シスター・プリンセス -RePure- 第08話 「面会日なのです!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/08

シスター・プリンセス -RePure- 第08話 「面会日なのです!」

sisterprincessrepure_08-01sisterprincessrepure_08-02
(C)天広直人・公野櫻子・メディアワークス/シスプリ製作委員会

兄上様
高原の停留所まで続く落ち葉の小道。覚えてます?
さくさく枯葉を踏んでこのまま兄上様のところまで歩いていけたら・・・。
またお手紙します。 鞠絵

sisterprincessrepure_08-03sisterprincessrepure_08-04

可憐ちゃんと白雪ちゃんが一緒にタルトを作ってます。
お兄ちゃんと一緒に鞠絵ちゃんの病院までお見舞いに行くつもりでした。
でも、可憐ちゃんはお兄ちゃんに先に病院に行かせてあげてましたよ。
鞠絵ちゃんは、入院してて普段なかなか会うことが出来ないので、
お兄ちゃんと少しでもお話してもらおうという気配りです。
妹たちはお兄ちゃんだけでなく、妹同士の間でもすごく仲良しなんですよ。
・・・ということで、今回は鞠絵ちゃんのターン。

sisterprincessrepure_08-05sisterprincessrepure_08-06

「早く鞠絵ちゃんのところに行こうよ。」
「亞里亞も兄やに早く会いたい。」
鞠絵ちゃんのお見舞いなのにお兄ちゃんに会う事が目的の雛子ちゃんと亞里亞ちゃん。
可憐ちゃんは、雛子ちゃんと亞里亞ちゃんに急かされて困ってました(^ω^;)
できれば鞠絵ちゃんとお兄ちゃんを少しでも2人きりにさせてあげたいですからね。
仕方ないので可憐ちゃんは買い物で時間を稼ぐことにしました。グッジョブ!
その後もレストランにお食事に連れて行ってあげて可憐ちゃんは苦労様です(^ω^)

sisterprincessrepure_08-07sisterprincessrepure_08-08

お兄ちゃんはもう鞠絵ちゃんのところに到着してました。
鞠絵ちゃんって陶芸をやってるんですね。
これは原作にはないアニメオリジナルの設定です。
陶芸を子供達に教えてあげてました。けっこう上手みたいですよ。

さらに人形劇も演じてあげてます。
療養所では子供達のお姉さんってことですね~。

sisterprincessrepure_08-09sisterprincessrepure_08-10

鞠絵ちゃんの体を心配するお兄ちゃん。
「大丈夫、鞠絵ちゃん?」
「これくらい大丈夫です。わたくし、こう見えても結構力持ちなんですよ。」
それでも病弱なんだからあんまり無理してほしくないですよね。
「早く体を治したいんです。そのためには体力をつけないと。」
とても健気に頑張る鞠絵ちゃん。本当にいい子ですね。
お兄ちゃんを心配させないように元気さをアピールしてました。

sisterprincessrepure_08-11sisterprincessrepure_08-12

鞠絵ちゃんはティーセットを一つだけ買い忘れてました。
お兄ちゃんが自分の分だけいらないと言ってくれたのですけどね。
お茶を入れてあげることしかできない病弱な鞠絵ちゃんとしては落ち込んじゃいます。
鞠絵ちゃんってお兄ちゃんのお世話をしてあげることが好きなんですね。
「前のように元気になったらまた兄上様のお世話をさせてくださいね。」
お兄ちゃんのお世話をしてあげたいことが鞠絵ちゃんの大きな夢なんですよ。
本当に素晴らしい妹だと思います。

お兄ちゃんは少し肌寒くなってきたので鞠絵ちゃんに上着を掛けてあげてました。
お兄ちゃんは鞠絵ちゃんのことをとても気遣ってあげてます。

sisterprincessrepure_08-13sisterprincessrepure_08-14

可憐ちゃんたちが遅れて合流です。
雛子ちゃんと亞里亞ちゃんに振り回されて、
逆方向の電車に乗っちゃったみたいです(笑)
今回の可憐ちゃんは本当にお疲れ様です(^ω^)

鞠絵ちゃんが買い忘れたティーセットを可憐ちゃんが買ってきてくれました。
これでみんなに美味しいお茶を入れてあげられますね。

sisterprincessrepure_08-15sisterprincessrepure_08-16

最後にお兄ちゃんや妹たちに人形劇を披露してあげてました。
鞠絵ちゃんにとってとても楽しい1日になったかな。
それにお兄ちゃんが来てくれたことが良い薬にもなりましたし♪
早く体が元気になってもっとお兄ちゃんのお世話が出来るといいですね!

鞠絵ちゃんって病弱設定ですけど、心はとてもしっかりした強い女の子なんですよ。
ゲーム版では鞠絵ちゃんのシナリオがとても好きでした。
あの優しいお兄ちゃんが妹に「嫌いだ」と言ったのも唯一鞠絵ちゃんだけなんです。
(あくまで元気づけるためにお兄ちゃんが鞠絵ちゃんに言ったんですよ。)
それくらいお兄ちゃんも鞠絵ちゃんの芯の強さを理解してあげているんですね。

関連記事