機動戦士Vガンダム 第48話 「消える命 咲く命」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/03/08

機動戦士Vガンダム 第48話 「消える命 咲く命」

vgundam_48-01vgundam_48-02
(C)創通・サンライズ

女性は命を育み、男性はその環境を守る・・・

vgundam_48-03vgundam_48-04

エンジェル・ハイロゥの防衛の任に付いているムッターマ・ズガンの艦隊は、
タシロがリガ・ミリティアを引き付けている間に地球への進撃を進めます。
これまで数々の戦いに勝利を収めてきた無敵艦隊なのでリガ・ミリティアや
連邦軍の兵士達も彼の事を恐れていました。つまりカガチの懐刀ですわ。
今までにもその武勇伝だけは何度か語られてきましたけど、ようやく
彼の実力というものが見られるというわけですね・・・。

vgundam_48-05vgundam_48-06

「・・・私は穏やかな人類を地球に再生したいのだ。しかし、
戦争しか知らない連中は殺しあって、全て消滅すればいい。」

カガチは、マリア女王の代わりにシャクティを使って人類退化作戦を進めます。
それを食い止めるためにも、ムバラク提督が地球連邦軍を指揮していきます。
それにタシロ大佐の艦隊も健在なのでまだまだ情勢は不安定なところですわ。

vgundam_48-07vgundam_48-08

「(感応する魂を持った少年達よ。倒すべき敵は私と共にいます!)」
マリア女王は思念波を発してウッソをシュバッテンに呼び寄せていました。
そのウッソを援護するためにオデロやトマーシュも頑張って戦ってました。
「どこまでも私の前に現れるのだ、白い奴!
どうしたファラぁ!?白い奴が来てるぞっ!」

前回からタシロ大佐の表情を見ているととても危ないように見えましたが、
やっぱり頭の中が混乱しているようですね。・・・てか、精神崩壊状態かも(汗)
「生きている者が死んだ者に助けを請うてはいけません!」
そんなタシロ大佐にマリア女王が叱責してました。まぁ当然の意見ですけどね。
でも、もう彼の耳には届かないと思うゎw

vgundam_48-09vgundam_48-10

「全ての災いの元は私なのです。ウッソ少年、私を撃ちなさい!」
マリア女王が自分と一緒にタシロを撃つように言ってました!(汗)
「それは違いますよ!あなた(女王)に変わる人なんて幾らでもいます。
でもシャクティのお母さんはあなたしかいないんですよ!」

マリアは、女王としては完璧な人なのでしょうけど、お母さんとしては
ちょっとダメダメな感じがします。それはシャクティとの再会の場面でも
私は少し感じていたのですけどね。・・・やっぱりといった感じでした(´・ω・`)
ウッソの方が子供なりにしっかりした考え方を持ち合わせていると思います。

vgundam_48-11vgundam_48-12

頭に血が上ったのか、タシロ大佐が突然マリア女王を撃ってしまいました。
大切な人質なのに殺してどうする!?・・・て、もう何を言っても無駄かな(苦笑)
とりあえずタシロ大佐の退場フラグが完璧に立ってしまいました~(^ω^;)
ウッソの驚愕と怒りの思念波がシャクティにも伝わっていたようですね。
エンジェル・ハイロゥのシステム動作に異常をもたらしていました。

vgundam_48-15vgundam_48-16

「フハハハハハハ、私に逆らうからこういう事になるのだ。」
「うわぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーっ!!!!!」
ビームサーベルでタシロ大佐の体を一瞬で蒸発させていました。
結局、タシロ大佐ってファラがいなかったら何も出来ないのかな?(苦笑)

vgundam_48-19vgundam_48-20

「え!?何です?あなたの体を焼けというのですか?
そっか、火で焼いて・・・綺麗にするんですね?」

ウッソが独り言のように呟き始めた時はちょっと怖さを感じてしまったゎ(^ω^;)
死体になったマリアと会話していたのですけど・・・大丈夫かな?
この辺なんかもガンダムらしい演出だったと思います(*´ω`*)
とりあえず、ウッソはマリア女王をシュバッテンと共に葬ってあげました。

vgundam_48-21vgundam_48-22

タシロ艦隊が全滅した事を聞いて、クロノクルは焦って出撃しようとします。
「今、タシロの尻拭いをされても司令のお力を示す事になりませんが!
・・・彼らはどの道エンジェル・ハイロゥを追ってくるのです。」

しかし、カテジナがクロノクルの行動を制止してあげていました。
戦場の空気を読む力はカテジナの方が優れているかもしれません。
「(そうだよ、そそっかしさではなく、真の強さを私に見せて欲しいのよ。)」
これに関してはカテジナさんと全くの同意見ですわ。
クロノクルは艦隊司令になってから全然目立った活躍していませんものね。
まだモビルスーツで戦っている方がカッコ良かったように思いますわ。
ホント、ザンスカール帝国の男性って階級が上がるとダメになってくw
せめて女性キャラに負けないくらいに頑張ってほしいな(^ω^)

vgundam_48-23vgundam_48-24

カルルが、シャクティの思念波に共鳴して居場所を感じてました。
ウッソは命を育む素晴らしさを感じ取っていたのかもしれません。
マーベットさんと会話して少しは癒されたようで良かったです。
そして、決戦を前にウッソ達はひと時の休息を取っていました。
Bバートは久しぶりにまったりとした雰囲気で描かれてました(*´ω`*)

vgundam_48-25vgundam_48-26

「私はエンジェル・ハイロゥを戦争を喚起した者に使ってみせる。」
最後にクロノクルが不穏な動きを起こそうとするシーンが描かれてました。
「その力をカガチやズガンに向けて使うのですか!?」
「白い奴の首をカガチの前に差し出して、エンジェル・ハイロゥの波動の下に
引き出すのだ。そうして、あの2人を腐った赤ん坊にしてやるのさ。」

クロノクルまで、タシロのようにカガチと敵対しようとしているみたいです。
姉のマリア女王が亡くなったので、今度は自分がシャクティと共に帝国を
導いていこうとするつもりなのかもしれませんね。帝国内部はゴタゴタだw
エンジェル・ハイロゥを沈黙させるためにもリガ・ミリティアと地球連邦軍は、
ズガンの無敵艦隊とクロノクルのモトラッド艦隊を突破しなくてはいけません。
ついに最後の決戦が始まろうとしています・・・(>ω<)

関連記事