とある科学の超電磁砲 第23話 「いま、あなたの目には何が見えてますか?」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/11/24

とある科学の超電磁砲 第23話 「いま、あなたの目には何が見えてますか?」

railgun_23-01railgun_23-02
(C)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

佐天さんのお陰でみんなが再び信頼し合える関係を取り戻すお話です。
素晴らしい伏線の張り方だと思わず感心してしまいましたわ!(*´ω`*)

railgun_23-03railgun_23-04

暴走能力実験でこん睡状態に陥っていた子供達が無事に保護されました。
今回の件でも木山先生が関わっていたのが驚きでしたけど、ひとまず
MAR研究所に移送された事で一件落着と思いたいところです。
でも美琴と初春だけはどこかいまひとつ納得できない部分があるみたい。

railgun_23-05railgun_23-06

初春は、木山先生を誘って一緒に春上さんのお見舞いに行こうとします。
しかし、その木山先生はもう少しで子供達を救えると思っていたために
かなり気落ちしている状態でした・・・(´・ω・`)
もしそれが本当なら木山先生の所に保護しておいた方が良かったのにね。
とにかく木山先生も励ますためにも子供達の所へお見舞いに行かなくっちゃ!
何だかクライマックスは初春が主役のようにも思えてくる展開っす。

railgun_23-07railgun_23-08

テレスティーナの所に行くのですが、意外にも子供に会わせられないとのご返答!?
少しずつ彼女の様相が変化しているようにも感じられますね。さらに驚く事に・・・
「・・・木原!?」
「あら?知らなかった?私のミドルネームよ。」
木山先生にとっては思い出したくもない名前が出てきました(汗)
レベル6の能力者を作るために子供達を実験体にした木原博士の孫娘!?
それに被験者の第一号がテレスティーナだったことも驚きですよ!
とにかくこのテレスティーナが今回の事件に深く関わっているのは確実です!

railgun_23-10railgun_23-12

初春はもう悲しみのあまりに泣きじゃくってどうしようもない状態でした(汗)
そんな初春を黒子が引っ叩いていたのがとても印象的でしたよ(´・ω・`)
「いつまでそうやって泣いているつもりですの?他にやるべき事があるはずでしょ。
いつになったらジャッジメントの初春に戻ってくれますの?」

叩いた後で黒子がかなり悲しそうにしている様子を見てると、
痛い思いをしているのは叩いた黒子の方なのかもしれません・・・。
この辺は後輩想いの黒子の側面が伺えるシーンでした(*´ω`*)

railgun_23-13railgun_23-14

「アハハ、よく調べたじゃねぇか。お利口さぁ~ん。けどなぁ、
どういうつもりと聞かれて答える奴はいねぇんだよ。バァ~カ!」

テレスティーナの頭が完全にイカれちゃってましたわ(^ω^;)
そう言われては怒らないわけにはいかない美琴さんですよねぇw

railgun_23-15railgun_23-16

あの能力を使えなくする耳障りな音がスピーカーから聞こえてきました。
固法先輩が関わっていたスキルアウト達の事件もこのテレスティーナが関与!?
色々と今までの伏線の張り方が巧みすぎて素晴らしいと思ってしまったよ。
「ふざけんじゃないわよ・・・スキルアウトはモルモットじゃないっ!」
「キャハハハ、ほらほら逃げろや。レベル5のお嬢ちゃんよ。」
とにかく美琴に勝ち目がありませんでした。捕まって気絶させられちゃうし・・・(汗)
まさか美琴がこんなにも完敗を喫してしまうなんて思わなかったです(´・ω・`)

railgun_23-17railgun_23-18

婚后さんによって何とか助け出されたようですが・・・
「全ての責任は私にあるの。だから私があの女を止める!」
意識を取り戻すなり、すぐにテレスティーナを追おうとする美琴でした。
さすがに今のままでは同じ結果が待っているとしか思えません(汗)

railgun_23-19railgun_23-20

そんな美琴に佐天さんが物申していたのがとても良かったです!
「美坂さん。いま美坂さんの目には何が見えていますか?」
佐天さんに言われて、少し冷静さを取り戻してました。
「あ、・・・ごめん。私、何だか見えなくなってた。またみんなに迷惑かけて・・・」
「迷惑なんかじゃないです。でも離れて心配するくらいなら、
一緒に苦労したいんです。だってそれが友達じゃないですか。」

皆から一歩引いていた感のある佐天さんが一気に表に出てきたっ!

railgun_23-21railgun_23-22

佐天さんは初春を叩いた黒子や冷たい態度をとっていた初春にも注意をしていた。
彼女のお陰でギスギスした関係も綺麗さっぱり水に流せて良かったと思います。
信頼感と友情が感じられるようなとても素晴らしいシーンでした!(*´ω`*)
みんなが元に戻れて安心しましたわ。佐天さんグッジョブです♪

railgun_23-23railgun_23-24

「限界を超える事に意味があるんじゃないですか!もう無理だってあきらめたらそこで
終わりだって言ってたじゃないですか!?このままじゃ子供達が危険なんですよ。」

あの黄泉川さんに対しても強く言っていた佐天さんは凄い!
第14話での特別講習も今回の伏線になっていたのですね!
ホント、今回は佐天さんが全て美味しいところを持っていきましたね。
今までの事が全て最終回への伏線になっていた事に感心しました!

関連記事