true tears 第08話 「雪が降っていない街」 - アニメとゲームと恋の楽園
2011/01/17

true tears 第08話 「雪が降っていない街」

truetears_08-01truetears_08-02
(C)2008 true tears製作委員会

眞一郎と乃絵が付き合い始め、比呂美の心が揺らいでいく・・・

truetears_08-03truetears_08-04

「お兄ちゃん。眞一郎が私の事を好きだって♪付き合ってくれって・・・♪」
乃絵は、大好きな眞一郎から告白されてとても喜んでいました(*´ω`*)
亡くなったお婆ちゃんに報告したり、お兄ちゃんにも打ち明けてましたよ。
表情を見ても、今の乃絵は恋が成就した幸せでいっぱいなのが伺えます。

truetears_08-05truetears_08-06

「ゴメン・・・俺、愛ちゃんの事をそんな風に見れない。幼なじみの姉ちゃんで・・・
三代吉の彼女で・・・。俺、忘れるから。今日の事、無かった事に。」

愛子から突然の告白を受けた眞一郎ですが、その場ですぐに断ってました。
友人の彼女でもあるので、この断り方はある程度仕方がないと思います。
乃絵の事や比呂美の問題も抱えているので、ちょっと憂鬱な眞一郎でした。
ただ、愛子の涙を見てると失恋のショックがかなり大きいかな(´・ω・`)
彼女の涙を拭って上げられる人がいればいいのですがね・・・

truetears_08-07truetears_08-08

「私、眞一郎にはいつも空を見ていてほしい。」
眞一郎と乃絵は、付き合うようになってから一緒に帰るようになりました。
2人の様子を見ていた比呂美が嫉妬心を抱いてるのがもう見え見えです~w
また乃絵と比呂美の間に一波乱起こりそうな雰囲気が感じられますゎ(汗)

truetears_08-09truetears_08-10

眞一郎を暖めてあげるために優しく抱擁してあげる乃絵・・。
この子はいつでもどこでもスキンシップをしちゃう子なのね(*´ω`*)
そして、眞一郎が雷轟丸の絵本を作っている事を話すと、
乃絵が輝いた目をさせながらとても喜んでました。
自分の好きな人が、雷轟丸の物語を作ってくれてるのですから、
これは乃絵にとってはかなり嬉しい事でしょうね!(^ω^)
そしてその絵本の物語がOPの曲と共に語られてました。

truetears_08-11truetears_08-12

「眞一郎も羽ばたく事が出来る。きっとこれ(絵本)が眞一郎の翼になる!」
乃絵は雷轟丸の絵本の物語を聞いてとても感動していました。
感謝の気持ちをホッペにキスして表していましたよ♪(*´ω`*)
ホント、乃絵ってスキンシップをするのが好きなんですね(^ω^;)
眞一郎がニワトリのトサカみたいに赤くなるも仕方ないよw
「私、どんどん眞一郎が好きになっていくわ♪」
もう乃絵は眞一郎にラブラブ状態です。一番幸せな時かも(*´ω`*)

truetears_08-13truetears_08-14

「置いてかないで・・・置いてかないで・・・」
比呂美は、再び昔の悲しい記憶を思い出してました(´・ω・`)
眞一郎が乃絵と付き合うようになってさらに落ち込んでいるみたい。
比呂美がハッと目を覚ました時、一瞬涙が零れていた様に見えました。
好きな人が遠くに行ってしまうような寂しさを感じるのでしょうね。

truetears_08-15truetears_08-16

「ホントそっくりね。大人しそうな顔をして、簡単に男の心を掴んで・・・。
うちの人も眞一郎も味方にして・・・大したものよね。」

また比呂美は眞一郎のお母さんから嫌味を言われていました(´・ω・`)
お父さんは優しいのに、お母さんの方はもう鬼ババァですなぁ~。
それと、実はこのセリフは今回のラストでもちょっと関わってきます。

truetears_08-17truetears_08-18

比呂美の方は、成り行きで純とデートする事になるわけですが・・・
「いつも雪だな。あんたと会う時は・・・。どこ行きたい?」
「雪の降っていない街・・・」
この2人ってどこか似ている雰囲気があります。お似合いのカップルかも。
とにかく比呂美は嫌な記憶を思い出させるを見たくないのです。
眞一郎のお母さんからあんなにストレートに嫌味を言われんだから、
比呂美のその気持ちもわかる気がします・・・(´・ω・`)

truetears_08-19truetears_08-20

ということで、デートの場所は体育館。そこでフリースローで遊びます。
「ゲームだ。フリースローが一回決まるごとに一回質問が出来る。
相手は正直に答える。三回勝負。あんたはここから。俺はここから。」

ちゃんと女の子にハンデをつけてあげてるのが良かったです。でも・・・
「ダメよ。あなたはここから。」
比呂美はもっとハンデをつけるように言ってたのが面白いです(^ω^)
てっきり同じ条件でやりたがっているものと思ったわ(苦笑)
「あんた・・・意外に根性が悪いな。」
純も呆れてしまうわけですね。ホント、根性が悪いと思いますゎw

truetears_08-21truetears_08-22

結局、比呂美が2本決めて、純が0本という結果になってました。
さすがにあんな遠いところから決められるワケないですよ(苦笑)
そこで比呂美が尋ねた質問というのが・・・
「石動乃絵が付き合った男の数。」
あらら、本当に乃絵が男を逆ナンしている遊び人だと思っていたみたいw
これは純が言うとおり誤解してますね。天然キャラなだけなのにね~w
「シスコン。」
比呂美がストレートに突っ込んでいたのも笑っちゃいました(^ω^)
純が顔を真っ赤にしてましたよ。彼はこういう表情も見せるんですね。
とりあえず比呂美は根性が本当に悪いと思うw

truetears_08-23truetears_08-24

「あなた何で私と付き合ってるの?」
「仲上眞一郎に言われたんだ。あんたと付き合ってくれって・・・。
そのかわり、あいつは乃絵と付き合う。」

この質問も純は正直に話してました。比呂美はショックだろうなぁ・・・
好きな人から他の男を勧められたわけですからね(´・ω・`)
ホント有難迷惑な眞一郎の気遣いだと思う。
「それって、どちらかが別れたら、片方も別れるって事?」
「それは困る。あんたの頼み何でも聞いてやるから。」
純はどうしても乃絵と眞一郎が付き合い続けて欲しいみたいです。
比呂美はそれを聞いて少し固まってます。異様な間があったように思う(´・ω・`)

truetears_08-25truetears_08-26

両カップルがデートしている時に鉢合わせてしまいました(汗)
比呂美と乃絵が取っ組み合いのケンカをした後ですし、少々気まずい雰囲気;

truetears_08-27truetears_08-28

「可愛い笑顔。そんな無邪気な顔で簡単に眞一郎の気持ち掴んじゃうのね。凄いわ。」
比呂美が乃絵に対して、イジワルな事を言ってました(´・ω・`)
これって先の眞一郎のお母さんの言葉と同じ意味ですよね~。
言った後、比呂美はちょっと自己嫌悪に陥ったかもしれないです。
あと、乃絵が比呂美の言葉をどう受け取ったのかも気がかりですゎ。

truetears_08-29truetears_08-30

「それでも私のお母さんだからっ!・・・私、ここに来ちゃいけなかった。
ここに来たのが間違いだった。今までごめんなさい。」

比呂美は乃絵に言った言葉が自分の本心だということに気づいた!?
眞一郎のお母さんの抱いてきた気持ちもわかってしまったようです。
比呂美は家を出て行くような事を言い残して外へ飛び出して行きました。
もう比呂美の心が折れてしまいそうなくらい悲しくなってる・・・

truetears_08-31truetears_08-32

比呂美が逃げるように家出をして辿り着いた先は純の家・・・。
彼女にとって唯一の居場所というのが純のそばという事!?
それに雪の中をバイクで出かけるのって危険ですよね(´・ω・`)
それほどまで比呂美は雪のない街に行きたいのかもしれない。
・・・今の比呂美にはこの雪が積もった街に居場所がないのです。

関連記事