機動戦士Vガンダム 第04話 「戦いは誰のために」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/11/04

機動戦士Vガンダム 第04話 「戦いは誰のために」

vgundam_04-01vgundam_04-02
(C)創通・サンライズ

ウッソが大切な人を守るために再びモビルスーツに乗り込みます。
爆発させないようにコクピットだけをサーベルで貫きますが・・・

vgundam_04-03vgundam_04-04

クロノクルはサバトの指揮下に入ってシャッコーの奪回を目指します。
ファラは黙ったままでわからないですけど、このデプレという副司令官は
クロノクルに対して意地悪しているような感じがします・・・。
それにサバトも戦友の怪我の原因を作ったクロノクルに対して冷たかった。
とにかくクロノクルは経験を積むように言われたからにはやるしかない。

vgundam_04-05vgundam_04-06

ウッソがリガ・ミリティアの人達と一緒に行動するようになります。
コンピュータバンク?とかチップ?とか言ってたのが気になりました。
これってサーバーとかメモリとかマザーボードの事なのかな?
昔のアニメなのでちょっとジェネレーションギャップを感じますゎ(^ω^)
あとウッソはカテジナを乗り物に乗せてあげようとしたけど断られてた~。
少しだけ心の中では落ち込んじゃってたかもしれない(^ω^;)
まぁ今は一緒に行動を共に出来るだけでも喜ばないとね!w

vgundam_04-07vgundam_04-08

サバト達はリガ・ミリティアをいぶり出すためにカサレリアを爆撃!
ベスパのイエロージャケットは手段を全く選びませんわ(´・ω・`)
故郷の森が燃やされてシャクティが悲しそうにしていました・・・。
シャクティはウッソが軍人達と関わって欲しくないようですね。
あとシャクティに逃げるように言ってたウッソが良かったです。

vgundam_04-09vgundam_04-10

ウッソは敵のゾロをドッキングさせないように攻撃してました。
でもベスパの方が数で勝っているために苦戦していました(汗)
どうでもいいけどクロノクルのゾロだけ赤色になってますね(^ω^)
やっぱ他のゾロに比べて3倍早いのでしょうか?w

vgundam_04-11vgundam_04-12

執拗にサバトの追撃を受けていたウッソは森の中へ逃げ込んでました。
ベスパって何でミノフスキー粒子を撒いたんでしょうね~(´・ω・`)
味方同士で通信できなくて、連携が全く取れてませんでしたよw
ベスパが自分達でわざわざ不利な状況を作っていたように思えました(^ω^;)

vgundam_04-13vgundam_04-14

「うわぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーー!!!!!」
ウッソがゾロを爆発させないようにコクピットを狙って貫いたけど、
サバトの断末魔の声を聞いてしまい恐怖を感じてしまいます。
「爆発はしなかったけど・・・爆発はしなかったけど・・・何だ?何が聞こえたんだ?」
初めて人を殺した事を実感して、しばらくの間固まってましたわ。
思わず両親を呼ぼうとしていたシーンは子供らしさが感じられます。

vgundam_04-17vgundam_04-18

ウッソは、クロノクルのゾロに狙われていたので脱出を試みてました。
ヒヤヒヤさせられるシーンでしたけど木の枝がクッションで良かった(^ω^;)
ここは第1話でも描かれていたシーンでもあります。

vgundam_04-15vgundam_04-16

こうして3話分にも及ぶシャクティの長い回想が終わりました(^ω^)
「このヴィクトリーっていうモビルスーツに・・・
ウッソは取り憑かれてしまったのかもしれない。」

シャクティは戦いに対してとても嫌悪感を感じているようでした。
その戦いにウッソが関わるようになると心配するのは当然ですね。
ようやく次回から第1話の続きのストーリーが描かれていきます。

関連記事