雑記 - アニメとゲームと恋の楽園
2019/08/17

揺れ、の、その先

2019-08-17_01.jpg

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の第7話は文芸部の合宿の様子が描かれていました。
ギスギスした和紗と菅原氏の関係、不慣れな陽キャへの変化に戸惑う部長、さらに
百合へ目覚めかけるもーちんに顧問のミロ先生に抱いてもらおうとする本郷さんなど、
今回も5人それぞれにスポットを当てた話が展開されていたので楽しめました。
えすいばつの他にもがっぷり四つのうっちゃり大一番って表現もあるのかと思ったw

とりあえず、今のところは部長の恋愛が一番上手くいっている感じがするかな。
天城くんのお誘いを断ってばかりいると他の女の子に取られるかもしれませんので、
少しくらいはイチャイチャしてあげてもいいのになぁっと思うんだけどねぇ。
あと、菅原氏があの演出家と本当にキスしちゃっていたのかが気になる!
ミロ先生よりも演出家の方が少女相手に躊躇なく手を出しそうだから心配です(^ω^;)
2019/08/16

花火を買った♪(^ω^)

2019-08-16_03.jpg

おはようございます。
台風が通り過ぎてくれたようで、今朝の空は晴れ間が広がっています。
今日は両親とお墓参りに行く予定なので、早めにスーパーで買い物を済ませました。
本当は昨日に墓参りする予定だったけど、台風が接近していたので1日延ばしました。

スーパーでまた花火を買ってしまいました。
母から「また余計な物を買って。まだ子供か?」っと愚痴を言われちゃったけどね(苦笑)
親が墓参り用の線香を買っているのを見たら、ふと花火を買いたくなりました。
8月も後半に差し掛かるので、あと1、2回くらいは花火を楽しもうと思います(^ω^)
2019/08/15

親子の絆

2019-08-15_01.jpg

「YU-NO」の第19話はたくやとセーレスの間に子供が出来ていたのが注目でした。
異世界編は神奈を攻略するルートだと思ったけど、セーレスと結ばれたということは
セーレス攻略ルートがトゥルーエンドになっていると思えばいいのかな?
とにかく、たくやは異世界編では女の子と簡単にえすいばつをするみたいだ!?w
今流行の異世界アニメでも子供まで作っちゃう作品はなかなかないですよね(苦笑)
たくやの場合は戦闘能力よりも、エッチな事にチート能力を使っている感じかな(^ω^;)

とりあえず子供の名前を「ユーノ」と名付けたことで、ここで謎の女の子の正体が
ようやく判明しました。
それにしても成長が早すぎるからまるでダイジェストを見ているような感覚です(汗)
あと、たくやがセーレスとユーノと幸せな家族生活をしているのはいいけど、カンナを
助けるという目的を忘れていないのかが少し心配だったりします。
異世界で他の女の子に手を出して家庭まで築いているのを見ちゃうと、もう現世界に
戻るつもりはないのかなぁって思っちゃうし……(^ω^;)
2019/08/14

島を探索

2019-08-14_02.jpg

「ソウナンですか?」の第7話はほまれ達が島を探索する様子が描かれていました。
遭難生活が長く続くかもしれないので、今後に備えて島を調査しておくのは良いですね。
そこで、ほまれは睦を指名して調査を始めていましたけど、まぁ私も残りの3人の中から
1人を選ぶとすれば睦を連れて行くと思います。
睦は頭が賢いから参謀役として立ってくれそうですし。

あと、探索によって船着き場や廃墟小屋を発見していたので、もしかするとこの島には
他に誰か訪れているのかもしれませんね。
最後の狼煙はいったい誰の仕業なのかとても気になってきます。
とりあえず、この狼煙なんかもDr.STONEと被っているなぁっと思いました(^ω^)
2019/08/14

紫ちゃんは私のおばさん

2019-08-14_01.jpg

「Re:ステージ!」の第6話ではオルタンシアという2人組のアイドルが登場しました。
プリズムステージではアイドルグループ達が競い合うことになるわけで、そこで今回は
KiRaReのライバル候補の1つとしてオルタンシアを紹介するような感じでしょうか。
とりあえずオルタンシアのパフォーマンスは可愛らしさがあって惹きつけられました♪
多くの観客が訪れていたし、KiRaReにとっては強力なライバルとなりそうですね。

あとオルタンシアの伊津村紫伊津村陽花が叔母と姪の関係というのがビックリです。
しかも、叔母の紫の方が姪の陽花よりも年下というのが信じられない。
可能性としてはありえるのかもしれませんけど、これはかなり珍しい関係ですわ。
中学生で叔母になること自体がなかなかないと思いますし……。
一先ず今回はオルタンシアがどういうアイドルなのかが分かって良かったです。
オルタンシアの他にはどのようなアイドルがいるのかも気になります。
2019/08/13

みんごる初段に認定♪

2019-08-13_03.jpg

「みんなのゴルフ4」で遊んでいると、実力が【みんごる初段】に認定されました。
普通のクラブを使っているとボールを狙い通りにコントロールが出来なかったので、
初心者向けのみんなのクラブというものを使ってプレイしてみました。
このクラブを使えば飛距離のパワーだけを決定するだけなので簡単になりました。
特に池や砂場やコース外にボールが飛ばなくなったのは大きいです!(笑)
これでCPUの対戦キャラとやっと互角に渡り合えるようになって良かったです。
これからVSモードで勝利を重ねながら使用できるキャラを増やそうと思っています。
2019/08/13

山道を自転車で駆け巡る♪

2019-08-13_02.jpg

先日、山道をロングライドしている時に撮った写真です。
京都や兵庫の中北部はほとんど山ばかりなので、こういう山道をよく走っています。
自転車で山道を登るのは大変そうに思うかもしれませんが、私ならこの程度の坂道は
全然平気で登ってくることができます。
「ろんぐらいだぁす!」「ヤマノススメ」を混ぜ合わせた感覚で登り降りします(^ω^)

ちなみに私が乗っている自転車はマウンテンバイクです。
私は舗装された道路だけじゃなく、登山道みたいなオフロードも走ったりしています。
さすがに山の急斜面を降りていくようなダウンヒルまではやりませんけどね。
とりあえず山道では道端の木々が太陽の日差しを遮ってくれますので、木陰の中を
走るようにすれば意外に涼しさを感じるくらいに心地良かったりします♪(*´ω`*)
2019/08/12

パニックフィッシュ

2019-08-12_02.jpg

「ビジネスフィッシュ」の第6回の放送を見ました。
乙姫さんが魚脇の写真をネット上にアップすると、魚脇が世間の注目を浴びていました。
それで気を良くした魚脇は世間の主役になれるチャンス到来と思うところが単純ですね。
ただ、今回は乙姫さんのブラックな性格が表れていたのが一番笑いましたわ(苦笑)
「なにがもずくだよ。海の藻屑にしてやろうか。」のセリフは一瞬耳を疑いましたw
この作品の中では唯一のまともなキャラだと思っていただけに少し衝撃がありました。

とりあえず、魚脇タイはこの作品の主役であることだけは確かですね!
国家機密に関する重要な仕事まで依頼されるって、いったい彼は会社を休んでいる間に
どんな大冒険をしてきたのかメッチャ気になる(笑)
この作品の主役どころか、日本を牛耳る総理大臣の座まで上り詰めそうな感じがする(^ω^;)
2019/08/12

マリオネット ~後編~

2019-08-12_01.jpg

「あんさんぶるスターズ!」の第6話は前回から引き続きValkyrieのお話となっていました。
Valkyrieがドリフェスへ参加したものの対戦相手のfine(フィーネ)の前に敗北を喫しました。
ライブの途中で放送機材の故障というトラブルが起こったのは不運でしたけど、それでも
アカペラで最後まで演じきったところにValkyrieの意地とプライドを感じましたわ!
メンバーの掘り下げもあったし、彼らのライブシーンは深く心に沁みるくらい良かったです♪

あと今回の話から仁兎なずながRa*bitsでの活動を始めるまでの経緯も分かってきましたし、
少しずつ各キャラやユニットの繋がりがだんだん把握出来てきた感じがします。
それゆえに歌やダンスだけじゃなく、各キャラの背景も注目しながら楽しめています♪(*´ω`*)
2019/08/11

ミライ・ヤシマ

2019-08-11_01.jpg

「機動戦士ガンダム」の第19話の放送を見ました。
今回は放浪中のアムロが砂漠の町のレストランで敵のランバ・ラルとハモンに遭遇したり、
戦闘ではグフを撃破したりと見どころがたくさんあったお話でした。

あと、私としてはホワイトベースの操舵手のミライ・ヤシマさんの活躍なんかも注目でした♪
今回のミライさんはホワイトベースを背面飛行させてグフを振り落としていたのが凄いです。
さらにエンジン出力を最大にしてザクを撃破するという戦果まで挙げたのは素晴らしい!
船の操舵のみでモビルスーツを倒すなんて、なかなか見られない珍しいシーンかもね。
ガンダムシリーズにはモビルスーツを操縦する名パイロットは数え切れないほどいますが、
軍艦を動かす名操舵手というのは意外に少なかったりするので、その点ではミライさんは
シリーズの中でもトップクラスの操舵手といえる感じがします。
2019/08/10

草摩利津

2019-08-10_02.jpg

「フルーツバスケット」の第19話では草摩利津という猿の十二支が登場しました。
利津は振袖を着た美しい女性に見えますが、本当は男性というのが驚くところです。
しかし彼の場合は女装キャラというよりも、自虐キャラというのが一番の特徴かな。
些細な事でもすぐに泣いて謝罪しちゃうものだから周りの人は絡みづらいと思う(笑)
もう今回は「ごめんなさぁーい」というセリフを何回聞いたことか……(^ω^;)
とりあえず、編集者のみっちゃんと性格が似ているので良い友達になれそうね。
2019/08/10

乙女は森のなか

2019-08-10_01.jpg

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の第6話は文化祭での恋の伝説を考えるお話でした。
共学の学校において文化祭は恋人を作る最大のチャンスということなのでしょうね。
中高大と女子校で育ってきた私には想像上の夢のイベントのように思えちゃう(苦笑)
私の学校では生徒の家族以外の人は基本的に文化祭への入場は出来なかったため、
ましてや他校の男子を招待するなんてことも事実上不可能でしたからねぇ。
フォークダンスやキャンプファイヤーを禁止されるよりも、文化祭で恋人を作るという
ハードルがかなり高いです(汗)
なので、女子校では本郷ひと葉のように男の先生にアプローチするのがベターかなw
私は本気で先生に片思いをする同級生を何人か見てきましたのでw、ひと葉の描写は
あながちフィクションではないかもしれないなぁっと思ったりしています(^ω^;)

話が逸れちゃったけど、今回は和紗達の入浴シーンが一番の注目といえそうですね。
和紗が菅原さんの美しくて大きな胸を羨ましがっていましたけど、和紗も結構豊かな
胸をしているからそんなに落ち込まなくてもいいのにと思いました。
映像を見る限り、少なくとも貧相な胸じゃないのは確かですわ。
2019/08/09

「銀河お嬢様伝説ユナ」キャラクター大詳解

2019-08-09_03.jpg

「PCエンジン mini」にさらに8作品が追加で収録されることが決まったみたいです。
特に「天外魔境II 卍MARU」は多くのPCエンジンファンが待望していたと思うので、
今回の追加作品の発表はかなり注目を集めたのではないでしょうか。
この天外魔境IIが収録されているか収録されていないかでPCエンジン miniの価値を
大きく左右していたはずなので、今回の決定は良いサプライズになったと思います。

上の画像はPCエンジン版「銀河お嬢様伝説ユナ」に登場する主要キャラクター達を
紹介した昔の電撃PCエンジン(現:電撃G's magazine)の記事です。
ユナのイラストが描かれた折込みポスターの裏面側に書かれています。
(画像をクリックすると拡大されます)
残念ながら今回の追加作品の中には銀嬢伝ユナはありませんでしたね。
2019/08/09

夏空の下でサイクリング♪(^ω^)

2019-08-09_01.jpg

今日は朝から夕方まで7時間ほどロングライドをしてヘトヘトに疲れました。
さすがにこんな暑い日に自転車に乗り続けているのは厳しかったです。
でも、扇風機しか置いていない私の部屋は夏場は蒸し風呂状態になるため、
部屋に籠もっているよりも外に出かける方がマシだったりするんですよねぇ。

上の写真は山の峠から撮った入道雲の写真です。
山の上まで登れば少しは涼しく感じるかなぁっと思いましたが、麓の気温と
あまり変わらなかったです。
ただ体力を余計に消費しちゃっただけで、汗だくになってしまいました。
明日は家庭用のビニールプールに水を入れて涼みたい気分です(^ω^;)
2019/08/08

デラ=グラントの黄昏

2019-08-08_01.jpg

「YU-NO」の第18話からは異世界デラ=グラントを舞台に物語が展開していきます。
OP曲とED曲も変更されましたし、これまでの内容と異なってくることを予感させます。
とりあえず、最近流行の異世界転移アニメのような感覚で視聴すればいいのかもね。
この作品はタイムリープ的な要素があったり、異世界転移要素があったりと、ここ最近
のアニメで流行しているジャンルの内容が取り入れられているのが良いところかな。

昔に人気があったゲームとはいえ、なぜこの「YU-NO」が今更アニメ化されたのかが
不思議に思いましたが、今流行のジャンルの要素が含まれているということであれば
制作にゴーサインが出るのも少し納得しました。

異世界編ではたくやはセーレスという巫女とアイリアという女剣士と出会っていました。
彼はどの世界にいても多くの女の子と知り合って親しくなれるのが得意そう。
あと、軽装備で砂漠越えをしようとしていたのは無茶ですよね。
この作品でも今季のアニメの特徴のサバイバル的なシーンが見られそうな感じ?(笑)
とにもかくにもアイリアが登場してすぐに退場しちゃったのが驚きでした。
2019/08/07

ウサギ実食

2019-08-07_03.jpg

「ソウナンですか?」の第6話は捕獲したウサギを食べようとするお話でした。
まずはウサギが逃げないように動きを止める必要があったわけですが、たとえ
食料のためとはいえ可愛い動物の命を奪うのを躊躇しちゃうのは仕方ない。
お腹が空いている無人島生活において、こういう感情があるのはまだ人間らしい
精神を保てている証拠なのでちょっと安心かな。
食べた後にはきちんと感謝の気持ちを描いていましたし。
昨日の記事で書いた映画の「野火」では猿(←劇中での隠喩表現)を躊躇せずに
食べるくらい飢餓状態により精神を崩壊していましたので、「野火」を見た後に
このアニメを見るとだいぶ平和で豊かな生活だなぁっと感じました。

あと、ウサギを捌くための道具として石器を作ろうとしていたのは偉いです。
「Dr.STONE」といい、今季のアニメはサバイバル知識が覚えられるのが良いね♪
この作品でも少しずつ文明を発展させていくのかどうかが気になります。
次にほまれ達が火薬を作り始めたらDr.STONEで学んだ知識の良い復習になる?
とりあえず、ウサギの肉ってどんな味なんだろうって思いました。
2019/08/07

梅こぶ茶飲み隊

2019-08-07_02.jpg

「Re:ステージ!」の第5話は謡舞踊部のグループ名を決めるお話でした。
瑞葉部長の考えた「梅こぶ茶飲み隊」というグループ名がちょっと可愛いと思いました。
しかし、この提案は他のメンバーからは即却下されていたから可哀相かな(笑)
一度聞いただけで印象に残る良い名前だと思うんだけどねぇ。
さらに瑞葉部長は曲名を「梅こぶ茶チャチャ」と勝手に名付けていたから面白いです。
彼女は梅こぶ茶が大好きということがよく分かりました(^ω^;)
とりあえず、みいが考え閃いた「KiRaRe(キラリ)」は素敵な名前だと思います。
さすがアイドル活動をやってきただけあって、こういうネーミングセンスは抜群ですね。
2019/08/06

【祝】 ゴルフの渋野日向子選手が全英女子オープンで優勝!

2019-08-06_06.jpg

TVで全英女子OPで優勝した渋野日向子選手の凱旋帰国の様子を見ました。
正直ゴルフについては詳しくありませんが、日本人選手がゴルフのメジャー大会で
優勝するのは42年ぶりということで注目してしまいます。
とりあえず渋野選手のプレーなどの映像を見た感じとしては、にこやかな笑顔が
印象的だなぁっと思いました。

渋野選手のニュースを見ていると「みんなのゴルフ4」を少し遊びたくなりました。
1ヶ月前に買ったばかりですが、このゲームって結構難しいですね。
狙った場所になかなかボールが飛んでいかないです。
ショットボタンを押すタイミングがズレて池の中とかコースの外へよく飛んじゃうw
ちなみに私のベストスコアは一番簡単な「さくら山温泉CC」コースで11オーバーです。
最初、一応プラスポイントだから良い成績なのかな?っと勘違いしちゃったw
ゴルフは麻雀と違ってマイナスポイントが多い方が良いんですよね(^ω^;)
2019/08/06

リメイク版の映画「野火」を見た!

2019-08-06_05.jpg

8月のこの時期は太平洋戦争の慰霊の日が続くこともあって、TVでは太平洋戦争を
題材にした映画をよく放送していますね。
そこで今日はお昼からリメイク版の映画「野火」を放送していたので見ていました。
戦争末期のフィリピンのレイテ島で飢餓に苦しむ日本兵達を描いた作品です。
私は旧作のモノクロ映画版の「野火」はこれまでに何回も視聴しているのですけど、
こちらのリメイク版を見たのは今回が初めてになります。

視聴した印象は……さすがに最近作られた映画だけあって綺麗なカラー映像ですし、
戦場での悲惨な状況を今の技術で可能な限り描写していたような感じがします。
兵士達が精神を病んでいく様子をグロい表現を用いることで上手く強調していました。
リメイク映画としては予想していた以上に良く作られていたように思います。

ただ、それでもやっぱり私個人としては旧作の方がインパクトの強さを感じるかな。
旧作は視覚的なグロさというより、精神的に心に突き刺さるものを感じましたので。
特に旧作のラストで主人公が人間らしい生き方をしたいんだという気持ちで敵対的な
現地人のいる危険な場所へ歩み出すシーンは、「野火」というタイトルの深い意味を
見事に表現していたので感嘆しました。
この作品に限りませんが、太平洋戦争をテーマにした映画は戦争時代を知っている
スタッフが作る映画と戦争を知らないスタッフが作る映画では描き方が異なるのは
仕方ないかもしれませんね。
2019/08/06

重要な報道で「天才」と「アホ」を書き間違える!?

2019-08-06_02.jpg

全英女子オープンゴルフ2019で日本人選手が優勝したみたいなので昨日から
いくつかニュース番組をチェックしていたのですが、関西テレビ(フジ系)の
アナウンサーが京アニの報道について突然謝罪していたのが気になりました。
何について謝っているのか分からなかったのでネットで調べてみたわけですが、
どうやらテロップで「天才」と書くべき部分を「アホ」と書き間違えたみたい。
……いやいやいやいや、そりゃいかんでしょ!(汗)
あまりにも酷すぎるミスなので、その番組の責任者は更迭されたりして!?
どうして正反対の意味の言葉に書き間違えるのか不思議です。
これはきっと世界中の京アニファンから抗議が殺到していたでしょうね。

TV局などの報道関係者が京アニについて詳しく知らないのは仕方ないのですけど、
とりあえず京アニには阪神タイガース並に世界に多くの熱いファンがいる事だけは
理解しておいてもらいたいかな。
2019/08/05

同僚たちの恋愛頭脳戦?

2019-08-05_02.jpg

「ビジネスフィッシュ」の第5回の放送を見ました。
今回は魚脇タイと磯野もずくがお互いに良い関係になってから相手をフッてやろうとする
あまりにも奇妙な恋の駆け引きを繰り広げていたので苦笑いです。
魚脇は最初から変な性格だけど、このもずくの方も結構クズなところがあるなぁw
口喧嘩するシーンなんかは本性が出ていた気がするもんw
さらに、乙姫さんが魚脇ともずくのやり取りを見て修羅場になっていたのは爆笑もの!w
これから魚脇は乙姫さんからずっと下僕扱いされ続けることになるのかな?(^ω^;)
2019/08/05

マリオネット ~前編~

2019-08-05_01.jpg

「あんさんぶるスターズ!」の第5話はValkyrie(ヴァルキュリー)がメインの回でした。
1年前のヴァルキュリーはラビッツに移籍する前の仁兎なずなも所属していたようで、
今回の回想シーンでは3人組ユニットとして活動する様子が描かれていました。
とりあえず、なずなは変声期を迎えるようになって口パクでライブをすることにかなり
悩みを抱えていたみたいですね。
女性アイドルを描いたアニメでは精神的なショックで声が出せないパターンが多いけど、
声変わりというのは男性アイドルアニメならではの悩みのパターンだなぁっと思いました。
あと、西洋人形を抱いている斎宮宗と関西弁の影片みかも特徴があって覚えやすい。

今回は男の子同士で密着するように触れ合うシーンが多かったような感じがします。
日頃、百合アニメや美少女アニメを中心に見ている私としては新鮮な印象がありました♪
たまには男の子達のラブラブな絡みを見てみるのも良いかもしれない♪(^ω^)
とりあえず、なずながヴァルキュリーを離れるようになった経緯がとても気になるかな。
2019/08/04

灼熱のアッザム・リーダー

2019-08-04_01.jpg

「機動戦士ガンダム」の第18話の放送を見ました。
今回はザビ家の長女キシリアが直々に最前線の地球にまでやって来ていました。
ジオンの地球方面軍はガルマ様の戦死により少なからず動揺があったはずなので、
ここで軍の統率者の彼女が訪れるだけでも兵士達の士気が高まって良いと思う。
さらにキシリアはマ・クベ大佐の操るアッザムに同乗してガンダムと戦っていたし、
後方の安全な場所から命令するだけの指揮官ではないところは褒めたいです。
ただ基地の機密保持のために多くの兵士の命もろとも爆破処理したのは鬼だ(汗)
2019/08/03

大切なのは……

2019-08-03_02.jpg

「フルーツバスケット」の第18話は虎の女の子の草摩杞紗が登場するお話でした。
杞紗は学校でイジメを受けて不登校になったり、さらに精神的なショックで言葉を
喋ることまで出来なくなっていたというのがとても可哀相でした。
そんな杞紗にとって大きな転機となるのは優しい透との出会いといえるでしょうか。
透もまた同じようなイジメの被害を受けていた経験があるので、今の杞紗の気持ちを
よく理解してあげていたのが良かったですね。
杞紗が透と触れ合ったことで前向きに立ち直ろうと決意していたので安心しました。
「弱さゆえの向上心」……印象に残る良い言葉です。
きっと杞紗もいずれは今の透のように仲良しの友達が出来るはず(*´ω`*)
2019/08/03

私を知らぬ間に変えたもの

2019-08-03_01.jpg

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の第5話は最後に曾根崎部長と天城くんのカップルが
誕生したのが良かったです。
部長が彼の書いたレポートの告白文に対して添削文でOKの返事をしていたのが素敵♪
文芸部の部長だから文筆の方が率直に自分の気持ちを伝えやすいのかもね。
なかなか奥ゆかしさのある告白のやり取りで、まるで少女漫画を見ているようでした。
これから2人がどのようにお付き合いを始めていくのか興味津々です♪(*´ω`*)
2019/08/01

真実は並列世界の果てに~新たなる旅立ちへ~

2019-08-01_01.jpg

今回の「YU-NO」はこれまでの物語を振り返る総集編となっていました。
これから現世編から異世界編へと大きく舞台が移り変わっていくこのタイミングで、
一息入れる形でストーリーの流れをおさらいするのは良いかもしれませんね。
あと最後には異世界編の一部の映像を先行して紹介していたのは予想外でした。
異世界編ではどのように物語が展開されていくのかますます気になってきます。
謎だった女の子ユーノがいよいよ登場してくるから楽しみ♪(*´ω`*)