雑記 - アニメとゲームと恋の楽園
2020/02/11

あの時の事はしっかりと胸に焼き付いてるぜ

へやキャン△ 6話

「へやキャン△」の第6話では千明とあおいが知り合った時の回想が描かれました。
どうやら2人は中学生時代の火祭りがきっかけで友達付き合いが始まったみたいね。
千明があおいを「イヌ子」というあだ名で呼び始めた原因まで分かったのが面白い。
今回はメインストーリー的な貴重な内容を含んでいたので意外な感じがしました。

私はジュースの自動販売機の抽選に何回か当てたことがありますが、もう最近は
そういう抽選のある自動販売機は周辺で見かけなくなったので寂しいです。
とりあえず、千明はつぶつぶコーンスープが好きなのかなぁって思いました(^ω^)
2020/02/10

舞菜がセンターになって笑っている姿が見たい

推しが武道館いってくれたら死ぬ 5話 桃太郎 きびだんご

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第5話は、えりぴよが握手券付きのCD
1枚ずつ買いながら舞菜とお話しする時間を少しでも作ろうとしていました。
舞菜の人気投票の底上げにも繋がるので大量に買い支えておきたいところですが、
足を怪我してバイトが出来ないというのが辛いところですね。
それでも、お母さんからお金を借りてCDを買おうとしていたから感心しちゃう。
ただ、腕立て伏せのような土下座でお母さんにお願いしていたから面白い。
さらには臓器を売ってまで購入資金を手に入れようとする考えが凄すぎですw
臓器を売る覚悟があれば某ミナミの帝王からでも借りられるんじゃないかなw

一方の舞菜はえりぴよが文推しに変更したのでは?と不安を抱いていました。
これはちょっとした思い違いなわけですけどね。
この2人を見ていると、こんなすれ違いがずっと繰り返されそうな感じがします。
とにかく舞菜にとっては人気投票の順位より、えりぴよに応援してもらうことが
一番重要なのかもしれません。
2020/02/10

目の輝きは女性の美しい部分の最たるところ

異種族レビュアーズ 5話

「異種族レビュアーズ」の第5話ではスタンク達が単眼娘のお店とキノコ娘のお店を
レビューするために訪れていました。
今回は依頼を受けての仕事ということで指定されたお店に行くことになるのですが、
彼らにとっては趣味が仕事になっているからホント天職みたいになっていますね(笑)
しかし、それでも単眼娘の大きな目を見たら若干及び腰になるようです。

キノコ娘のお店では店長さんが変な下ネタトークでお出迎えしていたから面白い。
「イッヒヒヒヒ♪」の笑い方なんかも独特な抑揚でとても印象に残りました(^ω^)
2020/02/09

お手当てだけは……プリキュアだけは何があっても頑張るから!

ヒーリングっど・プリキュア 2話 花寺のどか

「ヒーリングっど・プリキュア」の第2話を見たので、今週も少し感想を書きます。
今回はのどかが転入生として新たな学校に通い始める様子が描かれていました。
プリキュア姿も素敵だけど、学校の制服姿も可愛らしいです♪
彼女は体が弱くて学校に通えなかったから、このような制服を着て学校に通ったり、
学校で友達を作ったりできるようになってとっても嬉しいかもしれませんね。

あと、のどかがラビリンからプリキュアを降板させられそうになった時に、地球を
救いたいという気持ちを訴えかけていたシーンが感動的でした。
自分を助けてくれた人達に恩返ししたい想いが伝わってきて良かったです。
彼女の良さはそういう感謝の気持ちを持っている心優しいところと言えそうかな。
これからプリキュアとして思いっきり体を動かして活躍してもらいたいと思います!
2020/02/09

友達料金で助けてやる

マギアレコード 6話 深月フェリシア 環いろは

「マギアレコード」の第6話では、また新たに深月フェリシアという傭兵の魔法少女が
登場していました。
いろはからショバ代を貰おうとしたりしていたから傭兵というよりも守銭奴みたいだw
ただ、魔法少女としての実力は神浜市で傭兵をやっているだけあって高そうですね。
魔法少女でハンマーをぶん回して戦うスタイルというのが珍しいと思いました。

あと、傭兵代は1回1000円で強い魔女を倒してくれるのなら安いかもしれません。
お金をあまり持っていなければ友達料金の半額に割り引いてくれる優しさもあるしw
とりあえず、いろはは手作り料理をご馳走することで契約成立して良かったかな。

この作品は魔法少女を入れ替わりながら物語が進められていく感じなのでしょうか?
初回に登場した黒江という魔法少女なんかはすっかり登場しなくなっているし。
あと、今回登場した佐倉杏子のように「まどか☆マギカ」のキャラを絡ませたりして、
一応旧作との繋がりを大切にしようとしているのは伝わってきますね。
2020/02/08

わたくしに飛ばせない物などありませんのよ!

とある科学の超電磁砲T 5話 婚后光子

「とある科学の超電磁砲T」の第5話では婚后さんがカッコ良く描かれていたので
少し感想を書いておきたいと思います。
3期の婚后さんはメインキャラ級の扱いへと格上げされているのが良いですね。
今回だけを見ているともう主役のように思えちゃうほど目立っていましたし!
1期で初登場した時はタカビーなお金持ちのお嬢様といった印象だったのですが、
今は人情味のある心優しい女の子といった印象へと変わってきました。
ネコを必死に守ってあげる姿は心を打たれるほど素晴らしかったです!
湾内さんと泡浮さんが婚后さんと親しく付き添っているのもよく分かります。
次回はその2人が婚后さんに代わってどんなお仕置きするのか楽しみです♪
2020/02/07

寝るのは忘れても食欲は忘れられまい

恋する小惑星 6話 星咲祭 メイド服

「恋する小惑星」の第6話では地学部が文化祭でメイド喫茶をやっていました。
そういうわけで、今回の注目ポイントはみら達の可愛いメイド服姿になるかな。
すずもお店の宣伝のために一緒に混ぜてもらっていたので良かったです。
月の満ち欠けパンケーキがとっても美味しそうに見えました。
あとメインの出し物の展示物もきちんと準備できていたから大成功だと思います。

今回の文化祭では部員達の家族とのやり取りが見られたのも良かったです。
あおの悲鳴なんかはこういう時にしか聞けない貴重なシーンだったかもしれないw

最後にモンロー先輩と桜先輩が引退宣言をするものだからちょっと驚きましたが、
どうやら部長などの役職を後輩へバトンタッチするだけだったので一安心かな。
もしここで2人が部を引退しちゃったら、部員不足で廃部になりかねないし。
でも、いずれは先輩達が卒業して去っていくからうかうか安心はできないと思う。
春になって一年生が入学してきたら新入部員の勧誘をしないといけませんね!
2020/02/07

シナモン潤っちゃう~♪

ネコぱら 5話 シナモン

昨夜の「ネコぱら」のシナモンのキャプを繋いでファイルに保存しました。
シナモンは猪突に発情モードに入っちゃうから変態なネコさんですね。
この作品のほんわかした雰囲気では逆に浮いちゃって見えますゎ。
洋菓子店の店員をやっているよりも「異種族レビュアーズ」のような店で
お仕事している方が合っているように思えちゃうw
2020/02/07

お客を増やすには、やはり知名度を上げるのが大事

ネコぱら 5話 ショコラ バニラ カカオ

「ネコぱら」の第5話ではショコラ達がお店の売上アップのためにショップカードを
街の中で配って宣伝していました。
彼女達はご主人様がお店の売上低迷に悩んでいると早とちりしちゃったのですけど、
どのような動機であれご主人様を手助けしようとするところは優しいですね。
売上が落ちて美味しいご飯が食べられなくなるのが嫌というのが理由でもあるかw
ホント彼女達は食べ物が大好きだということがよく伝わってきます。
今回のカカオはたい焼きを2回も美味しそうに食べていましたし。

そのカカオは街の中で迷子になっちゃっていたから困ったものですけどね(苦笑)
ただ迷子の時にちよという女の子と一緒に行動しているところは微笑ましかったよ。
ネコ達のやり取りを見ても楽しめるけど、こういう可愛い少女とのやり取りなんかも
とても癒やされる感じがします♪
2020/02/06

「機動戦士ガンダム」の感想の後書き

機動戦士ガンダム RX-78ガンダム

昔からこのブログを見てくださっている訪問者の方はもうご存知だとは思いますが、
私はガンダムシリーズでは富野由悠季監督が手掛けた作品を気に入っています。
何回もリピートして見るのはもちろんのこと、感想なんかもこのブログだけじゃなく
オフ活動などで昔からけっこう書いたりしています。
このブログで「機動戦士ガンダム」の感想を書いたのはこれで2回目になりますし(笑)
好きなアニメの感想なら何回も書いちゃう私なのです(^ω^;)

特にこの「機動戦士ガンダム」は海軍専門のミリオタの私からすれば惹かれる要素が
多く盛り込まれていたのでスムーズに受け入れやすかったです。
というのは、この作品はホワイトベースなどの軍艦とガンダムなどのモビルスーツを
空母的な運用をさせるようにして描いていた
からとても興味を持ちました。
モビルスーツの出現によって戦争の形態や戦術が大きく変化したという設定などは、
第二次世界大戦の航空主兵時代の到来を彷彿とさせた感じがあって良かったです。
それゆえに、もう私としては機動戦士ガンダムはただのロボットアニメじゃなくて、
アニメファンに受け入れやすく作ったミリタリーアニメだと思っています。

SFアニメの代表格としてこの機動戦士ガンダムと宇宙戦艦ヤマトが挙げられますけど、
ヤマトが大艦巨砲主義的な古き良きロマンを求めるような戦い方を描いているのに対し、
ガンダムは空母艦隊みたいに現実的な戦術で描いていた点で異なると思います。

富野由悠季監督は宇宙戦艦ヤマトを打倒するという目標を持って機動戦士ガンダムを
制作したという話は有名ですけど、大艦巨砲主義のヤマトを打ち破るには機動部隊を
モチーフにしたロボットアニメで対抗させたことは第二次世界大戦における史実にも
基づく形になっていて大正解だったと思います!

ちなみに私としてはどちらの作品が好きかと聞かれると正直悩むところですけどね。
ガンダムも好きだけど、ヤマトも好きだし。
ただ私は空母機動部隊が好きなこともあって、機動戦士ガンダムの方をまだ何回も
よく見ていたりするかなぁ。セリフも覚えているくらいだし。
そんなこんなで私がガンダムについて熱く語っちゃうとなかなか終わりませんのでw、
このくらいで筆を置いておこうと思います。

おそらく10年後の50周年記念を迎える時にでも3回目の感想を書くと思いますのでw、
その時にでも機動戦士ガンダムについては色々と語りたいなぁっと思います(爆)
(まだまだガンダムについては書きたい事がいっぱいあるしw)
まだ10年後もこのブログを続けるつもりなのか?っと突っ込まれそうだけどw
まぁ結婚できずに独身のままだったら10年後もアニメの感想を書いているでしょうw
でわでわ……
最後まで私の機動戦士ガンダムの感想を読んでくださってありがとうございました!
2020/02/06

雪がいっぱいだ♪

2020-02-06_02.jpg

おはようございます。
今朝の京都北部の福知山エリアは一気に雪景色へと変わっていました。
この冬は比較的に暖かかったので雪はもう降らないかなと思っていたんですけど、
やっぱり1年に数回は雪に見舞われる日がやって来ちゃうなぁ……。

もちろんこんな日にお出かけするのは危ないので家でゆっくり遊んでおきます。
引き籠もっていれば新型コロナウイルスの感染対策にもなりますし……。
とはいっても、昨夜のアニメはもう見て感想を書いちゃったし、ゲームは手の指が
冷たくて動かしにくいからいまいちプレイする気になれなくて暇だったりする。

とりあえず……
お昼からディカプリオの映画を放送するみたいだからそれでも見ておこうかな。
そして、またガンダムの総まとめ的な記事を書いて暇潰しをしようと思います。
後ほど更新しますので、しばらくお待ちくださいませ(^ω^)
2020/02/06

ヒドラ!ヒドラ!ヒドラァー!綺麗な海を~毒の海に~!

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 5話

「防振り」の第5話では刀を使って戦うカスミという女性プレイヤーが登場しました。
あのサリー相手にまともに戦って生き残れるほどだからこのカスミも相当強そうだ。
とりあえず3人が束縛の鎖の縁で親しくなれそうだったので良かったです。
この時のメイプルは超加速を使うサリーとカスミに振り回されていたから面白い。
地面に叩きつけられたんだけど、あれも痛くないのかな?って思いました(^ω^)

たった1人で他のプレイヤー達を蹂躙しちゃうサリーも酷いくらいの強さなんだけど、
空を飛ぶ亀に乗っかって空中要塞化しちゃうメイプルもとんでもなく凄いです(笑)
もう彼女達がラスボスよりも強いラスボスと言われるのは納得しちゃう。
運営者達がゲームの現実から目を背けて会話をしちゃうくらいだったしw
もうゲームバランスを調整させるのもお手上げってことなのかもしれないね(^ω^;)
2020/02/06

走らなきゃ!ファンの人達のために!

推しが武道館いってくれたら死ぬ 第4話 ChamJam れお生誕LIVE

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第4話ではChamJamが運動会を開催したり、
れおの生誕祭のライブが行われていました。
ステージ上のライブと違って、こういう運動会なんかは身近に感じられて良いですね♪
メンバーが赤組と白組に分かれて競争していたから応援するファンも熱くなるのかも。

えりぴよはジャージを着ているので文がダウンした時に特別にピンチヒッターとして
混ぜてもらうのかなぁっと思ったけど、さすがにそれはなかったか……。
まぁ舞菜の借り物競争で手助け出来ただけでも嬉しかったかもしれません。
それにしても、なぜこけしを持っていたのかが不思議なんだけどね(苦笑)
信者的なファンにもなると借り物競争の品まで予測できちゃうようになるのかなw
あと、えりぴよがパンを裏返す特技を身につけているのがよく分かりました(^ω^)
メンバーの人気投票の最終結果がどうなるのかが気になります。
2020/02/05

ジオンに大きな功績を残した名将!

機動戦士ガンダム バロム大佐

「機動戦士ガンダム」においてジオン軍は敗戦という結果に終わってしまいますが、
敗者側にも讃えられるような者が少なからずいるので語ってみたいと思います。
特にジオンの未来に可能性を残したという点を重視してピックアップしました。

そこで私がジオン軍で大きな功績を残したと思ったのはバロム大佐という人物です。
彼はマ・クベ大佐が指揮するソロモン救出作戦の臨時的な参謀をしていたのですが、
マ・クベ大佐が味方の脱出艇を見捨てようとした時には「仲間が救出してくれると
信じるから兵士達は死と隣り合わせの宇宙でも戦えるのです。」
と諌めていたのが
とても印象に残りました。
この作戦ではマ・クベ大佐の副官的な立場だったとはいえ、階級は同じだったから
堂々と意見が言えたのでしょうね。

とりあえずマ・クベ大佐が考えを改めてきちんと救助していたから良かったです。
救助した脱出艇にはミネバ様が乗っていたので、もしもバロム大佐がいなかったら
この時にミネバ様が母親と共に行方不明になった可能性だってありえましたし。
そう考えるとバロム大佐の第36話での言動はかなり重要だったと思います。
ある意味、ジオン再興に一縷の望みをつないだ影の英雄と言えるかもしれません。

このバロム大佐もそうなのですが、ドレン大尉やラコック大佐など、ジオン軍には
けっこう優秀な副官達が揃っている
ような印象がありました。
もし私が指揮官だったら連邦艦隊よりもジオン艦隊を率いてみたいくらいだったし。
とにかく、たとえ敗戦したとしても彼らのような優秀な人材が生き残ってくれたら、
ジオンはすぐに立て直せそうだなぁっと思いました。
2020/02/05

地球連邦軍を勝利に導いた英雄!

機動戦士ガンダム アムロ・レイ

「機動戦士ガンダム」の生誕40周年記念としてTV版の感想を書き終えましたけど、
せっかくの機会なのであと少しガンダムに関する記事を書きたいと思います。
機動戦士ガンダムの舞台となった一年戦争は地球連邦軍とジオン公国軍の総力を
ぶつけ合う大戦だったのですが、最終的には連邦軍が勝利して終戦となりました。
そこでこの記事では一年戦争で多大な功績を残した英雄について語ってみます。

地球連邦軍の英雄といえば、やっぱり主人公のアムロ・レイになるでしょうね。
数多くの敵モビルスーツや敵艦を撃破するという戦果を挙げていましたし、それも
敵の有能な指揮官やパイロットを倒してきたからまさに鬼神のような強さでしたわ。
彼のお陰で連邦軍が一年戦争に勝てたと言っても過言ではないかもしれません。
しかもパイロットとして戦うだけじゃなく、爆弾処理したり、白兵戦もやったりと、
オールラウンドな活躍を見せてくれていたから凄いです。
凄腕のパイロットでもモビルスーツを降りたら弱いのでは?と思うところですけど、
アムロに関してはシャアとの銃撃戦などを見ても生身でもかなり強いですわ。
彼の鋭いニュータイプの感覚があれば暗殺するのさえ難しいような気がするし。

もしも私が地球連邦政府の指導者だったら、ジャブローでの攻防戦を終えた時点で
アムロを前線から退かせて名誉勲章を授けたりしていると思います。
そして彼には新米パイロット達の指導教官になってもらったりしているかな。
やっぱり戦いは数だと思いますしw
あとは戦意高揚や戦費調達のための広告塔なんかもお願いしたいところです(笑)
だからZガンダムの時のような軟禁状態に置くことなんてもったいなくてしません(^ω^)
2020/02/05

一度くつろいだら二度と起きては帰れまい……

ドラマ版 ゆるキャン△ 4話 笛吹川フルーツ公園

ドラマ版「ゆるキャン△」の第4話を見たので感想を書きます。
野外活動サークルはなでしこが加わって3人で活動を始めることになったのですが、
そこでさっそく皆で冬キャンプの準備をしてキャンプ場に行っていました。
見晴らしの良い場所で自撮りしていた時の風景が壮大な感じがあって良いですね。
綺麗な紅葉が見えていたし、このロケは秋真っ盛りの頃に行われていたのでしょう。

リンが現地のライブカメラを利用して、なでしこに居場所を伝えていたのは面白い。
アニメでもこのライブカメラのシーンはとても記憶に残っていたりします。
この作品の名場面の1つといってもいいかもしれませんね。
あと、リンはやっぱり自転車よりもスクーターに乗っているイメージがあるかな。
2020/02/04

私はすっごく強くてとっても怖いの♪

PSO2 エピソード・オラクル 二代目クラリスクレイス

「PSO2 エピソード・オラクル」の第17話では10年前のマトイが登場していました。
ダーカーの大群を一瞬で木っ端微塵にしていたし、ダークファルス【若人】とやらも
圧倒的な強さを見せつけて撃退していたからメッチャ強いです。
性格や喋り方なんかも違っていたから全くの別人のように見えちゃう。
私としてはこの二代目クラリスクレイス時代のマトイの方が好きかもしれない(^ω^)
2020/02/04

真面目な亀の努力が実を結んだカチカチ山?

へやキャン△ 5話 富士山パノラマロープウェイ

「へやキャン△」の第5話では、なでしこ達がロープウェイに乗ったり、展望台から
富士山を眺めたり、たぬき喫茶でお団子を食べたりして楽しんでいました。
「かちかち山」「兎と亀」の物語をミックスさせて語っちゃうものだから苦笑い。
とりあえず、山梨県がかちかち山の聖地になっているのを初めて知りましたわ。
タヌキが多く生息していたりするのでしょうか?
あと、記念写真を撮ってもらう時のポーズは面白いセンスをしていると思いました。
2020/02/03

互いを捨てられない古馴染み

マギアレコード 第5話 梓みふゆ

「マギアレコード」の第5話では、いろはの妹のういとやちよの親友の梓みふゆ
姿を現していたのですけど、どうやらこの2人は幻影だったようですね。
いろはすぐに偽者の妹だと気づいていたので良かったけど、やちよの方は精神的に
追い詰められている感じだったのでちょっと心配でした。
やちよはみふゆに対してよほど大きな未練を残しているといったところでしょうか?
とにかくこの2人の間には複雑な事情がありそうなので気になりますね。
みふゆが「あなたが割って入る隙間なんてないんですよ」と言っていたくらいだし、
昔の2人は百合関係だったと思ってもいいのかな?(^ω^)
2020/02/02

キュアグレースに変身♪

ヒーリングっど・プリキュア 第1話 キュアグレース

「ヒーリングっど・プリキュア」の放送が始まったので第1話をチェックしてみました。
主人公の花寺のどかは誰にでも親切に手助けしてあげていたからとても良い子だね。
ちょっと体が弱いところがあるようなので、そこが今後の1つのポイントになりそうかな。
あと、プリキュアに変身する時に妖精と一緒だったというのが珍しい感じがしました。

とりあえず、新プリキュアのスタートとしてはとてもスムーズな形で入ったと思います。
キャラデザインなんかもプリキュアらしい王道感があって良さげな印象を持ちました。
あとED曲なんかも結構気に入りました♪
初回だけ見るつもりだったけど、3人のプリキュアが出揃うまでは見ようと思います。
2020/02/02

通称とらぶる焼き♪

異種族レビュアーズ 第4話 サラマンダー ティアプレート

「異種族レビュアーズ」の第4話は猪突に打ち切りENDみたいな感じで始まりましたw
さすがにこんなにエロい内容では放送できなくなったのかな?と一瞬思いましたけど、
どうやらスタンク達の体力を回復させるための時間稼ぎ的な演出みたいw
というわけで今回のスタンク達は命を落としかねない危険なお店を訪れていました。
そこまでしてサキュ嬢のお店の体験レビューを書こうとする心意気はあっぱれだよ(^ω^;)

とりあえず低級淫魔のお店もサラマンダーのお店もハチャメチャしていて爆笑しましたw
特に「通称とらぶる焼き」なんかはよくこんなエロい事を考えるなぁっと唖然としますわw
肉の焼き加減はダークネスだったりしてね?w
さすがに規制するかのようにメイドリーが水浴びしている映像へと切り替わりましたが、
そのシーンでさえも彼女の裸体を映していたから笑ってしまいますw
でも、このアニメではただの素っ裸の映像だけなら健全に思えちゃうのが不思議です(^ω^;)
2020/02/02

ララァにはいつでも会いに行けるから……

機動戦士ガンダム 第43話 アムロとシャア

「機動戦士ガンダム」は第43話で最終回なのでこれが最後の感想になります。
今回はやっぱりアムロとシャアのライバル同士の戦いが一番の見どころでした。
この2人は今やアニメ界を代表するライバルといってもいいくらい有名ですから、
どのような決着がつけられるのか注目しないわけにはいきませんね!

そこで前回から引き続き、アムロのガンダムとシャアのジオングの一騎打ちが
描かれますが、両機体が大破するほどの激しい戦いとなっていたから凄いです。
さらにその後、アムロとシャアが生身の体で銃撃戦や斬撃戦まで繰り広げるし、
ロボットアニメとは思えないようなライバル対決になっていました。
これだけで一般的なロボットアニメを凌駕した演出になっていたのは確かです。

そしてアムロがニュータイプの能力を活かしてホワイトベースの乗組員を無事に
脱出へと導いてあげていたのは素晴らしかったです。
これまでのニュータイプは戦闘面での利用を重点にして描かれていたのですが、
この最終回では人道的な利用方法を示していたことに感服いたしました。
初代ガンダムはロボットアニメのジャンルに収まりきらないくらいに深い内容を
描いた作品だなぁっと改めて思いました!(*´ω`*)
2020/02/01

みらの親友の座をかけて三本勝負よ!

恋する小惑星 第5話 真中あお 鈴矢萌 水着

「恋する小惑星」の第5話ではみら達が楽しそうに海水浴をしていました。
第2話での温泉回と今回の水着回とで美少女アニメのノルマはこれで達成かな(笑)
とりあえず、すずがあおに嫉妬して変な勝負を挑んでいたから苦笑いしちゃう。
このすずは「私に天使が舞い降りた!」のみやー姉に通じるものがあるかも(^ω^;)

今回はみらが地質についてかなり興味を抱くようになっている様子が伺えました。
ケーキの切り口が地層に見えちゃうなんてかなり影響を受けている感じがします。
あとミネラルショーって何かなぁ?っと思いましたが、どうやら鉱物とか化石の
展示即売会のようですね。
パワーストーンやアクセサリーが売られているのなら一度行ってみたいなぁ♪(*´ω`*)
2020/01/31

予防用のマスクを買ってきた!

2020-01-31_02.jpg

今日はスーパーに買い物に行った時にマスクを購入しました。
ついに京都府にまで新型コロナウイルスが侵入してきたというニュースがあったので、
お母さんから予防用のために一応マスクを買っておきなさいと頼まれたのです。
私はインフルエンザにかかったことがないし、風邪でさえ滅多に引かないのもあって、
このようなマスクを買ったり、装着することなんて今までの記憶にないですわ。

さすがに元気が取り柄の私でも最近の新型コロナウイルスの報道なんかを見ますと、
これは慎重勇者みたいに厳重に対策をした方がよさそうだなぁっと感じてきました。
私はマスクって花粉症対策とかYouTuberが顔を隠すアイテムという認識だったけど、
もう最近のニュースを見ていると超貴重なアイテムのように思えてきましたよ。
でも私としてはマスクじゃなくてノーマルスーツを着て完全予防したいかなぁw
とにかく新型コロナウイルスにかかるのは嫌なので予防に極振りしたいと思います!
2020/01/31

この子の名前なんだからこの子の好きなものにしてあげましょう

ネコぱら 第4話 カカオ 身体測定

「ネコぱら」の第4話ではショコラ達が仔猫ちゃんをカカオと命名していました。
どうやら彼女達は好きな食べ物から名前を付けたくなるみたいですね。
ストーリー的な進展といえばカカオの名前が決まったことくらいになるでしょうか。
まさに内容よりも可愛らしさに重点を置いたアニメになっているのを実感します(笑)

身体測定のシーンではショコラ達の下着姿が描かれていたのが見どころでした。
特にカカオがシナモンの大きな胸をナデナデしちゃうシーンは面白かったです。
今回はようやく美少女ゲーム系アニメらしく本領を発揮してきたように感じました。
あと、「猫踏んじゃった」をアレンジしたようなBGMがちょっと印象に残ったかな(^ω^)
2020/01/30

ダメージゼロは何倍してもゼロ♪

防振り 第4話 メイプル サリー

「防振り」の第4話ではメイプルとサリーが第二回イベントで銀のメダルを探します。
メイプルは盾が壊されるほどの強いモンスターと戦っていましたが、今回もサリーと
協力し合って仕留めることが出来ていました。
盾が自己修復しちゃっていたくらいだから、ステータスだけじゃなくスキルなんかも
防御に特化したものばかり持っていますね。
今回もとても見応えのある戦闘シーンを見ることができたので良かったです!

あと今回は運営がイベントの反省会をやっているシーンが少し面白かったです。
絶対に倒せないボスキャラを実装させるのって酷い気がする(苦笑)
そんなボスキャラでも倒しちゃうメイプルとサリーの方が化け物かもしれないけどw
メイプルとサリーがゲームを遊び続ける限りは、運営の反省会とメンテナンス作業も
ずっと続いていくことになりそうかな(^ω^)