機動戦士Vガンダム 第49話 「天使の輪の上で」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/03/13

機動戦士Vガンダム 第49話 「天使の輪の上で」

vgundam_49-01vgundam_49-02
(C)創通・サンライズ

エンジェル・ハイロゥへ向かうウッソの前にカテジナが立ちはだかります!
あらゆる手を使ってウッソの弱点を突こうとしますが・・・

vgundam_49-03vgundam_49-04

ウッソはシャクティを救出するためにエンジェル・ハイロゥに向かおうとします。
しかし、その前にマーベットさんやシュラク隊のみんながV2ガンダムの新しい
装備を持ってきてくれました。これで防御能力がアップしたみたいですね。
ちなみにこの装備をしたV2ガンダムをV2アサルトガンダムと呼びます。
ウッソがマーベットさんの赤ちゃんを感じるシーンはやっぱ凄いと思う。
でも戦闘の最中にまったりと会話している場合はありませんけどね(^ω^;)

vgundam_49-05vgundam_49-06

「戦場に静止している部隊がいる!何がいるんだかわかるんだよ!私には!」
今回のカテジナは新型モビルスーツのゴトラタンで出撃しています。
長距離戦から接近戦までバランス良く戦える高性能なモビルスーツです。
あとウッソ達の気配に気づいたカテジナもニュータイプに間違いなさそうです。
どちらかといえば、強化人間に近いと言った方がいいかもしれませんがね。
性格が様変わりしてるし、情緒不安定なところも見せているし・・・(苦笑)

vgundam_49-07vgundam_49-08

「正義を振りかざしているつもりの子供など消えろっ!!」
カテジナが執拗にウッソのV2ガンダムに攻撃を加えてました。
もうこのお嬢様が元に戻るのは絶対に無理っぽい感じだゎ(^ω^;)
ウッソはV2の光の翼でカテジナを翻弄して突破していました!
ガンダムには色んな武器があるけど、この光の翼は威圧感があるゎ。
それにこの翼に触れただけで帝国のモビルスーツをいっぱい撃破してたし。
「ごめんなさい!」
ザンスカールの戦艦を沈める時に謝りながらビームを放っていました。
何だかウッソとカテジナだけで戦果が次々と上がってる気がする(^ω^;)

vgundam_49-09vgundam_49-10

ウッソとカテジナとの戦いの場はエンジェル・ハイロゥへと移っていきます。
しかし、ビーム砲がエンジェル・ハイロゥに直撃すると、沢山のサイキッカー達が
宇宙空間へと飛ばされていきました。このままでは無闇に撃つ事ができません(汗)
戦いに一般市民までも利用する帝国の非情さが表れていると思います(´・ω・`)

vgundam_49-11vgundam_49-12

「坊や、ボヤボヤしないでリング(エンジェル・ハイロゥ)に突入しなさい!」
カテジナによってシュラク隊のユカさんが戦死してしまいました。
もうカテジナの戦闘能力はかなりレベルアップしています(´・ω・`)
今の彼女を食い止められるのはウッソのV2ガンダムだけかもしかない!?
ウッソはユカさんの死を無駄にしないためにもリング内部へ向かいます。

vgundam_49-13vgundam_49-14

カテジナはウッソが美人の女に弱い性格を知って肉弾戦を仕掛けてました(笑)
さすがに女性の近衛兵達もこの作戦には難色を示していましたわ。
まぁ、そりゃ戦争で水着姿で戦うなんて事は想像つきませんものね(^ω^;)
とにかくウッソの心理を混乱させてV2ガンダムを討ち取ろうとしてました。
さすがガンダム作品ですわ。単なる水着回なんてことはありません。
水着を見せるのにもちゃんと理由付けがしっかりと出来てますw
「何で裸の女の人なんだ!?何でっ!?こんなウソだ!ウソだ!ウソだぁ!」
ウッソは幻覚だと錯覚してしまったりして、かなり焦っていました。
そして女性兵士をビームサーベルで殺してしまっていました(´・ω・`)
絶対に生身の人間は殺さないと思っていたので私は驚きましたよ(汗)
これは彼が戦いの中で変わっていってることがわかるシーンでした。

vgundam_49-15vgundam_49-16

「こんなにも汚い手を使う人に僕は恋なんてしませんよっ!」
「じゃあ、あたしを殺してごらん?坊や。」
ウッソはカテジナの卑怯な戦い方にブチギレしていました。
彼女に抱いていた初恋感情はすでに無くなっているようですね。
まぁ当然というか当然か。・・・普通は冷めるよね(^ω^;)
「消えて・・・消えてくださぁぁいっ!!!」
「なっ!?何!?・・・わ、私を殺そうとした!?」
ウッソは何のためらいもなくカテジナを殺そうとしてました。
この辺なんかもウッソが戦いで変わっているのが伺えるシーンでした。
カテジナだけじゃなく、ウッソも危険性を帯びているのかもしれない!?(汗)
「幻を振り切って、私の事まで振り切ったか・・・。アハハハハハ」
カテジナさんは悲しそうにしてました。今までは自分に付きまとうウッソを
ウザいと思っていたけど、いざ振られちゃうと寂しさを感じるのかもね(^ω^;)

vgundam_49-17vgundam_49-18

カテジナを突破したウッソはキールームでカガチと対面します。
「増えすぎた人類こそ真理を踏み越えたのだ。そういう人類は消えた方がよい。」
「一人の頭でっかちの老人のお陰で人類が全滅するなんてっ!」
たった一人で敵の中枢に進入できるウッソは凄い子だと改めて思います。
それにしても何回も書いてますけど、ザンスカールの警備はなっていない(苦笑)
カテジナさんが近衛兵に文句を言いたくなるのもわかる気がしますわ(^ω^)
とにかくウッソはシャクティを連れ出して何とか脱出をしていました。
この時にシャクティがサイキッカー達のうめき声を聞いて叫んでいました。

vgundam_49-19vgundam_49-20

「あそこ(エンジェル・ハイロゥ)には私と心を振るわせた人が何万人もいるのよ。」
少々シャクティの様子が心配でしたけど、どうやら無事みたいで良かったです。
ザンスカール帝国の市民達を救い出す方法があればいいのですけどね・・・。
戦いの舞台は再び地球へと移って最終決戦へと突入していきます。

関連記事