機動戦士ガンダム 第13回 「ハモンの決死の突撃!」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/12/04

機動戦士ガンダム 第13回 「ハモンの決死の突撃!」

gundam_13-01gundam_13-02
(C)創通・サンライズ

ハモンが、愛するランバ・ラルの仇を討つために総攻撃をするお話です。
ガンダムに登場する女性達はみんな強くて素晴らしいと思います!

gundam_13-03gundam_13-04

「・・・ランバ・ラルは私にもったいないくらい実直な男性だった。
あんな心を寄せてくれた人のためによしんば、砂漠で散るのも後悔はない。
この作戦に不服がある者は参加しなくとも、ランバ・ラルは怒りはしません。」

「その心配はございません。ハモン様、全員引かぬ覚悟であります。」
このやり取りにはランバ・ラルの部下達の忠誠度の高さが伺えました。
ハモンは部下達にとても信頼されているのですね!(*´ω`*)
「あの坊やが邪魔するような事がありましたら、あなた護ってくださいましね。」
ランバ・ラルのご加護があれば良かったのですが・・・(涙)
とにかく女性自ら先頭に立って戦うのって私は憧れます!(*´ω`*)

gundam_13-05gundam_13-06

「坊やはどこ?」
「・・・あの人か!?」
さらにアムロがニュータイプに近づいているのがわかる演出がありました。
これからも彼はますます鋭い感覚を持つようになってきますよ!
ただでさえ最新鋭のモビルスーツに乗ってるのだから強くなるわけですね。

gundam_13-07gundam_13-08

ギャロップとザクとドップによる前後と上方からの3方向の攻撃!!
アムロが一瞬の閃きでザクをドップの方に放り投げてました。
アムロはとても素晴らしい対応をしていたと思います(*´ω`*)
ニュータイプの能力だけじゃなく、戦術面も向上している感じでした。

gundam_13-09gundam_13-10

「さすが私の見込んだ坊やだけのことはある。けどね・・・」
ハモンさんがアムロの背後を取ったのはお見事でしたよ。
あのシャアでさえこんな事出来なかったのに・・・(*´ω`*)
前に書いたイセリナも含めてガンダムの女性陣はよくやります!

gundam_13-11gundam_13-12

「ホント、好きだったよ。坊や・・・」
アムロはシールドを背負っていたので一撃目は助かってました。
さすがにこの時はアムロも死を覚悟してたと思います・・・(汗)

gundam_13-13gundam_13-14

アムロのピンチの時に、リュウがハモンのドップに特攻をかけました!(汗)
色々とみんなに話しかけていたのは退場フラグだったんですね・・・。
ハモンさんもまさかこんな死に方をするとは思ってもなかったでしょう。
もし私がハモンの立場だったら、まだリュウに特攻されるよりも
気に入ったアムロの方に討たれて死にたいところだわw

gundam_13-15gundam_13-16

オデッサ作戦により連邦軍とジオン軍の双方は大きな犠牲を払いました。
ホワイトベースの皆が外に並んで敬礼するシーンには悲しさが募りますわ。
それと、この時に流れる挿入歌もさらに哀愁を感じさせてくれます(涙)

gundam_13-17gundam_13-18

「マチルダさん・・・マチルダさぁん・・・マチルダさぁぁぁぁーーーーーん!!!」
今までアムロの事をずっと見守ってきたフラウ・ボウですけど、この時に
アムロの心が自分には向いていない事を感じてしまったのだと思います(´・ω・`)
私はアムロとフラウ・ボウが付き合うものだと思って見てたのですけどね・・・。
今思うと、このシーンで2人のフラグが消滅してしまったのでしょう。
前回のマチルダさんといい、今回のハモンさんといい、まさにサブタイの
『哀・戦士』に相応しいエピソードだなぁって思いました。

関連記事