ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン - アニメとゲームと恋の楽園
2011/01/16

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

finalfantasy7ac_01-s01.jpgfinalfantasy7ac_01-s02.jpg
(C)2005 スクウェア・エニックス

大人気ゲーム「FF7」の2年後の世界を描いた作品の感想です。
もちろん私は原作ゲームを完全コンプリートしています(^ω^)b

finalfantasy7ac_01-s03.jpgfinalfantasy7ac_01-s04.jpg

「・・・俺の仕事は荷物の配達だ。」
クラウドは運び屋として仕事をしているのですが、星痕症候群という病に
侵されていているためにティファとは離れて暮らしていました。
そんな彼は仕事でレノやルーファウスと久しぶりに再会するのですが・・・
「お前は孤児達と一緒に住んでいるそうだな?その子供達に笑顔を
取り戻したくはないか?・・・我々の最終目的は世界の再建だ。」

わぉ、ルーファウスが生きてる!?(^ω^;)
この作品ではゲームで死んだと思われたキャラが何人か生きていますよ。
そんなに憎めないキャラ達ばかりなのでファンの方は嬉しいでしょうね。
ちなみに私はFF7で好きなキャラはレノだったりします(^ω^)
ゲームを知らない人にわかりやすく例えるなら、ガンダム00に登場する
コーラサワーのような人を想像していただければいいかもしれません(笑)

finalfantasy7ac_01-s05.jpgfinalfantasy7ac_01-s06a.jpg

ティファは、マリンとデンゼルと一緒に暮らしていました。
大好きなクラウドが行方知れずなので寂しそうにしてます。
この2人はまだラブラブな関係になってないのでしょうか?(^ω^)
まぁ付き合ったら付き合ったでエアリスのファンが悲しむか・・・。
あと、花が咲いている教会を見て、エアリスを思い出す人もいると思う(*´ω`*)
その教会にクラウドを襲っていたカダージュ一味がやってきます。
ここでのティファのバトルがスピード感に溢れていて凄かったです。

finalfantasy7ac_01-s07.jpgfinalfantasy7ac_01-s08.jpg

私はエアリスもティファも同じくらい好きですっ♪(*´ω`*)
色んなゲームを遊んでますけど、これは珍しいことです。
それくらいエアリスもティファも素晴らしい子だと思ってます。
もちろんクラウドがどちらと付き合っても良いと思ってますよ(^ω^)
でも、エアリスはゲームの途中で・・・(涙)

finalfantasy7ac_01-s09.jpgfinalfantasy7ac_01-s10.jpg

ゲームでは隠しキャラ扱いだったヴィンセントとユフィも大活躍してました。
カッコ良く登場したもののパラシュート酔いしていたユフィが面白かった(^ω^)
シドもバレットも相変わらずですし、ケット・シーはレッドXIIIに乗ってた。
あれ?そういえばモーグリのぬいぐるみになぜ乗らないんだろう?(苦笑)

finalfantasy7ac_01-s11.jpgfinalfantasy7ac_01-s12.jpg

カダージュ一味は、『母さん(ジェノバ)』を探していました。
そのために召喚獣のバハムート震まで呼び出しちゃうし、街は大混乱(汗)
ついでにセフィロスの復活も目論んでいるのかもしれません。
この辺の話はゲームを遊んでいないとわからないかも・・・(苦笑)
あとレノとルードのコンビもメインキャラ級の見せ場を作ってました(^ω^)
ちゃんと逃げ遅れた子供達を助けてあげていたので素晴らしいです。
この作品を見ているとレノはかなり強いキャラだというのがわかります。

finalfantasy7ac_01-s13.jpgfinalfantasy7ac_01-s14.jpg

「軽くなった気がする。引きずりすぎて擦り減ったかな・・・。」
過去の出来事から悶々とした日々を送ってきたみたいですけど、
クラウドはこの戦いで自分自身と向き合おうとしていました。
みんなの力を借りて空高く舞い上がっていくシーンは良かったです。
ちゃんとエアリスも手を差し伸べてくれましたしねぇ~♪(*´ω`*)

finalfantasy7ac_01-s15.jpgfinalfantasy7ac_01-s16.jpg

バイクに乗りながらのバトルシーンも派手に再現されていました(^ω^)
召喚獣との戦いも熱かったですし、バトルシーンは見応えがある!

finalfantasy7ac_01-s17.jpgfinalfantasy7ac_01-s18.jpg

「久しぶりだな・・・クラウド。」
クライマックスでは、あのセフィロスが復活してましたぁ♪(>ω<)
このシーンを見た時はもうドキドキしてしまいましたわ。
やっぱFF7のファンならセフィロスとのバトルは見たいものですよね。

finalfantasy7ac_01-s19.jpgfinalfantasy7ac_01-s20.jpg

「哀れだな。あんたは何も分かっちゃいない。大切じゃない物なんか無い!」
クラウドが究極リミット技の超究武神覇斬を叩き込んでました!
ゲームをやっている人にとっては嬉しい演出ですね♪(*´ω`*)

finalfantasy7ac_01-s21.jpgfinalfantasy7ac_01-s22.jpg

「思い出の中でジッとしていてくれ。」
「私は思い出にはならないさ。」
セフィロスがライフストリームに還らずに消滅していきました。

finalfantasy7ac_01-s23.jpgfinalfantasy7ac_01-s24.jpg

星痕症候群に侵されていた子供達が教会の中に溜まった水で治っていました。
エアリスとの思い出のお花は残念ながら消えてなくなってしまいましたけど、
このようにエアリスの癒しの水が湧き出てくるなんて少し感動です。
治癒魔法が得意なエアリスらしい演出だと思いました(*´ω`*)

finalfantasy7ac_01-s25.jpgfinalfantasy7ac_01-s26.jpg

「もう大丈夫・・・だね。」
「うん。俺は・・・一人じゃない。」
エアリスは、クラウドの事をずっと見守ってくれていたみたいですね。
ゲームでのエアリスのお話はモヤモヤしたものが残ったままでしたけど、
この作品を見て少しは心の整理がついたような印象を持ちました。

finalfantasy7ac_01-s27.jpgfinalfantasy7ac_01-s28.jpg

EDは、氷室京介さんで「CALLING」

★総評★
ゲームをプレイした人にとっては誰もが満足するような作品でした。
映像の動きが素晴らしく、ストーリーのテンポも良かったです。
特にバトルシーンはとても迫力があって目を見張るものがありました。
ゲームの後日談を描いた作品ではありますが、トゥルーエンド的要素も
含まれていたので、とても満足させていただきました♪(*´ω`*)

関連記事