機動戦士Vガンダム 第13話 「ジブラルタル空域」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/11/21

機動戦士Vガンダム 第13話 「ジブラルタル空域」

vgundam_13-01vgundam_13-02
(C)創通・サンライズ

アーティ・ジブラルタルでリガ・ミリティアとベスパが戦闘状態に入ります。
ウッソはロボット同士の戦闘は出来ても、人間同士の戦いは無理みたいです。

vgundam_13-03vgundam_13-04

前回、ウッソ達が町で買い物をしている時にファラと遭遇してしまいました。
そこでスージィがファラの事を自分の姉だと人違いをしていました。
その甲斐あって、チョコレートパフェを奢ってもらって喜んでましたよ(^ω^)
あと、ギロチンを行ったファラの姿はTV映像で見ているはずですけど、誰一人として
彼女がファラだとは気づきませんでした。奇妙な服装のお陰なのかもしれませんねw
この服ってファラのプライベートファッションなのかな?とても似合ってるけどw
とにかくファラの優しい一面を見ることができました。ホントは良い人なのかも!?
ギロチンの家系に生まれた事で精神的に疲れているだけなのかもしれません。

vgundam_13-05vgundam_13-06

そんな彼らが中立地域のアーティ・ジブラルタルで再会することになりました。
軍服に身を包んだファラの姿を見てようやくギロチンの執行者だと気づきます。
チョコレートのお姉さんだと喜んでいたスージィが涙目になって可哀想(^ω^;)
中立地帯なんだからここで戦争しちゃいけないのにねぇ・・・(汗)

vgundam_13-07vgundam_13-08

「ヘレン、弔い合戦は必ずやってやるからね!」
前回の戦いでシュラク隊の仲間が殺されたので、マヘリアが仇討ちをしようと
決意してました。でも、敵の挑発を受けて思わずライフルを構えてしまいます。
この事が発端となって大規模な戦闘が開始されてしまいました・・・(汗)
・・・もうこうなっては中立地帯も何もないような気がしますわ(^ω^;)
ちなみにシュラク隊は、ガンダム版ストライクウィッチーズみたいなものっすw
もしシュラク隊の顔と名前が全く覚えられなくても全然大丈夫ですよ。
この後のストーリーで皆が戦死するので全然問題ありません(苦笑)

vgundam_13-09vgundam_13-10

「どけっ!どけっ!どくんだぁーーーっ!!」
ウッソがルペ・シノのトムリアットを圧倒して撃退しておりました。
ファラはガンダムのパイロットが町で会った少年だと知って動揺してた。
「(パイロット!?あの子が!?・・・ウーイッグ以来の失敗のお陰で
私はギロチンを使うハメになったんだぞ!)殺せっ!!メッチェ!」

この時からファラとクロノクルがウッソに対して敵対心を持つことになります。

vgundam_13-11vgundam_13-12

「戦争で世界が変えられると思うのはおかしいよっ!!!!」
ウッソの気合の入った一撃がファラ達の乗るリカールに当たりました。
レールを背後にして戦ったり、トンネルの中から意表をついて攻撃したりと、
ウッソの戦術もなかなかやります。でも正々堂々とはいえませんけどね。
これもまた戦争らしさのある描き方だったと思えばいいのかな(^ω^;)

vgundam_13-13vgundam_13-14

「あんなに優しそうなお姉さんがそれ(リカール)に乗っているの!?」
ファラとクロノクルを倒せる最大のチャンスだったのですが、
ウッソはコクピットの内部を目撃してためらってしまいました。
ん~、もしこの時に倒していたら、この後のツラい戦いの日々も
また違ったものになっていたかもしれないのですけどね(´・ω・`)
それに覚醒前のカテジナさんを救い出せていたかもしれないのに。。。

vgundam_13-15vgundam_13-16

ウッソが戦意喪失状態になっていたために、マヘリアを援護できませんでした。
そのためにマヘリアが敵の手によって撃墜されてしまいました(´・ω・`)
ウッソが消火器を持って救い出そうとしてましたけど、時すでに遅し・・・(涙)
ウッソが狂ったように泣き叫ぶ様子が何ともいえませんでした。
これからもこのような悲しい戦いが続いていく事になります・・・(´・ω・`)

関連記事