機動戦士Vガンダム 第10話 「鮮烈!シュラク隊」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/11/14

機動戦士Vガンダム 第10話 「鮮烈!シュラク隊」

vgundam_10-01vgundam_10-02
(C)創通・サンライズ

カテジナがクロノクルについて行ってしまった後のお話です。
本当にリガ・ミリティアを裏切ってしまうのでしょうか!?(汗)
とりあえずカテジナの後にまた新たな女性達が登場してきました。

vgundam_10-03vgundam_10-04

クロノクルとカテジナがシャクティの家をたまたま見つけて訪れるのですが、
そこに帰ってきたウッソと鉢合わせしてしまいます。てか、捕まってた(^ω^;)
「(リガ・ミリティアの)カミオンのお爺さん達のやり方では地球は永遠に絶望的よ。
だから私はこの方からザンスカールのやり方を学ぶつもりなの。」

カテジナさんが驚きの発言をされていました。もちろん彼女は洗脳されてません。
クロノクルの紳士の振る舞い?に惹かれているところがあるのです(*´ω`*)
まぁカテジナとリガ・ミリティアとは意見がぶつかってたので仕方ないかな。
とにかくカテジナがザンスカールへと寝返った事がほぼ決定的になりました(汗)

vgundam_10-05vgundam_10-06

今回、ウッソの前に立ちはだかるのは、キャラオケが趣味のデプレ副司令官。
「キャラオケ」って何?って思ってしまったよ。カラオケの事なんですねぇ。
まさか昔の人ってカラオケをキャラオケと発音してたのかな?(^ω^;)
そのデプレという人はピピニーデンが降りてきた事で危機感を感じてました。
上官のファラが失脚したので自分の立場も危ういと思ったのでしょう。
何とかピピニーデンよりも先に手柄を立てようと頑張ろうとしてましたよ。
それなのにピピニーデン隊のトムリアットを借りて出撃ってよくわかんないw

vgundam_10-07vgundam_10-08

「俺の息子でさえ16歳だぞ!?今のは子供だった。もっと子供だった・・・。」
意外にもデプレが優しい心を持った人なんだなぁって思いました。
残酷なザンスカールの軍人でもさすがに子供には手を下さないのです。
キャラオケの趣味といい・・・結構良い人なのかもしれませんね。
でも、この後の戦闘でビームの直撃を受けてお亡くなりになりました。

vgundam_10-09vgundam_10-10

ウッソのピンチにオリファーさん率いるシュラク隊がやって来てくれました。
トムリアット隊がクイック・アタック・フォーメーションで迎撃しますが、
シュラク隊の洗練された連係プレイによって撃破されていきました。
リガ・ミリティアにも戦闘能力の高いパイロットがいてるんですね(^ω^)

vgundam_10-11vgundam_10-12

シュラク隊の乗るモビルスーツはガンイージと呼ばれる機体です。
ガンダムの量産型タイプみたいなものかな?とにかく戦力が整ってきた!
ここで驚いたのはシュラク隊のメンバーがみんな女性であることです。
お爺さんとお婆さんしかいないリガ・ミリティアもこれで華やかになりますねw

vgundam_10-13vgundam_10-14

そんな中、ただ一人だけシュラク隊の事を歓迎してない人がいました。
なるほど~、マーベットさんはオリファーさんがたくさんの女性と
一緒に行動している事に対してヤキモチを焼いているのかぁ(笑)
今回のマーベットさんがずっと不機嫌だった理由がわかりましたわ(^ω^)
・・・でもこういう場合、何角関係と呼べばいいのでしょう?w
三角関係になるのかな?それとも多角関係?とにかくハーレムだわww
とにかくオリファーさんはマーベットさんとよく話し合う事が必要ですね!(^ω^)

関連記事