true tears 第12話 「何も見てない私の瞳から・・・」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/02/01

true tears 第12話 「何も見てない私の瞳から・・・」

truetears_12-01truetears_12-02
(C)2008 true tears製作委員会

同じ男の子を好きになってしまった女の子達の心の葛藤と
妹を好きになってしまった兄の苦悩が綴られてます。

truetears_12-03truetears_12-04

「やっぱり自分で決めなきゃ泣けないのね・・・。飛べないあなたを軽蔑してたのは、
飛べない私と同じだと思ったから。でも違った。あなたは飛ばない事を選んでたの。
胸を張って、まっすぐ前を向いて・・・それは飛ぶ事と同じ。」

乃絵のこのセリフはニワトリに対して言っているのですけど、
視聴者側から見れば眞一郎に言っているようにも聞こえます。
そんな彼女に対して、眞一郎は完成した絵本の話をするどころか
声も掛けることができませんでした・・・。

truetears_12-05truetears_12-06

「全ての事に向き合うのを避けてきたのは俺だ・・・」
眞一郎は乃絵のセリフを聞いて、本当の自分と見つめ合うようになります。
押入れの中に入って、独り言のように本音を呟いてました。そして
赤ちゃんのモノマネもしてたけど、心の中で何かを掴んだのかな?(^ω^;)

truetears_12-07truetears_12-08

麦端祭りの日が来たので、眞一郎は着替えて準備をします。
比呂美が眞一郎の身支度を手伝ってあげていましたね。
もう奥さんみたいです。周囲の人達も認めてたし(^ω^)
眞一郎は麦端祭りで練習してきた踊りを披露していました。

truetears_12-09truetears_12-10

乃絵は眞一郎の踊りを見に行かないようにしていたのですが、
やっぱり好きになった人の踊りだから気になるのでしょうね。
「眞一郎を見に来たのかなぁ?」
「・・・彼女は私です。」
乃絵の姿を見つけて愛子が呟きますが、それを聞いて比呂美が
きっぱりと正妻宣言をしてましたわ。さすがしっかりしてる(^ω^)
こうなっては愛子が立ち入る隙はないので白旗をあげてましたね。

truetears_12-11truetears_12-12

比呂美は乃絵を追いかけて「(私達を)そっとしておいて」と言ってました。
愛子や乃絵を含めた恋愛関係にケリをつけるのは比呂美のようです。
涙を流しながら乃絵に眞一郎との関係の解消をお願いしてました(´・ω・`)
こういう時こそ男の子の眞一郎がしっかりしなくちゃいけないのにね。
眞一郎はいったい何してんだろう?って思ってしまいましたわ(苦笑)
「綺麗よ・・・あなたの涙。」
乃絵は身を引くことにしました。まぁ眞一郎が本当に好きな人が
誰なのかもすでに気づいているので、残念だけど仕方ないかな。

truetears_12-13truetears_12-14

「キスしてもいいか?」
純が乃絵にキスをしたいと言ってました(^ω^;)
乃絵は幼い頃からよくスキンシップをしてきたので、
頬にキスされるものだと思っていたみたいです。

truetears_12-15truetears_12-16

でもお兄ちゃんが唇にキスしようとする時に・・・
乃絵は思わず身を引いてしまいました。
唇へのキスはいくら兄妹だからって変ですよね(^ω^;)
「・・・お兄ちゃん!?」
「俺のしたいキスは、たぶんこういうキスだったんだ。」
純は今まで抑制してきた感情を正直に打ち明けていました。
これって普通の告白と違って、かなり勇気が要ると思う(´・ω・`)

truetears_12-17truetears_12-18

「いろんなことを勝手に決めたけど、もうお前のそばにいるのが辛いんだ。」
純は幼い頃から乃絵を見守りながら、妹への恋愛に苦しんできたのでしょう。
眞一郎と付き合わせようとしたのも、自分の禁断の想いを打ち消すためかも!?
「(お兄ちゃんの気持ちにも気づかない。湯浅比呂美の気持ちにも気づかない。
眞一郎の本当の気持ちにも気づかない・・・)」

突然のお兄ちゃんからの告白を受けて、乃絵はかなり動揺してました。
乃絵は人の心を読むのが得意だと思っていたのですけど、恋愛感情に
関しては苦手といったところかな。これは誰にとっても難しいよね~。
人の気持ちが理解できるのなら、だれも恋愛に悩まないはずですから(´・ω・`)

truetears_12-19truetears_12-20

比呂美は、眞一郎の踊りを見に来ていた乃絵を見かけます。
近づかないようにお願いしたのに、それでも来ていたので
比呂美は相当不安に感じていたんだと思います(´・ω・`)
眞一郎としてはこのままの状態ではいけませんよね。
自分から乃絵とちゃんと会って話をしなければいけません。
「置いてかないで・・・置いてかないで・・・」
比呂美は、乃絵に会いに行こうとする眞一郎を心配そうに
見つめてました。この辺も複雑な乙女心を見せてました。

truetears_12-21truetears_12-22

眞一郎が乃絵に会いに行くと、乃絵が高い木によじ登ってました。
2人が始めて出会った思い出の木なのですが・・・
あわゎゎ、乃絵がいきなり木から飛び降りちゃったぁ~(汗)
まさか失恋のショックから飛び降りちゃったのでしょうか!?
今の乃絵の気持ちも分からなくはないですけど、さすがに
木から飛び降りるのはいけないと思う。とても心配です・・・(´・ω・`)
最終回は、どのような結末が待っているのかが気になります。

関連記事