機動戦士Vガンダム 第47話 「女たちの戦場」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/27

機動戦士Vガンダム 第47話 「女たちの戦場」

vgundam_47-01vgundam_47-02
(C)創通・サンライズ

一人の戦士から女になった時、鈴の音が鳴り止んだ……

vgundam_47-03vgundam_47-04

エンジェル・ハイロゥから放射されるサイコウェーブにより、地球の人々に
退化現象が見られるようになりました。このままでは地球上の人類がみんな
赤ちゃんのように幼児化してしまい、やがて死んでしまう事になります(汗)
これを食い止めるためにも、リガ・ミリティアは頑張らなくてはいけないのですが、
ウッソ達の前にファラの乗るゲンガオゾが立ちはだかってきます!
「坊や、もう逃げられやしないんだよ。」
鈴の音が宇宙に鳴り響いてましたわ。もちろん今回はファラに注目です!

vgundam_47-05vgundam_47-06

ウッソは機雷を放出して、ゲンガオゾの近くで爆発させていました。
このV2バスターガンダムには色んな武装が施されてますね(^ω^)
「タシロのところには行かせないっ!!」
少し意表をつかれたファラですけど、すぐに体勢を立て直して追いかけます!
楽しみにしていたウッソとの戦いですから、機会を逃すわけにはいかないものね(^ω^)

vgundam_47-07vgundam_47-08

「ウッソ少年、シャクティはクロノクルと共にエンジェル・ハイロゥに残っています。
……私は大人であり過ぎました。邪念と情念に取り付かれたのでしょう。」

突然、ウッソの心の中にマリア女王の声が聞こえてきました!?
この辺になってくると、ウッソの感覚がとても敏感になっています。
もう完全にニュータイプに覚醒している状態ですね♪(*´ω`*)
「坊や!私の前で他の女に気を取られるのか!?
そいつは目の前の女に対して無礼だろうがっ!」

まさにファラさんのおっしゃるとおりです(笑)
今は戦いの最中なので、浮気している場合じゃない(苦笑)

vgundam_47-09vgundam_47-10

「お前にはメッチェのところに行ってもらいたいんだよ!」
「僕は、あなたを好きにはなれませんよっ!」
ウッソはV2ガンダムを分離させて、上手くファラを撹乱させていたのですが、
残ったコアファイターだけで戦うのは無理というもの……(汗)
分離攻撃は強みではあるけど、逆に弱みも持ち合わせてます。

vgundam_47-11vgundam_47-12

「みんなギロチンで一刀両断にしてやるっ!!」
ウッソがファラに倒されそうになっていたところを、マーベットさんが
援護に来てくれました。ちょっとヤバい状況だったので良かったです。
ただ、今のままではマーベットさんまでやられてしまいそうでしたが……
「何だぁ!?1つの命の中に2つの命があるというのか!?何故だっ!!!」
ファラがマーベットのお腹の赤ちゃんの鼓動を聞いて動揺してました。
他人の妊娠までわかっちゃうなんて凄いですわ……(^ω^;)
この辺はガンダムらしい演出だなぁって思いました。

vgundam_47-13vgundam_47-14

ファラが一瞬だけ隙をみせたので、ウッソが攻撃を加えていたのですけど、
なぜあんな無人状態のガンダムの腕を動かせたのかわからなかったです(苦笑)
あらかじめコンピュータシステムに動作プログラムを組んでいたのかな?
それともV2ガンダムには不思議な能力が隠されているってことでしょうか?(^ω^;)

vgundam_47-15vgundam_47-16

「首を落とせば命も消える!そうすれば命の輝きに脅かされる事もなぁいっ!」
「ギロチンの鈴など捨てれば楽になるんですよ!ファラさんっ!」
ファラの決死の突撃もウッソの攻撃に阻まれてしましました。
鈴の音がシャンシャンと最後の音色を奏でていましたゎ……。

vgundam_47-17vgundam_47-18

「あなたは女性でありすぎたんですっ!!」
ウッソがファラにお別れの言葉を叫びながら突撃してました。
「あれ(ビームサーベル)も光?命も光。ギロチンの刃も光る……」
ギロチン執行人の家系に生まれ育ってきた苦しみ……
宇宙漂流の刑により漆黒の闇を漂い続けた苦しみ……
そして、愛する人(メッチェ)の子供を産みたかったという心の痛み……
それらのファラの苦悩がこのセリフにすべて凝縮されているように思えました。

vgundam_47-19vgundam_47-20

「タシロォーーーーッ!!!あとはお前一人でやってみなぁぁぁーーーーっ!!!」
呪縛から解き放たれたように、ファラの体から鈴が外れ散っていました。
この時だけ、彼女は一瞬の安らぎを得ることが出来たようにも見えました。
『メッチェ……今行くからね。』
そして、ファラは愛するメッチェのところに旅立っていきました……。
V2ガンダムの中でも名場面ともいえるファラの退場シーンでした!

vgundam_47-21vgundam_47-22

「(少年達……子供達……来なさい。)」
マリア女王が、ウッソ達をタシロのシュバッテンへと導こうとしてました。
大人ではダメなような事を言ってましたので、子供でもあるウッソ達に
今の状況を打開してもらおうとしているのかな?
ウッソ達を追ってリガ・ミリティアと連邦軍も進撃してくるので、
タシロ大佐にとっては面白くないでしょうね(^ω^;)

vgundam_47-23vgundam_47-24

「何だ、この変な展開は!?こんな風に仕掛けられる奴がいるとすれば・・・
マリア!?……そうなんだな?ファラをあの女がっ!?」

さすがにタシロ大佐もマリアの仕業だと気づいてました。
「クロノクルのように小さな魂しか持てない人間の、その小さな我執が
スペースコロニーの時代を呼んだのだとなぜわからないのです!」

「一度はギロチンに掛けられそうになった私だ。すでに死後の世界に生きている。」
タシロ大佐の描写を見ていると、精神状態がヤバそうに感じますわ(汗)
今の状態ではマリア女王が何を言い聞かせても無理でしょうね。
……てか、マリア女王の言葉が難しくてよくわかんないけどね(苦笑)

vgundam_47-25vgundam_47-26

新たな女王シャクティを利用して人類抹殺を続行するカガチ……。
一方、マリア女王を盾にして帝国の実権を握ろうとするタシロ大佐。
この2人による権力闘争にウッソ達がどう絡んでいくのかが気になります。
もちろんクロノクルとカテジナもこのまま黙っては見ていないでしょう……。
戦いの行方は最終局面に向かっていきます。

関連記事