雑記 - アニメとゲームと恋の楽園
2020/07/08

第1R 追試特別国語小テスト 中学3年生40点下

うまよんの第1話の感想

夏アニメの第2弾は「うまよん」をピックアップして感想を書こうかなと思います。
これは「ウマ娘」のキャラ達が登場する5分枠の短編アニメですね。
スペシャルウィークなどがデフォルメで描かれていたのが可愛いです。
とりあえずスペちゃんはトレセン学園での勉強の成績は悪いみたいだ。
鉛筆をコロコロ転がして解答しているようでは良い点が取れるはずないか(笑)
サイレントスズカがスペちゃんを心配してあげていたのが良かったです。

あと後半の「ぱかチューブっ!」ではスペちゃんがCGチューバーになって
次回予告の初回など沢山喋ってくれていました。
若干スペちゃんの声が変わっている感じがしたのは気のせいでしょうか?
ウマ娘本編ではもう少し甲高い声だったような記憶があるけど、まぁいいか。
とりあえず気軽に視聴できるアニメなので見続けていきたいと思っています。
2020/07/05

星に光を、大地に恵みを、暁の魔女フローラに感謝を

ラピスリライツの第1話の感想

夏アニメの第1弾は「Lapis Re:LiGHTs」(ラピスリライツ)の感想を書きます。
第1話では主人公のティアラがフローラ女学院という魔女の学校に入学してきて、
そこで幼馴染のロゼッタをはじめとするルームメイト達と知り合っていました。

一見、魔法少女アニメかなっと思うところなのですけど、班といったユニットを
組んでいたり、OPの映像を見た感じだとアイドルアニメの要素がありそうね。
この学院ではランク付けがあるので、アイカツ!の深夜アニメ的な作品といった
感じで見ていけばいのかなぁって思いました。
成績が悪いと留年じゃなくて即退学させられるのは厳しいけど……(苦笑)
とにかくティアラ達に残留の道が残されているのかが気になります。

初回を見た印象としては、キャラ絵などの作画に関しては大満足でした。
視聴前に夏アニメのPVを色々とチェックしてみましたが、その中でもこの作品は
私が一番気に入った描写をしていたのもあって期待通りの良さでした。
あとは内容についてはまだ物語の導入なので今後の展開を見守ります。
アイドルアニメならばやっぱりライブシーンが一番の見どころになってくるので、
どんな曲を歌ったり踊ったりしてくれるのかに期待したいです。
もちろん、今後も視聴を続けて感想を書いていきたいと思っています。
2020/07/01

「雲のように風のように」を見た♪

雲のように風のように 感想

今夜はBSで「雲のように風のように」の放送があったので見てみました。
(阪神タイガースが逆転された瞬間に見切ってこっちにチャンネルを変えたw)
お父さんが本放送時のノーカットバージョンをVHSテープに録画していますが、
今回BS12で放送されたものも珍しくノーカットで放送してる感じがするので、
一応DVDに保存しておこうかなぁと思っています。

ちなみに画像はヒロインのギンガと皇帝陛下のコリューンが会うシーン。
2人が悲しいお別れをするシーンを見るとやっぱり涙がこみ上げてきます。
ギンガのルームメイトの夫人達も個性的で良いんですよね。
2020/06/30

学園防衛隊の隊員カラーの取り決め

フルーツバスケット 藤堂公

「フルーツバスケット」2期の第13話では生徒会が学園防衛隊と名称変更して、
メンバーのイメージカラーを決めちゃおうとしていたのが面白いですね。
ちなみに私が美少女戦士になれるのなら黄色を選びたいかな。
有名なセーラー戦士ならヴィーナスが一番好きですし、プリキュアシリーズでは
黄色系のキャラに憧れちゃう傾向が多いのでね。

あと、美少女ゲーム系のイラストなどでよく見かけるのですけど、ヒロインが
沢山の向日葵と一緒に描かれているカットなんかも大好きです♪
「AIR」の神尾観鈴ちゃんなどを見た時から気に入っている構図です♪(*´ω`*)
2020/06/30

我々美食殿の活動目的は……この世の美味しい物の探求♪

プリンセスコネクト!Re:Dive 第13話(最終回) ペコリーヌ

春アニメの最後「プリンセスコネクト!Re:Dive」の第13話の感想を書きます。
この最終回ではペコリーヌの正体について明らかにされたのが見どころでしたね。
ペコリーヌがコッコロに体を寄せるシーンがとっても感動的で尊かったです♪
最後にキャルにハグしちゃうシーンも良かったよー♪
当初は最後まで徹底的にコミカルな展開で描き切るものと予想していただけに、
この感動的な雰囲気で描かれた最終回を見てちょっと驚かされました。
もう見終わった後の心地良い気分が何とも言えません!
やや放置されたままの伏線があった気がするのが引っかかるけどね(笑)
とにかく私の期待に十分に応えてくれた素晴らしい作品だったと思います♪(*´ω`*)

ソーシャルゲーム原作のアニメの場合は各キャラをそれぞれどの程度の割合で
描くのかが最も難しい点でもありますが、このプリコネは美食殿を中心にして
他のキャラを適度に振り分けながら絶妙なバランスで描いていたと思います。
それゆえにストーリー面も楽しめたし、キャラの魅力の面でも堪能できました♪
私としては大絶賛したくなる作品でした。
ホント、春アニメのラストを見事な形で締めくくってくれたと思います♪(*´ω`*)
2020/06/25

千歳市へようこそですの♪

邪神ちゃんドロップキック' 第12話(最終回) 感想

今日は「邪神ちゃんドロップキック'」の第12話(最終回)の感想を書きます。
最終回では邪神ちゃん達が北海道の千歳市を旅行する様子が描かれていました。
千歳市の名所を巡ったりして町おこしに貢献してあげていました。
「ボートは乗るもんやない。賭けるもんや!」と言っていたのには笑いました。
競馬だけじゃなくてボートレースにまで手を出しているとは恐れ入りますわ。
そこまでギャンブル好きの彼女が北海道まで行ったのなら、競走馬の生産地を
巡ったりしても良いかもねぇ。
千歳市には競馬界で有名な「社台」の牧場もあったと思うし。
でも邪神ちゃんのあずさ2号への仕打ちを見ちゃうと、未来の競走馬に変な事を
やりかねないから危ないかな(^ω^;)

1期の時は見切っていた作品だったので2期もスルーするつもりではありましたが、
今期は他のアニメが休止しているのもあって2期は最後までお付き合いしました。
この作品って1期の第1話の段階で内容や特徴の全て描き切っていたから、たとえ
2期から視聴を続けてもある程度ついていきながら楽しめた気がします。
1期の初回では何の説明もなくメインキャラが勢揃いして始まったことに比べると、
予備知識を持った上で視聴した2期の方がまだ戸惑いはなかったですもん(^ω^)
2020/06/23

やっぱりランドソルは皆の笑顔で溢れていないと♪

プリンセスコネクト!Re:Dive 第12話 感想

「プリンセスコネクト!Re:Dive」の第12話はシャドウという強大な化け物が
ランドソルの街に来襲してきたところをペコリーヌが迎え撃つお話でした。
奥義プリンセスストライクが全く通じないくらいだからかなり苦戦しそうかな。
まさにラスボス級のモンスターだと言えそうです。
今回は珍しく真剣なバトルや会話がなされていたのが印象的でした。
この作品でもここまでシリアスな雰囲気のやり取りが描けるようですね。
それでもAパートの討伐クエストやクレープ屋はコミカルな雰囲気だったけど。

とにかくクライマックスに向けて大きな山場が訪れているので楽しみです。
宮殿の肖像画からペコリーヌが王家の姫なのかどうかが気になるし、キャルが
依頼主と美食殿の板挟み状態をどうするのかも気になるし、あと何といっても
ユウキがいったい何者なのかが一番気になるところです。

最終回ではこれらの謎が明らかになるのかに注目していきたいと思います。
2020/06/21

この展開は……まさかの友情エンド♪

はめふら 第12話 最終回 感想

「はめふら」がこの第12話で最終回を迎えることになりましたが、最後の最後に
第2期の制作決定という嬉しい発表がありましたね♪
物語としてはマルチエンディングの中でもレアな友情エンドの幕切れだったけど、
ファンにはハッピーエンドを超えたトゥルーエンドを迎えたような気分かもね♪

これまでに過去の時間に戻って現在や未来の状況を変える作品はありましたが、
はめふらはゲームの世界での破滅フラグを回避するところが独特な設定でした。
一般的に過去の時間に戻って未来を変えていくような作品の場合は変わる前の
状況を描いた上で変更した後の状況を分かるように再び描く必要がありますが、
はめふらではゲームのシナリオを変える形にしているために2度手間的な描写を
省略できる点がなかなか考えられている設定だなぁっと思いました。
(某エンドレスエイトみたいなものも別の意味で頭が下がるんだけどねw)

しかも無限の可能性のある未来を変えるわけじゃなく、有限なシナリオ上における
未来を変える形なので、破滅フラグをどのように変えると回避できるのか視聴者に
とても分かりやすくなっていたのは良かったではないでしょうか。
それゆえにカタリナの脳内会議は素晴らしい演出になっていたと思います。

春アニメの中では間違いなく上位ランクの完成度と満足度のあった作品でした。
もちろん2期も期待して見続けていきたいと思います。
ただ欲を言えば、2期では放送時間を少し早くしてもらえるといいんだけどなぁ……。
期待しているアニメは寝落ちせずにリアルタイムで楽しみたいのでね(^ω^)
2020/06/21

咲き誇る麗しき花二輪

SAO アリシゼーション War of Underworld 第10話 アスナ アリス

「SAO」3期第2部の第10話ではアスナとアリスがキリトの正妻の座を巡って
マウントを取り合っていたのが面白かったです。
さらにロニエという子もキリトのお嫁さん候補に躍り出ていたから苦笑いです。
本当にキリトってモテまくっていますよね。
大戦の結末がどうなるかよりも女性陣の正妻戦がどうなるのか気になるよ(^ω^)
2020/06/20

テレビで10分のフルコーラス♪トレンド入り間違いないですの♪

邪神ちゃんドロップキック' 第11話 感想 神保町哀歌

今日は「邪神ちゃんドロップキック'」の第11話の感想でも書いておきます。
……とはいっても、今回は総集編みたいな特別編だったんだけどね。
邪神ちゃんが「神保町哀歌」という挿入歌をフルで歌ってくれていたのですが、
メッチャ長い曲だったのでいつ歌い終わるのかなぁと思って見ていました(笑)
まるでMAD動画を見せられているような感じでしたゎ(^ω^;)
でもまぁ私は邪神ちゃんの1期を序盤で見切っていましたので、今回流れた
回想映像はそれなりに楽しめるハイライトシーンになっていて良かったです。

私は1期の時は毒っ気のある雰囲気が合わなくて途中で見切ったのですけど、
この2期はマイルドな路線に変えてあって結構見やすくなった感じがします。
他のアニメが放送休止になっているために2期を軽く流し見し始めたのですが、
ここまで楽しみやすくなっているとはちょっと意外でした。
私としては1期よりも2期の方が楽しめる珍しいアニメだなぁっと思っています。
2020/06/19

お父さんと一緒ならどこだって素敵だよ

かくしごと 第12話 最終回 感想

「かくしごと」が第12話で最終回を迎えましたので、これが最後の感想となります。
この最終回は18歳の姫ちゃんの時代をメインにして描かれていましたが、可久士が
記憶を失ったまま入院していたり、母親が行方不明なのは遭難事故が原因だったり、
これまで謎だった未来の様子が明らかになっていたのでスッキリしました。
めぐろ川たんていじむしょの友達とは今でも一緒に活動をしているのが良いですね。
あと羅砂さんが売れっ子の漫画家になっていたから師匠の可久士を超える出世だ。
羅砂さんの漫画家あるあるネタなんかも聞いてみたいな(笑)

とにもかくにも……
姫ちゃんがお父さんに漫画の原稿を見せつけて記憶を取り戻させたシーンがとても
感動的で胸がジーンと熱くなりました。

幸薄かった18歳の姫ちゃんが初めて笑顔を見せてくれた時はもう涙モノです♪
まさに最終回に相応しい綺麗にまとめたハッピーエンドだったように思います♪(*´ω`*)
2020/06/18

最終回、守り抜こう!

球詠 第12話 最終回 感想  

春アニメ「球詠」がこの第12話で無事に最終回を迎えることになりましたので、
最後の感想を張り切って書きたいと思います。
最終回は新越谷が梁幽館に逆転勝利する感動的な幕切れとなっていましたね。

この作品は終始徹底して野球シーンのみを描こうとする姿勢が感じられました。
それゆえ各キャラが野球に向き合う気持ちを丁寧に伝えられていたと思います。
マネージャーの芳乃の采配面にもスポットを当てられていたことも良かったです。
野球の奥深さを表現する上ではかなり効果的な演出だったのではないでしょうか。
とにかく野球アニメとしては意外に内容が良かったし、爽やかな雰囲気も感じて、
回を重ねるごとに私の評価は上がっていきました。
作画に関しては他の感想ブロガーが書いていると思うので割愛するけどね(笑)

他の多くの春アニメが放送休止に追い込まれている中、この球詠は最終回まで
よく頑張って放送してくれました。
芳乃が「いつも通りやろう!最終回、守り抜こう!」と鼓舞していましたけど、
このセリフはアニメスタッフさんに向けてのエールのようにも聞こえました。
アニメファンの1人としては放送を続けてくれただけでも有り難かったです!(*´ω`*)
2020/06/16

会いたかったよぉー♪弟くぅーん♪

プリンセスコネクト!Re:Dive 11話 感想 シズル
プリンセスコネクト!Re:Dive 11話 感想 リノ

「プリンセスコネクト!Re:Dive」の第11話はユウキに2人の妹がいたお話でした。
このシズルリノはお兄ちゃんのことをとても慕っているのはいいのですが、本当に
ユウキの妹なのかちょっと変な違和感がありましたわ。
てか、この2人が本当の姉妹なのかどうかも怪しい感じがしたんだけどね。
シズルがリノに強烈な頭突きをして落ち着かせていたのには笑いました。
この相手の記憶を消しちゃう頭突きもシズルの必殺技なのかもしれません。
それにしても、このアニメには続々と新キャラが登場するから覚えきれません(^ω^;)
2020/06/15

プロ野球が開幕が近づく♪

セ界首位締め 矢野阪神

おはようございます。
今朝は久しぶりにスポーツ新聞を買いに行きました。
前は緊急事態宣言が出される前に買ったので約2ヶ月ぶりになるでしょうか。
いよいよプロ野球が今週末から開幕するためチェックしておこうと思いました。

阪神ベンチの写真を見ると、監督とコーチ陣は皆マスクをしているようですね。
開幕後もマスクをしたまま試合に臨むのかもしれません。
とりあえず阪神は練習試合で絶好調みたいなので期待したいです。
やっぱり阪神は無観客試合の方がファンからの厳しいヤジがないからなのか、
プレッシャーがかからない分だけ強い実力が発揮できるようですわ(笑)
もう今年の阪神は無観客試合が続けば続くほど優勝が近づく気がします(^ω^;)
2020/06/15

今度はソフィアとしてずっとそばにいるから

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 11話 感想 あっちゃん

「はめふら」の第11話はカタリナとあっちゃんのやり取りに感動いたしました。
angelaさんの挿入歌「君の影、オレンジの空」が流れていたのも良かったです。
さらに感動的な雰囲気に盛り上げてくれていたように思います。
別れ際の2人を見ると、いかに大切に思い合っているのかが伝わってきますね。
もうカタリナはあっちゃんとは前世のような友達付き合いが出来なくなりましたが、
これからはあっちゃんの生まれ変わりのソフィアと仲良くしていってもらいたいな(*´ω`*)
2020/06/14

白銀圭は反抗期だからである

かぐや様は告らせたい? 10話 感想 白金圭

「かぐや様は告らせたい?」の第10話では白銀会長のお父さんと妹の白銀圭
登場していました。
どうやら圭は気難しいお年頃みたいでお兄ちゃんとは仲良くなさそうなのですが、
まぁあれだけ小言を言われ続けると反抗期にもなっちゃうかな。
それでも内心ではお兄ちゃんのことを気にしているブラコンな妹なのが面白い。
「罵倒風な質問」を浴びせかけていたのには苦笑いだけど。
こういう素直になれないところがお兄ちゃんと似ているといえますね。

あと、会長のお父さんがかなりの変わり者だったので存在感がありました。
かぐやにとっては思いも寄らない形で白銀パパとの初対面を迎えたわけですが、
まぁ将来のお義父さんとご挨拶出来たと思えば良いのかもしれませんね(^ω^)
2020/06/13

宮崎駿さんと庵野秀明さん

宮崎駿 庵野秀明 風立ちぬ

夕方のTV番組で宮崎駿監督の映像が流れていたので気になって見てみました。
ただ、途中からのラスト10分ほどしか見ることが出来なかったです。
内容は「風立ちぬ」を制作している時の様子を映したドキュメンタリーでした。
宮崎監督が庵野秀明さんを主役の声優に抜擢した時にとても楽しそうに会話を
交わしている様子が印象に残りました。
宮崎監督のような巨匠でもお茶目にダブルピースしたりするんですね(笑)
「黒川さんの役をやりたくなってきちゃった」と言っていたのも面白いです。
宮崎監督がもしも声優をやったらどんな演技をするのか非常に興味があります(^ω^)
2020/06/13

方程式の問題

方程式

今回ミュークルドリーミーでゆめとまいらが数学の方程式を教わっていましたが、
私も上の問題を見ると答えがちょっと分からなかったです(苦笑)
特に(3)の問題は8に何を加えても3に絶対に減らんやんって疑問に思いましたw
問題の「+」記号が「-」と書き間違っていると思ってしまいましたもんw
学校を卒業してから方程式なんてまず解く機会なんてないから忘れますわ(^ω^;)

私は数学のテストは一桁得点さえ取らなければ実質勝利と思っていましたので、
ゆめとまいらが30点近く取っていたのを見ると賢いなぁっと思いましたよ。
私のイメージでは30点取れていたら赤点じゃないような気がするんだけどなぁ。
ちなみに私は数学のテストの時はスパッと諦めて寝ていた思い出があります(苦笑)
先生からは「テスト問題が分からないなら、もう授業の感想や先生への質問とか
要望や文句、何でもいいから答案用紙に書いといて」
っと起こされてました(^ω^;)
2020/06/13

物知りで優しくて手取り足取り勉強を教えてくれる菩薩様みたいな人

ミュークルドリーミー 第6話 感想

今週もまた超電磁砲Tは休止でしたので、代わりに「ミュークルドリーミー」
第6話の感想を書いておこうと思います。
どうやら超電磁砲Tは7月下旬までの結構長い延期になるようですね。
隔週くらいで放送するのかなぁっと思っていました。

とりあえず……
今回はゆめとまいらがことこ先輩に中間テストの勉強を教えてもらうお話でした。
それなのに2人とも寝落ちして赤点を取っちゃっていたから呆れちゃう(笑)
でもまぁテスト勉強をしたのがきっかけで、ことこ先輩とすうが新たな3組目の
ドリームパートナーとして仲間に加わるようになった
のは良かったかな。
ゆめとまいらだけでは頭脳を使った活躍は厳しそうだから、ことこ先輩のような
賢い仲間がいてくれると頼りになるのではないかなぁっと思います。
2020/06/12

ゲーセンミカドが出禁解除(営業再開)したニュースを見る

ゲーセンミカド 出禁解除 東京アラート解除

先程、お昼のニュースで有名なゲームセンターの映像が流れていたのを見ました。
どうやらゲーセンミカドが東京アラートの解除によって営業再開されたようです。
店長さん達が休業期間中もYouTubeでゲームの実況をして頑張られていましたが、
やっぱり本職で営業できるとなるとやり甲斐が出てくるでしょうね。
再開を待ち望んでいた常連ゲーマーさん達も喜ばれているのではないでしょうか。

あとニュースでは1日に1000人ほど訪れるお店と紹介されていたのには驚きました。
そんなにも多くの来店客がいるとは……。
ゲーム大会の時は「ハイスコアガール」みたいに活気があるのかもしれませんね。
もしも私が東京に行く機会があれば、この高田馬場にあるゲーセンミカドには一度
訪れてみたいなぁっと思っています。

<追記>
今、ミヤネ屋でもゲーセンミカドがインタビューを受けている映像が流れました。
かなりの報道陣が集まっているようですね。やっぱ凄いゲーセンですゎ。
2020/06/12

次世代ゲーム機「プレイステーション5」の本体が初公開!

プレイステーション5 本体デザイン

おはようございます。
今朝はプレステ5の発表会があったので早起きして生配信をチェックしました。
本体と周辺機器が初公開されたり、28本の発売予定ソフトが披露されました。
PS5の本体のデザインがかなり斬新な感じになっていたのが目を引きました。
オシャレな雰囲気が感じられるのは好印象です♪

どうやらPS5は今年中にも発売される予定ということなのでワクワクしますね。
あとは価格がどのくらいになるのかが一番気になるところでしょうか。
私自身は未だにPS2を現役で稼働させて遊んでいる状態なので、今回初めて
PS5の姿を見てそろそろ新しいゲーム機へ乗り換えたくなってきました。
2020/06/12

開き直った漫画家は手負いの狼だ

かくしごと 11話 感想

「かくしごと」の第11話は可久士が姫ちゃんから家族会議の開催を打診されたり、
編集部から漫画の連載を打ち切られると勘違いしたりするお話でした。
もう十丸院がトラブルを巻き起こすのは定番パターンになっていますね。
ただ可久士は久しぶりにカラーページを描けましたし、連載漫画の読者の人気が
一瞬でも跳ね上がったりしていたのは良かったといえそうかな。
ただその後の人気の急落を見るとマジで打ち切られそうで心配だけど(笑)
「打ち切りが決まると急に漫画が面白くなることがある。」と言っていましたが、
人気が伸び悩んでいた漫画が急に面白くなるのは危険信号ってことかな(^ω^;)

とりあえず漫画が色んな会議をした上で作られているというのは分かりました。
おそらくアニメなんかでも様々な制作会議や打ち合わせをされているのでしょう。
可久士達がそれぞれ勝手な思い込みによってスレ違っている様子を見ていると、
適度に会議を開いて意思疎通を図っておくことは重要かもしれません。

あと、姫ちゃんが11歳の誕生日を祝ってもらっていたシーンが良かったです。
自分の誕生日にあれだけの友達や知人が集まってくれると嬉しいでしょうね。
逆に姫ちゃんの18歳の誕生日を祝ってくれる人がいるのかどうか気になります。
2020/06/11

これが全国レベルの威圧感

球詠 11話 感想 中田奈緒

「球詠」の第11話は詠深と珠姫のバッテリーが梁幽館の4番バッター中田奈緒
勝負するところが最大の見せ場となっていました。
詠深達は前の中田の打席の時は敢えて1点を与えてまで敬遠していましたので、
いかに長打力のある恐ろしいバッターであるのかが伝わってきます。
このアニメの物語における最強クラスのライバルキャラなのは確かでしょう。
やっぱり野球アニメはエースと4番バッターの対決が注目の1つになりますね!

詠深がそんな中田を相手に強ストレートを投げて真っ向勝負を挑んでいましたが、
残念ながらジャストミートされてスタンドに放り込まれてしまっていました(汗)
自信を持って投げたボールをあんな完璧に打たれたらショックかもしれない。
詠深がこの後も冷静さを保ちながらピッチングができるのかが気になります。

今回の野球シーンでは満塁の時に敬遠することが出来るんだなぁって思いました。
塁を埋めて満塁策を取るのならまだ分かるけど、わざわざ相手に1点を与えてまで
勝負を避けるというのが不思議でした。
どうせ歩かせるならアウトコースばかり投げて打ち損じを狙ってもいいのに……。
こういう場合も中途半端に勝負するのは良くないってことなのかな?
少なくともプロ野球ではまず見たことがないような奇妙な敬遠シーンでした。
満塁なのにストライクが入らずに押し出しするプロの投手はたまに見るけどね(^ω^;)
2020/06/09

「はてな☆イリュージョン」の最終回を見てみた

はてな☆イリュージョン 最終回 感想

昨夜に放送されていた「はてな☆イリュージョン」の最終回を見ました。
すでに最終回を迎えていたものと思っていたので少し驚きました。
どうやらこのラストの第12話だけが長い間放送を延期していたようですね。

実は私は冬アニメをチェックしていた時に初回で見切っていたりします(苦笑)
設定や内容的にちょっとばかり古い印象を持ちましたので……。
逆に今にしては懐かしさを感じさせるなぁっと思ったりしたんだけど。
怪盗ツインエンジェルをやっていた頃に放送していたら見続けたと思います。
つまり私が10歳ほど若かったら見ていたでしょうか。
歳を重ねるごとにアニメの守備範囲が狭まっているような気が……(汗)
期待しているアニメや気に入ったアニメは繰り返し見ているんだけどねぇ。

とりあえず、はてな☆イリュージョンは7月から再放送されるようですね。
夏アニメが無事に放送されるのかも分からない状況ですので、この機会に
最初から一通りチェックしてみてもいいかなぁっと思っています。
2020/06/09

我が家に届いたアベノマスク♪

アベノマスク

今日は暑くてゲームを遊ぶ気分じゃないので何もせずにゴロ寝をしています。
暇潰しに国会中継を眺めているくらい何もヤル気が起きないです(苦笑)
もう国会では麻雀検事長の案件はオワコンになっているみたいですね。
再委託がどうのこうのと別の話題に移り変わっていましたわ。

総理大臣が小さいマスクをしながら答弁している姿を見て思い出しましたが、
私の家にも先月末に政府からの贈り物「アベノマスク」が届きました♪
いや~、まさかお国からプレゼントが貰える日がくるとは思わなかったです。
世間ではアベノマスクの評判は悪いみたいだけど、私はタダで貰える物なら
喜んで貰ちゃいますよ♪
(笑)
欲を言うなら、日本政府からの配給品だと分かるようにマスクに桐花紋章でも
描かれていればもっと嬉しいんだけどね。
とりあえずレアな粗品だと思うので、もしも未使用のまま大切に保管をすれば
価値がいくらまで跳ね上がるのかがちょっと気になったりします(^ω^)
2020/06/09

美食殿特製なめらかプリンです♪

プリンセスコネクト!Re:Dive 10話 感想 ミヤコ

「プリンセスコネクト!Re:Dive」の第10話はユウキとコッコロが魔族のギルドの
女の子達とお知り合いになるお話でした。
占い師のシノブに幽霊のミヤコ、そして吸血鬼のイリヤ・オーンスタインといった
オカルト属性の面白いキャラ達が登場していたので楽しませてもらいました。
リトルリリカルの他にもこんな可愛いキャラがいてるんですね♪
もちろん私はイリアにはお子様姿のままでいてもらいたい(笑)
あとユウキ達がミヤコの魔法でプリンの姿に変えられたのがキュートでした♪
ミヤコってプリンセスストライクよりも強力な技を持っているのかもしれない(^ω^)