魔法少女まどか☆マギカ 第04話 「奇跡も、魔法も、あるんだよ」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/10

魔法少女まどか☆マギカ 第04話 「奇跡も、魔法も、あるんだよ」

madokamagica_04-01madokamagica_04-02
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS

さやかが好意を寄せている男の子を救うために魔法少女の契約を交わします。

madokamagica_04-03madokamagica_04-04

まどかとさやかは、マミの死を受けてかなり落ち込んでいました。
あんな死に方をするなんて思ってもみませんから仕方ないです(´・ω・`)
私だってビックリして、まだ前回の余韻から抜け出せませんゎ・・・。
「まどかはさ、今でもまだ魔法少女になりたいと思ってる?」
さやかがまどかに尋ねてましたけど、さすがに今の状態では無理というもの。
あまりにも怖すぎるし、あんな無残な死に方をしたくないということで、
まどかの魔法少女になるという決意は完全に打ち砕かれておりました。

madokamagica_04-05madokamagica_04-06

今を思えば、マミは本当に優れた魔法少女だったというわけですね(*´ω`*)
マミのテリトリーの後を引き継ぐ魔法少女が誰になるのかわからないですけど、
まどか達が魔法少女になることを固辞するとなればキュゥべえともお別れです。
「・・・ごめんなさい。私、弱い子でごめんなさい。」(>ω<)
まさか、まどかが魔法少女になることもないままアニメは終わっちゃう!?(汗)
とにかく魔法少女になるのには、大きな代償を支払うほどの覚悟が必要です。
その点を初回から数話に掛けて丁寧に描かれている印象を受けました。

madokamagica_04-07madokamagica_04-08

「あなたは自分を責めすぎているわ、鹿目まどか。あなたを
非難できる人なんて誰もいない。いたら、私が許さない。」

結果的にまどかが魔法少女になる事をやめたので、ほむらとしては良かったのかな。
まどかに接触してくる目的は異なっておりますけど、ほのかもどことなくマミと
似ているような雰囲気があります。最初の印象とは違って悪い人ではなさそう。
「昨日みたいに誰かが死ぬところを何回も見てきたの?」
「そうよ。」
今までに数多くの魔法少女が犠牲になってきたみたいです(汗)
その魔法少女達は命に代えて願いを叶えてきたのでしょうか!?
とにかく魔法少女になる事の厳しさについて語られていました。
これで、まどかが魔法少女になる可能性がほぼ無くなった!?

madokamagica_04-09madokamagica_04-10

「私は覚えてる。マミさんのこと、絶対に忘れない。」
「そう・・・そう言ってもらえるだけで巴マミは幸せよ。羨ましい事だわ。」
まどかとほむらの会話では、魔法少女の孤独さがとても強調されていました。
誰にも知られずに死んだりするのって悲しい事です。まどかの気持ちがわかるゎ。
「あなたは優しすぎる。忘れないで、その優しさが
もっと大きな悲しみを呼び寄せることもあるのよ。」

そんなまどかの優しさにほむらが苦言を呈していました(´・ω・`)
何だかこれからの過酷な運命を予感させているみたいで怖いです。
もうマミのような退場者を出して欲しくないなぁ・・・(>ω<)

madokamagica_04-11madokamagica_04-12

「さやかはさ・・・さやかは僕をイジメてるのかい?」
恭介は大好きなヴァイオリンを弾く事が出来なくなって自暴自棄になってます。
でも、見舞いに来ていたさやかに八つ当たりしていたのはいただけないです(´・ω・`)
どういう経緯で腕をケガしたのかわかりませんが、いったい何があったんでしょう?
さやかが献身的になって恭介の事を心配していますけど、どうやら彼に好意を
寄せているというだけの理由じゃないような気もします・・・(´・ω・`)
「僕の手はもう二度と動かない。奇跡か魔法でもない限り治らない。」
「あるよ。奇跡も魔法もあるんだよ。」
この言葉でさやかが魔法少女になろうと決心したのは間違いないかな。
自分の身に危険を晒してでも彼を救ってあげようとしているのですね。
ただその優しさが、ほむらがまどかに忠告していたように大きな悲しみを
呼び寄せなければいいのですが・・・。

madokamagica_04-13madokamagica_04-14

まどかは、親友の仁美が町をフラフラと彷徨っているのを見かけます。
彼女の首筋に魔女の口づけがあったので危険な状態でした(´・ω・`)
てか、まどか自身も八つ裂きにされそうで危なかったですよ(汗)
このままでは魔法少女になることなく死んでしまいそうですわ(>ω<)

madokamagica_04-15madokamagica_04-16

そんな彼女達を助けるべく、さやかが魔法少女となって現れました。
これは間違いなく、恭介の腕が治るのと引き換えに契約したのでしょう。
さやかは初めて魔法少女として戦っていたのですけど簡単に魔女を倒してた。
でもこういうダークな展開ですと、素直に喜べないといった感じなのですがね(^ω^;)
今後の彼女のことが心配・・・というのがラストで少し描かれていました(汗)

madokamagica_04-17madokamagica_04-18

そのラストで佐倉杏子という新しい魔法少女が登場していました。
この子はちょっと性格に難があるかもしれないです(苦笑)
「こんな絶好な縄張りみすみすルーキーのひよっ子にくれてやるってのも癪だよぇ。」
「どうするつもりだい、杏子?」
「決まってんじゃん。要するにぶっ潰しちゃえばいいんでしょ?その子w」
なんだか魔法少女同士の戦いが始まるような予感がしますけど、本当にまどか達は
大丈夫なのでしょうか!?とにかく、さやかが魔法少女になったということで、
まどかの心に変化が生じるかどうかに注目といったところですね!

関連記事