センチメンタルジャーニー 第09話 「保坂美由紀 -私らしく明日へ-」 - アニメとゲームと恋の楽園
2009/03/12

センチメンタルジャーニー 第09話 「保坂美由紀 -私らしく明日へ-」

sentimentaljourney_09-01sentimentaljourney_09-02
(C)1998 SUNRISE INC.

舞台は金沢。着物と絵が大好きな女の子のお話です。
将来への不安と焦りなどを感じ始める年頃ですけど、
今の自分をじっくりと見つめるのも良いことですね。

sentimentaljourney_09-03sentimentaljourney_09-04

保坂美由紀は、呉服屋のお嬢さん。着物の知識が豊富でした。
そのため将来はお店の後継ぎとして周囲から見られていました。
でも、美由紀本人としては家業を継ぐことに少々戸惑いもあるようですが・・・
また、お友達に誘われて美術館にも行ってました。美術についても詳しそう。
とにかく着物姿がとても似合う女子高生ですね(*´ω`*)

sentimentaljourney_09-05sentimentaljourney_09-06

美由紀のお爺さんは後継者になってほしいのでお見合いをセッティングします。
いくらなんでも美由紀はまだ高校生なのに早すぎると思う・・・(^ω^;)
なるほど。美由紀のもやもやした気持ちがわかる様な気がします。
「私、やっぱりお見合いしない。」
もちろん美由紀はお爺さん達の前で強く反対していましたよ。
さすがに知らない男の人と付き合うなんて考えられないですね(´・ω・`)

sentimentaljourney_09-07sentimentaljourney_09-08

学校の友達にお見合いについて相談していました。
どうしてもお見合いをぶっ壊したいということで、
もうバレバレな嘘を考えてましたよ(^ω^;)
高校生なのに隠し子作戦は無理がありすぎるでしょ~w
「協力してくれる?お見合いぶっ壊し作戦!」
「おぉーーっ!」
とにかく意気込みだけはありそうでした(^ω^)

sentimentaljourney_09-11sentimentaljourney_09-09

お爺さんの方からお見合い話をキャンセルされてました。
どうやら昔風な物の考えを少し改めたようです・・・。
美由紀としては安心というか、ちょっと拍子抜けです(^ω^)
今度は、母から親戚の子の案内を頼まれていました。
美由紀はしっかりしているので周囲から信頼されてます。
そして待ち合わせ場所に向かったら、あのお見合い写真の男性が・・・
「私、帰ります。お見合いなんてするつもりないですから。」
親にハメられたと思った美由紀は、すぐに帰ろうとしました(^ω^;)
「君は、お見合いしたくないって、ちゃんと自分の意思を表現できるんだね。」

sentimentaljourney_09-12sentimentaljourney_09-13

親戚のカオルさんと一緒に兼六園に行ってあげることにしました。
ちょっと頼りなさそうな男性なので一人では心配ですからね(^ω^)
少しずつ2人は打ち解けて一緒に食事をして楽しんでましたよ。
美由紀はカオルさんに初恋の男の子との思い出話をしていました。
初恋の子から着物姿を褒められたことが着物を好きになった理由みたい。
でも、将来のことを考えると不安もあるという感じです・・・。

sentimentaljourney_09-17sentimentaljourney_09-14

美由紀は着物の販売戦略についてかなり良いアイデアを持ってました。
インターネットの利用や若い感性で着物をアピールしていきたいと、
話していました。高校生とは思えないくらいに商売上手かも!?
「美由紀さんは、不安はないのですか?」
「不安なんて・・・ありまくりですよ。」
将来への不安は誰もが少なからず持っているものですよね。
カオルさんも美由紀の話を聞いて感じる部分があったようです。

sentimentaljourney_09-18sentimentaljourney_09-15

結局、お見合い話はカオルさんの方からお断りしたということに。
カオルさんは今しばらくじっくりと将来を考えたいようですね。
もちろん美由紀も急がずに今の自分を見つめなおすつもりです。
まだ高校生ですし、これから進路について考えていけばいいと思う。
しっかりしているので素敵な大人になって頑張れると思います。

関連記事