とある科学の超電磁砲 第24話 「Dear My Friends」(最終回) - アニメとゲームと恋の楽園
2010/11/27

とある科学の超電磁砲 第24話 「Dear My Friends」(最終回)

railgun_24-01railgun_24-02
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

友情を深め合ってきた4人の乙女達が最後の難事件に立ち向かっていきます!
実験体にされた子供達を救うために!そしてこの学園都市を救うためにも!

railgun_24-03railgun_24-04

テレスティーナが祖父の木原からモルモットにされているシーンが描かれてました。
もしかすると彼女の心が壊れちゃってるのも幼い頃の体験が影響してるのかも!?
とにかく彼女の暴走を食い止めるためにも美琴達は頑張らないといけません!

railgun_24-05railgun_24-06

木山先生が子供達を救うべくMARの研究所の輸送車を追跡していました。
ただし、子供達を乗せた輸送車がオトリであるために罠にハマってしまいます。
そこに駆けつけたのは美琴と黒子の常盤台のスーパーコンビ!(*´ω`*)
やっぱり超電磁砲は彼女達にしっかり締めてもらわなくっちゃ!

railgun_24-07railgun_24-08

さらに初春と佐天さんに固法先輩、そして婚后さんまで駆けつけて
役者が勢揃いです!クライマックスに相応しいですね(*´ω`*)
最終回は皆が力を合わせてテレスティーナ達と戦うのですっ!

railgun_24-09railgun_24-10

テレスティーナの駆る巨大な駆動鎧が美琴達を追いかけていました。
「いい加減あきらめろっ!てめぇらがどんなに足掻こうが、
ガキ共を助ける事なんざ出来っこねぇんだからよ!」

相変わらず頭がぶっ飛んでいるテレスティーナさん(苦笑)
最初に登場していた時とはガラリと雰囲気が違ってますわw
美琴は電撃を封じられ、レールガンの射程も計算されて大苦戦です(´・ω・`)

railgun_24-11railgun_24-12

カーチェイスはなかなかハラハラさせられるシーンでしたよ。
挿入歌として流れるOPも雰囲気をさらに盛り上げてる感じです♪

railgun_24-13railgun_24-14

「私が飛ばせるのはコインだけじゃない。これが私の全力だぁーーーっ!!」
黒子がコイン代わりになる金属片をテレポートさせてあげたのは流石です。
もう美琴のフルパワーのレールガンの威力は凄まじかったですわ!!(*´ω`*)

railgun_24-15railgun_24-16

「レベル6さえ誕生すりゃあ、こんな街、用済みだろうがよぉ!」
わゎゎ、テレスティーナはまた復活してきた!?メッチャしぶとい!!
キャパシティダウンの音もあるので、美琴や黒子は何も出来ない状態でした(汗)
「学園都市は実験動物の飼育場!てめぇらガキは一人残らず家畜なんだよ!」
もうこの人には、まともな事を言っても無駄のような気がするわ(^ω^;)

railgun_24-17railgun_24-18

「私の友達に手を出すなぁぁぁーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
佐天さんが金属バットでスピーカーの音源を破壊!みんなの危機を救い出します!
これは能力レベル0である佐天さんならではの長所でもありましたね!!(*´ω`*)
私のお気に入りの佐天さんが最終回で活躍してくれて良かったと思います。

railgun_24-19railgun_24-20

美琴の天然レールガンとテレスティーナの人工レールガンの対決です!
お互いにMAXパワーのレールガンを撃ち合って決着をつけようとします。
「学園都市はね、私達が私達でいられる最高の場所なの。
私一人じゃ出来ない事もみんなと一緒ならやり遂げられる。」

こういう頭のキレた相手にはガツンと痛い思いをさせなくっちゃ!(^ω^)
最後はやっぱり主人公の美琴がカッコよく決めてくれました!

railgun_24-21railgun_24-22

『木山先生ぇーーーーー!!お誕生日おめでとーーーーーーー♪』
木山先生が研究したワクチンで子供達は意識を取り戻す事ができました。
気球船の映像を使って、子供達が入院している先生の誕生日を祝うのが良い!
木山先生は子供達の元気な笑顔を見て静かに涙を流し続けていました(*´ω`*)
これで長い間、自分を責め続け苦しんできた木山先生も立ち直れそうかな。
退院したら学校に戻って子供達の先生を続けて欲しいなぁって思います。

railgun_24-23railgun_24-24

春上さんも親友と再会できて良かったですね!これで本当のハッピーエンドです♪
美琴や佐天さん達はまた学校に通いながら日常生活を送っていくのでしょう。
やっぱこの4人はお嬢様らしく歩くよりも、このように走り出している姿が似合う!

railgun_24-25railgun_24-26

★総評★
全体を通してストーリーがとても綺麗にまとまっていたので良かったです!
最終回のエピソードに繋がる伏線の散りばめ方が見事というしかありません。
そして美琴をはじめ、メインキャラ達が活き活きと描かれていたのも高評価です。
4人が成長していってる様子がわかりやすく伝わってきました。佐天さんが特に良い!
あと個人的には、禁書のように説明っぽい展開よりも、この超電磁砲のように
行動的な展開の方が楽しい印象を持ちました。

関連記事