあげていたのでしょうね。
本当にえり子は良い友人を持っているなぁって思います!(*´ω`*)
でも、そんな2人の行動を項介の部下達が監視をしていたのでヤバイ!
このままでは項介と良子にえり子の居場所を知られてしまいそう(汗)

eriko_05-e11.jpgeriko_05-e12.jpg

麻美はどうしてもえり子の居場所を知りたくて何度もお願いしてました。
でも先輩は内田のおじ様に言われたとおりに麻美にも居場所を教えません。
「えり子のいるところを教えてくれるまでここは動きません。」
ポテトを奢ったり、バイクの前に立ちはだかって強くお願いしてましたよ。
もう今回はこの麻美の熱意ある行動力に注目といったところでした!(*´ω`*)

eriko_05-e13.jpgeriko_05-e14.jpg

えり子の居場所を知らせるわけにはいかないので、先輩は麻美を振り切って
バイクで立ち去っていきました。これは少し可哀相な気もしますがね。
それでも麻美は先輩のバイクを走って追いかけ続けていました!(>ω<)
つまずいてコケてもすぐに立ち上がって、あきらめずに追いかけていました。
この姿を見ていると本当にえり子の事を心配してあげているんでしょうね!
えり子は素晴らしい友人を持って幸せな子だと思います!(*´ω`*)

eriko_05-e15.jpgeriko_05-e16.jpg

お嬢様育ちの麻美でもこんなに芯の強いところがあったのにはビックリです。
涙を流しながら先輩のバイクを追いかけ続ける麻美を見てると泣けてきます。
この一連のシーンにはとても感動をして泣いちゃいそうでしたわ!(>ω<)
そして、必死に追いかけてくる麻美に先輩もついに根負けしたようですね。
「えり子は箱根にいる。それ以上はダメだ。」
「あ、ありがとうございます!(>ω<)」
先輩は麻美にこっそりと教えてあげたつもりなのですけど、これが不運な事に
項介の部下達にバレてしまいました。えり子に魔の手が伸びる~(汗)

eriko_05-e17.jpgeriko_05-e18.jpg

麻美に頼まれて大きなぬいぐるみを持って行かされる先輩が面白いです。
さすがにこの可愛いぬいぐるみは先輩のイメージには似合いませんゎ(苦笑)
そんなところに項介のおっさんが乗る車と遭遇するわけですが・・・
「いつぞやのお礼だ。これくらいで済んで有り難く思え。」
項介が自分の車を先輩のバイクにぶつけてふっ飛ばしていました!?(汗)
これってもう完全に犯罪行為じゃないの!?やっぱりこいつは鬼だわ!
「まさか・・・あ、あいつ、まさかえり子のところへ!?」
なんとか先輩の命が助かっていたので少しは安心したですが、
今度はえり子の事がとても心配になってきます~!(>ω<)

eriko_05-e19.jpgeriko_05-e20.jpg

「今日は試験なんです・・・とっても大事な。パパ、ママ見守っていてください。」
えり子はテレビのプロデューサーの前で歌を歌うことになりました。
えり子は、大切な友人や、お世話をしてくれている皆を思いながら
一生懸命に心を込めて歌っていたように思います♪(*´ω`*)
もちろん天国にいるお父さんとお母さんへの思いも込めて・・・♪
お母さんのようにプロになってデビューしたいという思いが、
えり子に「プロの瞳」を宿らせたようですね。

eriko_05-e21.jpgeriko_05-e22.jpg

「素直な歌だ。内田君、よければミュージックラボの
スポットコーナーで歌ってもらいたいんだがね。」

テストの結果はというと・・・もちろん合格!
一気にアイドルデビューへの道が開けた瞬間でもありました。
えり子の真剣な眼差しと微笑んだ表情が印象に残ります!
この子はやっぱり歌を歌う事が大好きなのでしょうね!

eriko_05-e23.jpgeriko_05-e24.jpg

最後に先輩がフラフラになりながらえり子の所まで辿り着いてました(汗)
項介にこの居場所が知られるのも時間の問題ということで、一刻も早く逃げるように
伝えていました。自分のケガよりもえり子を心配する先輩に泣けてきますわ(>ω<)
アイドルデビューが決まったえり子ですが、まだ波乱が待ち受けているようです。

関連記事