シスター・プリンセス -RePure- 第10話 「運命の赤い糸」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/08

シスター・プリンセス -RePure- 第10話 「運命の赤い糸」

sisterprincessrepure_10-01sisterprincessrepure_10-02
(C)天広直人・公野櫻子・メディアワークス/シスプリ製作委員会

ねぇ、お兄様、これからもずーっと私のそばにいてね。どこにも行っちゃダメよ。
お兄様のことを世界で一番愛してるのは私なんだから。
ずっとずっと私がお兄様の一番そばにいたいの。
大好きなお兄様に私のありったけの愛を込めて・・・
お兄様、おやすみなさい♪

sisterprincessrepure_10-03sisterprincessrepure_10-04

「私からのプレゼント、お兄様喜んでくれるかしら・・・。」
咲耶ちゃんはお兄ちゃんへのプレゼントを用意していました。
妹の中でもお兄ちゃんのことが人一倍大好きな咲耶ちゃんですから、
どんなプレゼントを用意しているのかとても気になります。
2期では今まで目立たなかったのですけど、ようやく咲耶ちゃんのターンです。

sisterprincessrepure_10-05sisterprincessrepure_10-06

咲耶ちゃんが校門の前でお兄ちゃんの帰りを待っているところに
春歌ちゃんと雛子ちゃんがやってきて薙刀のお話をしていました。
春歌ちゃんは武道全般や色んなお稽古事をやってる大和撫子な女の子です。
RePureでは洋服ばかり着てますが、本来は和服をいつも着ているんですよ。

雛子ちゃんは春歌ちゃんの薙刀を見て興味を持ったみたいですね。
春歌ちゃんの物マネを披露していましたよ(^ω^)

sisterprincessrepure_10-07sisterprincessrepure_10-08

お兄ちゃんが来てくれて、用意していたプレゼントを渡そうとする時、
お兄ちゃんのポケットに手紙が入っていることに気づきました。
「ねぇ、お兄様。そのラブレターを出した子、ひょっとしたら同じクラスの?」
手紙には名前が何も書かれてなかったので誰からもらったのかわかりません。
わかっていることは下駄箱に入れられていたことだけでした。
お兄ちゃんはとてもカッコいいからモテちゃうのもわかります(^ω^)
でも、お兄ちゃんが大好きな咲耶ちゃんとしては少し気になるところでしょうか。
結局プレゼントを渡せずじまいでしたね。

sisterprincessrepure_10-09sisterprincessrepure_10-10

「よし、決めた!」
咲耶ちゃんの行動開始です~。
すると次の朝、お兄ちゃんの部屋に上がりこんで起こしてましたよ(^ω^)
「一緒に学校に行きましょう♪」
「私はお兄様のボディガードよ。」
咲耶ちゃんはお兄ちゃんに密着して離れない気なのでしょうか?(^ω^;)
さすがのお兄ちゃんも咲耶ちゃんの強引さに負けちゃってますね(笑)

sisterprincessrepure_10-11sisterprincessrepure_10-12

「お兄様へのラブは私が世界で一番なんだから♪」
咲耶ちゃんは学校の中でもお兄ちゃんにべったりくっついてますw

「これだけくっついていれば、さすがにラブレターを出した子もあきらめてくれるわよね。」
咲耶ちゃんはお兄ちゃんに恋人を作らせないつもりですね。
もう妹というよりも彼女のような振る舞いをしていましたよ(笑)
咲耶ちゃんはとても押しが強い女の子なんです(^ω^)
それに最も嫉妬深い女の子でもあるんです。
まぁリアルな女の子に近いといえばわかりやすいかな。
妹として見ればリアルとはかけ離れてますけどね(^ω^;)

sisterprincessrepure_10-13sisterprincessrepure_10-14

「ねぇ、お兄様。赤い糸の伝説って知ってる?運命の人とは生まれた時から
小指と小指が赤い糸で結ばれているの。でね、私・・・」

咲耶ちゃんはお兄ちゃんと赤い糸で結ばれていると思っているんですよね。
そう言おうとしていていたのにお兄ちゃんが・・・
「咲耶ちゃんと赤い糸で結ばれている人はどんな人なんだろう?」
ちょっと咲耶ちゃんは悲しいこと言われちゃったかな。
「もう決まっているじゃない。私が好きな人は1人だけよ。」
それでもお兄ちゃんにアタックしようとする咲耶ちゃんが良かったです(^ω^)

sisterprincessrepure_10-15sisterprincessrepure_10-16

でもでも・・・
「へぇー、咲耶ちゃん好きな人ができたんだ。良かったね。」
全然お兄ちゃんに気づいてもらえませんでしたね。
お兄ちゃんに妹としてではなく、恋人として見てほしいんですよね。
咲耶ちゃんはとてもショックです・・・
「お兄様のバカっ!!」
泣きそうになって走り去ってしまいました・・・。

「お兄様なんていつまで経っても私の気持ちに気づいてくれないんだから。」
咲耶ちゃんは悲しいあまりに夜の海辺の公園のベンチに1人座ってました。
想いが通じないのはしょうがないと思います。
だってお兄様はお兄様であって、恋人にはなれないですからね(涙)

sisterprincessrepure_10-17sisterprincessrepure_10-18

やっぱりお兄ちゃんが後を追いかけてくれました。
「ごめんね、咲耶ちゃん。」
赤いマフラーを掛けてあげるお兄ちゃん・・・。
これが咲耶ちゃんが渡そうとしていたプレゼントだったんですね。
赤い糸の伝説と赤い毛糸を掛け合わせた良いシナリオです(^ω^)

sisterprincessrepure_10-19sisterprincessrepure_10-20

「ねぇ、お兄様。約束してくれる?今度私のうちに遊びに来て・・・ね♪」
咲耶ちゃんとお兄ちゃんが約束の指きりを交わしました。
そして最後にちゃんと付け加えてます。
「もちろんお泊りで!」
咲耶ちゃんらしい・・・(^ω^)
本当の恋人同士に見えちゃいます♪

私が妹の中で好きなキャラは咲耶ちゃんなんですよ。
咲耶ちゃんとお兄ちゃんのやり取りは恋人同士の付き合いのような物語になるので
とても気に入ってるんです。他には亞里亞ちゃんも可愛いので好きかな。
まぁ、シスプリのキャラはみんな可愛いので好きなんですけどね(^ω^)

関連記事