true tears 第03話 「どうなった? こないだの話」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/12/14

true tears 第03話 「どうなった? こないだの話」

truetears_03-01truetears_03-02
(C)2008 true tears製作委員会

比呂美だけじゃなく、愛子もまた秘めた想いを抱いている・・・。
素直になりたくてもなれない理由が何かありそうです(*´ω`*)

truetears_03-03truetears_03-04

眞一郎は赤い木の実で自分を餌付けしてくる乃絵に文句を言うつもりでした。
学校帰りに声をかけようとしますが、乃絵が見知らぬ男に甘えている姿を目撃!
この男性は前回も乃絵に親しくしていました。まさか彼氏かな!?って思った。
とにかくあの変人の乃絵に親しい人がいてるなんて珍しいですよね。

truetears_03-05truetears_03-06

愛子のお店の中は、眞一郎達のたまり場になっているんですね。
三代吉が恋人の愛子からおでんを食べさせてもらってました(^ω^)
でも愛子が眞一郎を見つめる目には別の感情が含まれているような気がする。
その愛子の秘められた想いがわかるシーンがこの直後に描かれていました。
「わかる気がする。どうしてそんなことを言ったのか・・・。でも教えない。」
愛子は、、乃絵を紹介して欲しいという比呂美の真意を理解していました。
この辺は女の子同士だからわかるといった感じなのでしょうね(^ω^)

truetears_03-07truetears_03-08

「人って誰かを好きになると、その人にもっと近寄りたいと思うよね。もっともっと
その人に・・・でもそれが叶わない時、その人に近くにいる誰かのそばに・・・」

愛子は、比呂美が眞一郎が好きだという事を伝えてあげてる感じでした。
でもその話をしている時に、それが自分自身と重なっていると思ったみたい。
「あんたみたいなのを好きになった女の子は大変だよっ!」
もう気づかれた方も多いかもしれませんが、愛子の表情を見ている限り、
彼女が三代吉よりも眞一郎の事が好きな事がわかるかと思います。
先ほどの会話から推察すると、愛子は眞一郎に近づくために友達の三代吉と
知り合いになって付き合うようになってしまった
のかもしれません。
この辺のシーンは愛子の気持ちを知る上で重要だったと思います。

truetears_03-09truetears_03-10

眞一郎のお母さんが比呂美に冷たくしていました。真夜中に女の子を一人で
お使いに行かせるなんて可哀想。眞一郎のお父さんは比呂美の事を自分の娘
のように思ってくれていますけど、お母さんは受け入れられないのでしょう。
まだまだギスギスした関係が続きそうですね(´・ω・`)
そこで、眞一郎が比呂美と一緒について行ってあげる事にしました(*´ω`*)
やっぱり夜の女の子の一人歩きは危険なので男の子がいてくれると安心です。

truetears_03-11truetears_03-12

眞一郎は、比呂美が迷子になって泣いていた時の事を話したのですけど、
比呂美はそっけなく「覚えてないわ」と答えてました(´・ω・`)
眞一郎としては覚えていてほしい記憶だったので残念がってました。
いったいこの回想シーンが何を物語っているのかは謎のままです。
『全部封印するって決めたの。この家に暮らすって決めた時・・・。』
わざわざ封印すると決めた真意は何なのかがとても気になります(´・ω・`)

truetears_03-13truetears_03-14

赤い木の実がいっぱい置いてあったので、女子が眞一郎に注意してた。
掃除が大変ですからね。餌付けのためとはいえいい迷惑だわ(苦笑)
「あんまり俺に関わらない方がいいんじゃないか?彼氏いるんだろ?」
眞一郎は、乃絵が木から飛び降りて足を挫いたのでおんぶをしてあげてた。
付き纏わない様に注意をしに行ったはずなのに、結局付き合わされる事にw
眞一郎は、女の子にモテモテなのか、女難の相に合っているのかよくわからんw

truetears_03-15truetears_03-16

乃絵に連れてこられた場所というのは体育館の中でした。
そこで男子がバスケットの練習試合をしていました。
乃絵を背負っているのを比呂美に見られてマズいかもねぇ(苦笑)
好意を寄せている女の子的にはマイナスポイントだよ!(´・ω・`)

truetears_03-17truetears_03-18

蛍川高校の4番のエースがゴールを綺麗に決めてました。
相手高校とはいえ、さすがに比呂美たちも見惚れてました。

truetears_03-19truetears_03-20


「お兄ちゃん、頑張ってー♪」
そんな彼に乃絵が大きな声で声援を送ってました。
ここで、ようやく眞一郎の誤解が解けましたね。
乃絵のカレシと思っていた人は、兄の石動純だったのです。
急に飛び降りて走り出すものだから、足を怪我してなかったのね!?(苦笑)
眞一郎は乃絵にいい様に扱われすぎてるのかもしれません(^ω^;)

truetears_03-21truetears_03-22

「ホントに!?ねぇ、このままでいいの?」
朋与が眞一郎との関係を心配して比呂美に尋ねてました。
比呂美が眞一郎の事を好きなのを知っているので応援してあげたいのです。
でも、この時の比呂美は否定するような発言をしていました・・・!?
「私が好きなのは、蛍川の4番。・・・だからもう眞一郎君の名前は出さないで。」
眞一郎は、比呂美が自分ではなく他の男を衝撃を受けます。
もし比呂美の事が好きならこれほど悲しい事はありませんからね。

truetears_03-23truetears_03-24

比呂美は今の自分の発言を眞一郎に聞かれていたことに驚いてました。
乃絵だけじゃなく、乃絵のお兄ちゃんをも巻き込んだ恋愛模様に発展!?
それぞれがどんな想いを抱いているのかわからない部分がありますけど、
これからの展開が非常に気になってきたところでもあります。

関連記事