機動戦士ガンダム 第06回 「イセリナ恋のあと」 - アニメとゲームと恋の楽園
2010/10/27

機動戦士ガンダム 第06回 「イセリナ恋のあと」

gundam_06-01gundam_06-02
(C)創通・サンライズ

愛するガルマを倒されたのでイセリナが仇をとるために出撃します!
映画版では完全にカットされたストーリーなのですが、私的に
とても印象に残ったお話でしたので軽く綴っておきます(*´ω`*)

gundam_06-03gundam_06-04

ガルマが戦死したのでイセリナは当然悲しむところなのですけど、
彼女の心には敵に対する復讐心が静かに燃え上がっておりました。
「ガルマ様を殺した憎い敵。せめて・・・せめて一矢なりとも報いたいのです。」
一見お嬢様のように見えますけど、心の中はとても熱いものを持ってます!
確かに好きな人を殺されたら相手を憎みたくなりますものね(´・ω・`)
でも、それを実際に行動に起こそうとするイセリナには感服しますゎ。
彼女のような人なら、お父さんに結婚を反対されたとしても、きっと
ガルマと駆け落ちして家を出て行ってたことでしょう・・・(*´ω`*)

gundam_06-05gundam_06-06

「このままではガルマ様がお可哀相です・・・。」
イセリナはガンダムを発見して、ガウ攻撃空母を特攻させました。
まさにガルマの後を追うように同じ行動を取っていました!(´・ω・`)
ここで、なぜイセリナがガウを操縦できるのか?とか、なぜジオン軍の
船に乗り込めるのか?などはあまり突っ込まないようにしましょう(^ω^;)
「モビルスーツ・・・ガルマ様の仇!」
ただイセリナがちゃんとガンダムにガウ攻撃空母をぶつけていたのは凄い!
ガンダムに登場する女性はみんな結構やりますよ!(*´ω`*)

gundam_06-07gundam_06-08

「ガルマ様の仇・・・」
「・・・か、仇だと!?」
無事だったイセリナがアムロに銃口を向けていました。
この時は、さすがのアムロも危ないシーンだったと思います。
・・・ただ、ピストルの引き金を引く力が残ってませんでした(>ω<)
残念ながら仇は討てませんせしたけど、私はこれで良かったと思ってます。
ガルマもイセリナに人殺しなんて行為はして欲しくなかったはずですし、
それにガルマを倒したのはあくまでホワイトベースでしたからね。
(ガルマを倒した時は、アムロはガウの攻撃ではなくザクと戦ってました。)

gundam_06-09gundam_06-10

「何ていう名前の人なんだろう?僕を仇と言ったんだ・・・。」
ホワイトベースの人達が敵兵士達の遺体を埋葬してました。
この哀愁漂うような終わり方が何ともいえませんでした。

確かにイセリナは直接的にアムロ達とは接点がない人物なので、
劇場版でカットされるのは仕方がない事だと思います。
でも、私的にはこの後の哀・戦士編でのハモンが行う敵討ちよりも
イセリナのストレートな気持ちのこもった敵討ちが印象的でした。
できればこちらの方を劇場版に採用して欲しかったと思うのですが・・・。
まぁハモンの場合はリュウの退場フラグが掛かっているので仕方ないか。
とにかく、この世では結ばれなかったガルマとイセリナの2人には
あの世で幸せな結婚式を挙げて欲しいと思いました・・・。

関連記事