君に届け 2ND SEASON 第04話 「わかってない」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/02

君に届け 2ND SEASON 第04話 「わかってない」

kiminitodoke2_04-01kiminitodoke2_04-02
(C)椎名軽穂・集英社/「君に届け」製作委員会

好きな人の事で悩み続ける爽子にあやねが相談に乗ってあげます。
恋愛相談はしてもいいけど、それを実行するのは本人次第ですね。

kiminitodoke2_04-03kiminitodoke2_04-04

風早君から投げかけられた「忘れて」という言葉に爽子とても落ち込んでいました。
その言葉の意味を色々と考えようとしても、どうしても悪い方向に考えてしまう。
そんな自分に恥ずかしいという表現をしていたのが彼女らしい部分でもあります。
恋愛をするのに少しぐらいは下心があるのが普通なのに・・・。
その事を後半であやねがしっかりとご教授してくださいますけどね(^ω^)

kiminitodoke2_04-05kiminitodoke2_04-06

「見てて可哀相なんだよ、貞子ちゃん。あんまかまわないでやんなよ。」
健人が風早君を誘って爽子の事について自分の意見を述べてました。
風早君としては爽子の事を放っておけないのですけど、健人君は
その事が爽子を余計に苦しめる結果になっていると言ってました。
確かに健人君の言っている事は少しは的を得ている部分もあると思う。
1期でも風早君を巡って他の女の子から爽子はイジメられたりもしてたし。
風早君はその事実を知っているからこそ、最初は否定はしつつも、
少し考えさせられる部分があったのかもしれませんね(´・ω・`)
とにかく、風早君と健人君はあんまり相性が良くなさそうですわ(苦笑)

kiminitodoke2_04-07kiminitodoke2_04-08

風早君は健人から言われた「遠い(存在)」という言葉をずっと引きずってました。
千鶴からの励ましの言葉も風早君は裏目に取ってしまいさらにヘコんでました。
爽子の事を知っているつもりでも、本当は何も知らないと思ってしまってます(汗)
誰よりも爽子の事を良く知っているはずなのになんでそう思っちゃうのだろう!?
何だか負の連鎖状態で、ますます風早君の事が心配になってきましたわ(´・ω・`)

kiminitodoke2_04-09kiminitodoke2_04-10

爽子は風早君と学校の玄関で顔を合わすのですが上手く挨拶が出来ません(´・ω・`)
風早君の事をとても意識し過ぎて、緊張している状態が続いてますね。
そんな彼女に風早君は優しく挨拶は返してくれたものの、どこか寂しげです。
完全に距離が出来てしまっている状態に私は見ていて悲しく思えた(>ω<)
「(あ・・・間違えた。こんなの別に普通の事だった。元々これが普通なのに
一瞬避けられたかと・・・。何を思いあがって・・・。)」

爽子もまた風早君の事を「遠い存在」として思い始めてます(汗)

kiminitodoke2_04-11kiminitodoke2_04-12

そんな2人のギクシャクした様子を見ていたあやねが、爽子を尋問します(^ω^)
「そもそも、何で風早だけチョコを渡さなかったの!?爽子!
それまで良い雰囲気だったのに。せっかく初詣も2人で行ったのにさ。
いつものお礼とか言って渡せば良かったじゃん。携帯の連絡先だって
教えてもらったんでしょ!あのね、2人で会うとか、チョコを渡すとかだって、
口実なんて幾らでも作れるんだからね!」

流石です!まさにあやねのおっしゃるとおりだと思います!(^ω^)
私が思っていた事の全てをあやねが代弁して言ってくれてますわ(笑)

kiminitodoke2_04-13kiminitodoke2_04-14

「・・・どうしたら良いのかわかんなくなったの。チョコレートはお礼の気持ちでは
渡せなかった。連絡もとても出来ない。私一人が意識し過ぎて挨拶もちゃんと出来ない。
・・・怖い。・・・恥ずかしい。・・・嫌われたくない。下心が・・・欲が出た。」

爽子は今まで悩み苦しんできた理由を正直にあやね達に語り明かしていました。
「怖いのは爽子だけじゃないんだからね。ねぇ爽子、あんたずっとこのままで良いの?
怖いからって何もしなきゃ、今の辛い状態がずっと続くって事なの。それが嫌なら
自分でどうにかしないといけないんだよ。」

そんな爽子にあやねが優しく励ましていたのがとても良かったです(*´ω`*)
こういうシーンを見ていると、やっぱり持つべきものは相談できる親友ですね。
これから恋愛とかに悩んだらすぐにあやねに相談する方が良いかもしれない(^ω^)

kiminitodoke2_04-15kiminitodoke2_04-16

あやねが風早君にも足蹴りをして注意をしてあげていましたw
あやねだけが2人の心情を完璧に把握しているようでした(^ω^)
その正反対に、千鶴は全然わかってなかったけどねぇ~w
このシーンはちょっと笑ってしまいました(^ω^)
あやねは恋愛に関しては素晴らしい考えを持っていますね。
もし、あやねが思っているように、爽子と風早君がちゃんと
付き合えるようになれたら心から本当に幸せになる思います。

kiminitodoke2_04-17kiminitodoke2_04-18

『風早が動けば動くほど、無駄にやっかまれたり、孤立したりするんだよ。』
「・・・わかんね。」
問題は風早君が健人君の言葉に悩んでいる状態が続いていることです(´・ω・`)
彼には爽子と違って恋愛の相談が出来そうな友人がいないのが苦しいところかな。
龍君はそういう恋愛話には疎そうですし、健人君はまだ信用できませんからね。
あやねとしてもそこまでは面倒を見ることはしないと断言しているので、
あとは爽子と風早君同士でなんとか頑張るしかないのでしょう。
とにかく健人君が2人の関係に波紋を投げかけたのは間違いないです。
彼が次にどのような行動をしてくるのかが気になります・・・。

関連記事